大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 並列処理工学講座 旧萩原研究室 [English]
ホーム -> 研究内容 -> 発表論文

年度ごと

[ALL] - [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011] [2010] [2009] [2008] [2007] [2006]
[2005] [2004] [2003] [2002] [2001] [2000] [1999] [1998] [1997] [1996]

種別ごと

[学術論文] [国際会議録] [国内会議録(査読付)] [口頭発表] [学位論文] [受賞] [招待講演] [著書・解説]

学術論文

  1. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``PACC: A Directive-based Programming Framework for Out-of-Core Stencil Computation on Accelerators''. International Journal of High Performance Computing and Networking, Vol. xx, No. xx, pp. xx--xx, (2017-xx).

  2. Yasuaki Mitani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Parallelizing Exact and Approximate String Matching via Inclusive Scan on a GPU''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 28, No. 7, pp. 1989--2002, (2017-07).
    [DOI]

  3. Yuji Misaki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Cache-aware, In-place Rotation Method for Texture-based Volume Rendering''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E100-D, No. 3, pp. 452--461, (2017-03).
    [DOI]

  4. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Cache-Aware GPU Optimization for Out-of-Core Cone Beam CT Reconstruction of High-Resolution Volumes''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 12, pp. 3060--3071, (2016-12).
    [DOI]

  5. Takuya Ikuzawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Reducing Memory Usage by the Lifting-based Discrete Wavelet Transform with a Unified Buffer on a GPU''. Journal of Parallel and Distributed Computing, Vol. 93/94, pp. 44--55, (2016-07).
    [DOI]

  6. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けの反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J98-D, No. 11, pp. 1365--1373, (2015-11).

  7. Daiki Okada, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating the Smith-Waterman Algorithm with an Interpair Pruning Method for All-Pairs Comparison of Base Sequences''. BMC Bioinformatics, Vol. 16, No. 321, (2015-10). 15 pages.
    [DOI]

  8. Shohei Ando, Fumihiko Ino, Toru Fujiwara, and Kenichi Hagihara. ``Enumerating Joint Weight of a Binary Linear Code Using Parallel Architectures: multi-core CPUs and GPUs''. International Journal of Networking and Computing, Vol. 5, No. 2, pp. 290--303, (2015-07).
    [DOI]

  9. Ko Kusudo, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Bit-Parallel Algorithm for Searching Multiple Patterns with Various Lengths''. Journal of Parallel and Distributed Computing, Vol. 76, pp. 49--57, (2015-02).
    [DOI]

  10. 安藤翔平, 伊野文彦, 藤原融, 萩原兼一. ``結合重み分布を高速に計算するための並列手法''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J97-D, No. 9, pp. 1471--1480, (2014-09).

  11. Tomohiro Okuyama, Masao Okita, Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai, Hiroaki Kitano, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating ODE-based Simulation of General and Heterogeneous Biophysical Models using a GPU''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 25, No. 8, pp. 1966--1975, (2014-08).
    [DOI]

  12. Fumihiko Ino, Yosuke Oka, and Kenichi Hagihara. ``A Fine Grained Cycle Sharing System with Cooperative Multitasking on GPUs''. International Journal of Networking and Computing, Vol. 4, No. 2, pp. 236--250, (2014-07).
    [DOI]

  13. Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Hideki Oka, Masao Okita, Ken ichi Hagihara, Samik Ghosh, Yukiko Matsuoka, Yoshihisa Kurachi, Taishin Nomura, and Hiroaki Kitano. ``A Versatile Platform for Multilevel Modeling of Physiological Systems: SBML-PHML Hybrid Modeling and Simulation''. Advanced Biomedical Engineering, Vol. 3, pp. 50--58, (2014-05).
    [DOI]

  14. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Improving Cache Locality for GPU-based Volume Rendering''. Parallel Computing, Vol. 40, No. 5/6, pp. 59--69, (2014-05).
    [DOI]

  15. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Efficient Acceleration of Mutual Information Computation for Nonrigid Registration Using CUDA''. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, Vol. 18, No. 3, pp. 956--968, (2014-05).
    [DOI]

  16. Fumihiko Ino, Kentaro Shigeoka, Tomohiro Okuyama, Masaya Motokubota, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Scheme for Accelerating Parameter Sweep Applications on a GPU''. Concurrency and Computation: Practice and Experience, Vol. 26, No. 2, pp. 516--531, (2014-02).
    [DOI]

  17. Fumihiko Ino, Shinta Nakagawa, and Kenichi Hagihara. ``GPU-Chariot: A Programming Framework for Stream Applications Running on Multi-GPU Systems''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E96-D, No. 12, pp. 2604--2616, (2013-12).
    [DOI]

  18. 坪内佑樹, 伊野文彦, 置田真生, 山川聡, 柏木岳彦, 萩原兼一. ``重複排除ストレージのためのSHA-1計算システムのSSE命令による高スループット化''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J96-D, No. 10, pp. 2101--2109, (2013-10).

  19. 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUアクセラレータとその研究動向''. Medical Imaging Technology, Vol. 31, No. 3, pp. 147--152, (2013-05).
    [DOI]

  20. Fumihiko Ino, Yuma Munekawa, and Kenichi Hagihara. ``Sequence Homology Search Using Fine Grained Cycle Sharing of Idle GPUs''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 23, No. 4, pp. 751--759, (2012-04).
    [DOI]

  21. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Task Parallel Algorithm for Finding All-Pairs Shortest Paths Using the GPU''. International Journal of High Performance Computing and Networking, Vol. 7, No. 2, pp. 87--98, (2012-04).
    [DOI]

  22. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, Kentaro Oita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. Concurrency and Computation: Practice and Experience, Vol. 24, No. 1, pp. 96--107, (2012-01).
    [DOI]

  23. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによる高速な全変動最小化''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J94-D, No. 5, pp. 852--861, (2011-05).

  24. 池田孝利, 宮本弘之, 伊野文彦, 萩原兼一. ``手書き文字認識向けニューラルネットワークモデルのGPUによる高速化''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 4, No. 3, pp. 88--99, (2011-05).

  25. 片山大河, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるOSEM再構成の高速化および精度評価''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J93-D, No. 10, pp. 1958--1968, (2010-10).

  26. Yuma Munekawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Smith-Waterman Algorithm for Biological Database Search on CUDA-Compatible GPUs''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E93-D, No. 6, pp. 1479--1488, (2010-06).
    [DOI]

  27. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上での高速なブロック化フロイド・ワーシャル法''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 3, No. 2, pp. 57--66, (2010-06).

  28. Shinta Nakagawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Middleware for Efficient Stream Processing in CUDA''. Computer Science - Research and Development, Vol. 25, No. 1/2, pp. 41--49, (2010-05).
    [DOI]

  29. Yusuke Okitsu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``High-Performance Cone Beam Reconstruction Using CUDA Compatible GPUs''. Parallel Computing, Vol. 36, No. 2/3, pp. 129--141, (2010-02).
    [DOI]

  30. Eric Martin Heien, David P. Anderson, and Kenichi Hagihara. ``Computing Low Latency Batches with Unreliable Workers in Volunteer Computing Environments''. Journal of Grid Computing, Vol. 7, No. 4, pp. 501--518, (2009-12).
    [DOI]

  31. Fumihiko Ino, Yuki Kotani, Yuma Munekawa, and Kenichi Hagihara. ``Harnessing the Power of Idle GPUs for Acceleration of Biological Sequence Alignment''. Parallel Processing Letters, Vol. 19, No. 4, pp. 513--533, (2009-12).
    [DOI]

  32. Eric Heien, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 2, No. 2, pp. 131--143, (2009-07).

  33. Yuki Kotani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Resource Selection System for Cycle Stealing in GPU Grids''. Journal of Grid Computing, Vol. 6, No. 4, pp. 399--416, (2008-12).
    [DOI]

  34. 吉田征司, 伊野文彦, 西野和義, 萩原兼一. ``GPUによる高速なコーンビーム再構成:円軌道装置のためのRGBAデータへの詰め込み''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 1, No. 3, pp. 41--53, (2008-12).

  35. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Decompression Pipeline for Accelerating Out-of-Core Volume Rendering of Time-Varying Data''. Computers and Graphics, Vol. 32, No. 3, pp. 350--362, (2008-06).
    [DOI]

  36. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``スケール不変な格子を生成する適応格子細分化法アプリケーションのための計算量予測手法''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J90-D, No. 10, pp. 2691--2703, (2007-10).

  37. 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPGPUアプリケーションの開発を支援するための性能モデル''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 48, No. SIG 13(ACS 19), pp. 235--246, (2007-08).

  38. 森本泰貴, 藤本典幸, 長屋務, 出原博, 萩原兼一. ``Webを対象としたロボット型住所関連情報検索システムの開発''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J90-D, No. 2, pp. 245--256, (2007-02). 電気通信普及財団 第23回テレコムシステム技術学生賞.

  39. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``Parallel Adaptive Estimation of Range of Motion Simulation for Total Hip Replacement Surgery''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E90-D, No. 1, pp. 30--39, (2007-01).
    [DOI]

  40. Fumihiko Ino, Yasuhiro Kawasaki, Takahito Tashiro, Yoshikazu Nakajima, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Implementation of 2-D/3-D Image Registration for Computer-Assisted Surgery''. International Journal of Bioinformatics Research and Applications, Vol. 2, No. 4, pp. 341--358, (2006-10).
    [DOI]

  41. 五味田遵, 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 10, pp. 2947--2958, (2006-10).

  42. 松浦芳樹, 大倉和博, 松村嘉之, 藤本典幸, 萩原兼一. ``R3Qによる進化型計算の中粒度Gridスケジューリング''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 47, No. SIG 12(ACS 15), pp. 240--249, (2006-09).

  43. Kensuke Muraki, Yasuhiro Kawasaki, Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Grid Resource Monitoring and Selection for Rapid Turnaround Applications''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E89-D, No. 9, pp. 2491--2501, (2006-09).
    [DOI]

  44. Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``Trace Reduction for Performance Improvement Assessment of Message Passing Parallel Programs''. Systems and Computers in Japan, Vol. 37, No. 5, pp. 1--13, (2006-05).
    [DOI]

  45. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムにおける性能解析のための大規模な実行履歴の作成''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 47, No. SIG 7(ACS 14), pp. 1--11, (2006-05).

  46. 川崎康博, 伊野文彦, 田代孝仁, 中島義和, 佐藤嘉伸, 菅野伸彦, 田村進一, 萩原兼一. ``術中二次元/三次元剛体位置合せのための並列化手法''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J88-D-I, No. 10, pp. 1534--1546, (2005-10).

  47. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUアプリケーションを高速化するための命令割当て方式''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 46, No. SIG 12(ACS 11), pp. 140--149, (2005-08).

  48. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の設計と実装''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 46, No. SIG 12(ACS 11), pp. 129--139, (2005-08).

  49. 藤本典幸, 萩原兼一. ``グリッド上でのパラメータ・スウィープ計算を対象として消費余剰計算力の最小化をねらった動的タスクスケジューリングのための近似アルゴリズム''. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 46, No. SIG 10(TOM 12), pp. 1--9, (2005-06).

  50. 伊野文彦, 神戸友樹, 置田真生, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムの性能改善可能性を評価するための実行履歴の削減''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J88-D-I, No. 4, pp. 780--790, (2005-04).

  51. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Fast Performance Prediction of Master-Slave Programs by Partial Task Execution''. WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol. 2, No. 2, pp. 202--208, (2005-02).

  52. Fumihiko Ino, Kanrou Ooyama, and Kenichi Hagihara. ``A Data Distributed Parallel Algorithm for Nonrigid Image Registration''. Parallel Computing, Vol. 31, No. 1, pp. 19--43, (2005-01).
    [DOI]

  53. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模データセットを可視化するための効率のよい並列ボリュームレンダリング''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 45, No. SIG 11(ACS 7), pp. 346--355, (2004-10). 電気通信普及財団 第20回テレコムシステム技術学生賞.

  54. Yasuharu Mizutani, Daisuke Nakajima, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Evaluation of a Compiler with User-Selectable Execution Strategies for Parallel Recursion''. Systems and Computers in Japan, Vol. 35, No. 9, pp. 92--103, (2004-09).
    [DOI]

  55. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Experimental Evaluation of an Approximation Algorithm for Scheduling Independent Tasks onto a Computational Grid''. WSEAS Transactions on Computers, Vol. 3, No. 2, pp. 335--340, (2004-04).

  56. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Evaluation of Performance Prediction Method for Master/Slave Parallel Programs''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E87-D, No. 4, pp. 967--975, (2004-04).

  57. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yasuharu Mizutani, Noriyuki Fujimoto, Toshihiko Sasama, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Sugano, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``High-Performance Computing Service Over the Internet for Intraoperative Image Processing''. IEEE Transactions on Information Technology in Biomedicine, Vol. 8, No. 1, pp. 36--46, (2004-03).
    [DOI]

  58. Akira Takeuchi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Improved Binary-Swap Compositing for Sort-Last Parallel Rendering on Distributed Memory Multiprocessors''. Parallel Computing, Vol. 29, No. 11/12, pp. 1745--1762, (2003-11).
    [DOI]

  59. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``On Approximation of the Bulk Synchronous Task Scheduling Problem''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 14, No. 11, pp. 1191--1199, (2003-11).
    [DOI]

  60. 河村一史, 藤本典幸, 辻裕樹, 萩原兼一. ``最小値関数を用いて適合度を算出するNRA検索アルゴリズムの改善''. 情報処理学会論文誌:データベース, Vol. 44, No. SIG 12(TOD 19), pp. 74--85, (2003-09).

  61. 神戸友樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測ツール''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 44, No. SIG 11(ACS 3), pp. 101--110, (2003-08).

  62. Noriyuki Fujimoto. ``An LP-rounding-based Algorithm for the Shortest Common Superstring Problem''. WSEAS Transactions on Mathematics, Vol. 2, No. 2, pp. 156--161, (2003-04).

  63. 伊野文彦, 佐々木智充, 竹内彰, 萩原兼一. ``投影面分割に基づく階層的な画像合成手法を用いた並列ボリュームレンダリング''. 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. 3, pp. 857--867, (2003-03).

  64. 山本裕己, 譚林, 藤本典幸, 萩原兼一. ``一対一プロセッサ間通信の一括化を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 43, No. SIG 7(TOM 6), pp. 29--43, (2002-09).

  65. 藤本典幸, 萩原兼一. ``通信遅延を考慮した完全k分木の近似タスクスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 43, No. SIG 7(TOM 6), pp. 44--51, (2002-09).

  66. 置田真生, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール''. 情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 43, No. SIG 6(HPS 5), pp. 88--98, (2002-09). 電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞.

  67. 杉尾敏康, 藤本寛史, 藤本典幸, 萩原兼一. ``JPEGアルゴリズムにブロックブロック比較法を適用した画像圧縮法の改善と評価''. 情報処理学会論文誌, Vol. 43, No. 7, pp. 2319--2329, (2002-07).

  68. 大山寛郎, 水谷泰治, 藤本典幸, 萩原兼一. ``プロセッサグループの動的分割による並列再帰プログラムの実現手法''. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 43, No. SIG 1(PRO 13), pp. 107--117, (2002-01).

  69. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``LogGPS:メッセージ通信プロトコルの切り替えを考慮した高水準通信ライブラリ向けの並列計算モデル''. 情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 42, No. SIG 9(HPS 3), pp. 145--157, (2001-08).

  70. 水谷泰治, 中島大輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列再帰の実行方式をプログラマが選択可能なコンパイラの評価''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J84-D-I, No. 6, pp. 594--604, (2001-06).

  71. Noriyuki Fujimoto, Tomoki Baba, Takashi Hashimoto, and Kenichi Hagihara. ``On Message Packaging in Task Scheduling for Distributed Memory Parallel Machines''. International Journal of Foundations of Computer Science, Vol. 12, No. 3, pp. 285--306, (2001-06).
    [DOI]

  72. 倉本到, 野田潤, 藤本典幸, 萩原兼一. ``会合における備忘録をもとに一次記録を検索参照する会合情報記録検索システムReSPoM''. 情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 10, pp. 2804--2813, (2000-10).

  73. 伊野文彦, 杉野陽一, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列プログラムの性能改善支援機能を持つ性能解析システム:Gordini''. 情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 5, pp. 1577--1586, (2000-05).

  74. 拓植宗俊, 藤本典幸, 萩原兼一. ``平衡2分探索木に対する並列オンライン操作''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J80-D-I, No. 7, pp. 582--590, (1997-07).

  75. 藤本典幸, 拓植宗俊, 萩原兼一, 首藤勝. ``プロセッサ間通信遅延を考慮した完全2分木状タスク依存グラフのスケジューリングアルゴリズム,''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J80-D-I, No. 4, pp. 369--379, (1997-04).

国際会議録

  1. Kazuki Yasui and Fumihiko Ino. (Submitted).

  2. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, and Yasuyuki Matsushita. (Submitted).

  3. Jingcheng Shen, Kentaro Shigeoka Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Out-of-Core Branch and Bound for Solving the 0-1 Knapsack Problem on a GPU''. In Proceedings of the 17th International Conference on Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP 2017), Lecture Notes in Computer Science 10393, Springer-Verlag, pp. 254--267, Helsinki, Finland, (2017-08).
    [DOI]

  4. Fumihiko Ino, Yasuaki Mitani, and Kenichi Hagihara. ``cuShiftOr: String Matching with Prefix Summing on a GPU''. In Poster in the 8th GPU Technology Conference (GTC 2017), San Jose, CA, USA, (2017-05).

  5. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, Yasuyuki Matsushita, and Kenichi Hagihara. ``RLAGPU: High-performance Out-of-Core Randomized Singular Value Decomposition on GPU''. In Poster in the 8th GPU Technology Conference (GTC 2017), San Jose, CA, USA, (2017-05).

  6. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC Directives for Out-of-Core Stencil Computation with Temporal Blocking''. In Proceedings of the 3rd Workshop on Accelerator Programming Using Directives (WACCPD 2016), pp. 36--45, Salt Lake City, UT, USA, (2016-11).
    [DOI]

  7. Ryotaro Sakai, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Towards Automating Multi-dimensional Data Decomposition for Executing a Single-GPU Code on a Multi-GPU System''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Networking and Computing (CANDAR 2016), pp. 408--414, Hiroshima, Japan, (2016-11). Presented at the 4th International Workshop on Computer Systems and Architectures (CSA 2016).
    [DOI]

  8. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Applying Temporal Blocking to Out-of-Core Stencil Computation with OpenACC''. In Proceedings of the Work in Progress Session held in connection with the 24th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2016), Heraklion, Greece, (2016-02). 2 pages.

  9. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An OpenACC Optimizer for Accelerating Histogram Computation on a GPU''. In Proceedings of the 24th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2016), pp. 466--477, Heraklion, Greece, (2016-02).
    [DOI]

  10. Yasuaki Mitani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Towards Realizing Topology Mutation for Iterative Graph Processing on a GPU''. In Poster in the 6th GPU Technology Conference (GTC 2015), San Jose, CA, USA, (2015-03).

  11. Shohei Ando, Fumihiko Ino, Toru Fujiwara, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Algorithm for Enumerating Joint Weight of a Binary Linear Code in Network Coding''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Networking and Computing (CANDAR 2014), pp. 137--143, Shizuoka, Japan, (2014-12).
    [DOI]

  12. Tomochika Kato, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``PACC: An Extension of OpenACC for Pipelined Processing of Large Data on a GPU''. In Poster in the 27th International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC 2014), New Orleans, LA, USA, (2014-11). Best Poster Award Finalist.

  13. Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Hideki Oka, Masao Okita, Tomohiro Okuyama, Kenichi Hagihara, Yoshihisa Kurachi, and Hiroaki Kitano. ``PhysioDesigner and Flint: a platform for multilevel modeling of physiological systems and simulation''. In 5th International Conference on Computational Bioengineering (ICCB 2013), Leuven, Belgium, (2013-09). 1 pages.

  14. Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Hideki Oka, Masao Okita, Tomohiro Okuyama, Kenichi Hagihara, Samik Ghosh, Yukiko Matsuoka, and Hiroaki Kitano. ``A versatile platform for multilevel modeling of physiological systems: Template/instance framework for large-scale modeling and simulation''. In 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 5529--5532, Osaka, Japan, (2013-07).
    [DOI]

  15. Tomohiro Okuyama, Masao Okita, Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, Hiroaki Kitano, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating General and Heterogeneous Biophysical Simulations Using the GPU''. In Poster in the 4th GPU Technology Conference (GTC 2013), San Jose, CA, USA, (2013-03).

  16. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``Fine-Grained Cycle Sharing of Idle GPUs for Homology Search''. In Poster in the 4th GPU Technology Conference (GTC 2013), San Jose, CA, USA, (2013-03).

  17. Nobuyuki Kuromatsu, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``Evolving fault-tolerance in Hadoop with robust auto-recovering JobTracker''. In Proceedings of the 3rd International Conference on Networking and Computing (ICNC 2012), Okinawa, Japan, (2012-12). 8 pages, Presented at the International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software (NCSS 2012).

  18. Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Masao Okita, Tomohiro Okuyama, Nobukazu Yoshioka, Shigetoshi Yokoyama, Masaru Nagaku, Kenichi Hagihara, and Hiroaki Kitano. ``Multilevel modeling of Physiological Systems and Simulation Platform: PhysioDesigner, Flint and Flint K3 service''. In Proceedings of the 12th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2012), pp. 215--219, Izmir, Turkey, (2012-07). Presented at the 3rd Workshop on High Speed Network and Computing Environments (HSNCE 2012).
    [DOI]

  19. Muhammad Ismail Faruqi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Acceleration of Variance of Color Differences-Based Demosaicing Using CUDA''. In Proceedings of the 10th International Conference on High Performance Computing and Simulation (HPCS 2012), pp. 503--510, Madrid, Spain, (2012-07). Nominated for the Outstanding Paper Award.
    [DOI]

  20. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Joint Histogram Computation for Image Registration on the GPU''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 26th International Congress and Exhibition (CARS 2012), Springer-Verlag, pp. S72--S73, Pisa, Italy, (2012-06).

  21. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Mutual Information Computation for Nonrigid Registration the GPU''. In Poster in the 3rd GPU Technology Conference (GTC 2012), San Jose, CA, USA, (2012-05).

  22. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Improving Cache Locality for Ray Casting with CUDA''. In Proceedings of the 25th International Conference on Architecture of Computing Systems Workshops (ARCS Workshops 2012), Lecture Notes in Informatics P-200, Gesellschaft für Informatik, pp. 339--350, Munich, Germany, (2012-02). Presented at the 3rd Workshop on Parallel Programming and Run-Time Management Techniques for Many-core Architectures (PARMA 2012).

  23. Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, Hideki Oka, Takeshi Abe, Masao Okita, Ken-Ichi Hagihara, and Hiroaki Kitano. ``An Open Platform toward Large-scale Multilevel Modeling and Simulation of Physiological Systems''. In Proceedings of the 11th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011), pp. 250--255, Munich, Germany, (2011-07). Presented at the 2nd Workshop on High Speed Network and Computing Environments (HSNCE 2011).
    [DOI]

  24. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Auto Tuned Floyd-Warshall Algorithm on the GPU''. In Proceedings of the Work in Progress Session held in connection with the 19th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2011), Ayia Napa, Cyprus, (2011-02). 2 pages.

  25. Masaya Motokubota, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Parameter-Sweep Applications Using CUDA''. In Proceedings of the 19th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2011), pp. 111--118, Ayia Napa, Cyprus, (2011-02).
    [DOI]

  26. Hirofumi Kondo, Eric Heien, Masao Okita, Dan Werthimer, and Kenichi Hagihara. ``A Multi-GPU Spectrometer System for Real-time Wide Bandwidth Radio Signal Analysis''. In Proceedings of the 8th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2010), pp. 594--604, Taipei, Taiwan, (2010-09).
    [DOI]

  27. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, Kentaro Oita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. In Proceedings of the 10th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing (CCGrid 2010), pp. 774--779, Melbourne, Australia, (2010-05). Presented at the 1st Frontiers of GPU, Multi and Many-Core System Workshop (FGMMS 2010).
    [DOI]

  28. Fumihiko Ino, Yusuke Okitsu, Taketo Kishi, Syuhei Ohnishi, and Kenichi Hagihara. ``Out-of-Core Cone Beam Reconstruction Using Multiple GPUs''. In Proceedings of the 7th IEEE International Symposium on Biomedical Imaging (ISBI 2010), pp. 792--795, Rotterdam, The Netherlands, (2010-04).
    [DOI]

  29. Eric Heien, Masao Okita, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``insilicoSim: an Extendable Engine for Parallel Heterogeneous Biophysical Simulations''. In Proceedings of the 3rd International Conference on Simulation Tools and Techniques (SIMUTools 2010), Malaga, Spain, (2010-03).

  30. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. In Poster in the 22nd International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC 2009), Portland, OR, USA, (2009-11).

  31. Toshihiro Matsuda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Total Variation Minimization Using the GPU''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 23rd International Congress and Exhibition (CARS 2009), Springer-Verlag, p. S35, Berlin, Germany, (2009-06).

  32. Eric M. Heien, Adam Kornafeld, Yusuke Takata, and Kenichi Hagihara. ``PyMW - a Python Module for Parallel Master Worker Computing''. In Proceedings of the 23rd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2009), Rome, Italy, (2009-05). 7 pages (CD-ROM), Presented at the 3rd Workshop on Desktop Grids and Volunteer Computing Systems (PCGrid 2009).
    [DOI]

  33. Fumihiko Ino, Yuki Kotani, and Kenichi Hagihara. ``Harnessing the Power of Idle GPUs for Acceleration of Biological Sequence Alignment''. In Proceedings of the 23rd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2009), Rome, Italy, (2009-05). 8 pages (CD-ROM), Presented at the 2nd Workshop on Large-Scale Parallel Processing (LSPP 2009).
    [DOI]

  34. Eric M. Heien, Adam Kornafeld, Yusuke Takata, and Kenichi Hagihara. ``PyMW - a Python Module for Parallel Master Worker Computing''. In Proceedings of the 1st International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering (PARENG 2009), Paper 15, Pécs, Hungary, (2009-04).
    [DOI]

  35. Fumihiko Ino, Seiji Yoshida, and Kenichi Hagihara. ``RGBA Packing for Fast Cone Beam Reconstruction on the GPU''. In Proceedings of the SPIE Medical Imaging (MI 2009), Vol. 7258, Orlando, FL, USA, (2009-02). 8 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  36. Yusuke Okitsu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Cone Beam Reconstruction Using the CUDA-enabled GPU''. In Proceedings of the 15th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2008), Lecture Notes in Computer Science 5374, Springer-Verlag, pp. 108--119, Bangalore, India, (2008-12).
    [DOI]

  37. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Task Parallel Algorithm for Computing the Costs of All-Pairs Shortest Paths on the CUDA-compatible GPU''. In Proceedings of the 6th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2008), pp. 284--291, Sydney, Australia, (2008-12). Selected as one of the best papers.
    [DOI]

  38. Yuma Munekawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Design and Implementation of the Smith-Waterman Algorithm on the CUDA-Compatible GPU''. In Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Bioinformatics and Bioengineering (BIBE 2008), BI-8-1-3, Athens, Greece, (2008-10). 6 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  39. Yasuyuki Suzuki, Yoshiyuki Asai, Toshihiro Kawazu, Masao Nakanishi, Yoshiyuki Taniguchi, Eric Heien, Kenichi Hagihara, Yoshihisa Kurachi, and Taishin Nomura. ``A Platform for in silico Modeling of Physiological Systems II. CellML Compatibility and Other Extended Capabilities''. In Proceedings of the 30th Int'l Conf. the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2008), pp. 573--576, Vancouver, British Columbia, Canada, (2008-08).
    [DOI]

  40. Taishin Nomura, Yoshiyuki Asai, Kenichi Hagihara, and Yoshihisa Kurachi. ``An open platform for physiome and systems biology: insilicoML and IDE as a CellML compatible model sharing environment''. In Proceedings of SIAM Conf. the Life Sciences (LS 2008), p. 16, Montreal, Quebec, Canada, (2008-08).

  41. Eric Martin Heien, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Computing Low Latency Batches with Unreliable Workers in Volunteer Computing Environments''. In Proceedings of the 22nd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2008), Miami, FL, USA, (2008-04). 8 pages (CD-ROM), Presented at the 2nd Workshop on Desktop Grids and Volunteer Computing Systems (PCGrid 2008).
    [DOI]

  42. Eric Martin Heien, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Static Load Distribution for Communication Intensive Parallel Computing in Multiclusters''. In Proceedings of the 16th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Processing (PDP 2008), pp. 321--328, Toulouse, France, (2008-02).
    [DOI]

  43. Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura, Yoshiki Matsuura, Masashi Oiso, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Grid Task Scheduling Algorithm R3Q for Evolution Strategies''. In Proceedings of the 2007 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2007), pp. 1756--1763, Singapore, Singapore, (2007-09).
    [DOI]

  44. Yoshiyuki Matsumura, Masashi Oiso, Masaki Matsuda, Noriyuki Fujimoto, Kenichi Hagihara, Kazuhiro Ohkura, Jeremy Wyatt, and Xin Yao. ``Application of Grid Task Scheduling Algorithm RR to Medium-Grained Evolution Strategies''. In Proceedings of the 3rd International Conference on Natural Computation (ICNC 2007), Vol. IV, pp. 223--227, Haikou, China, (2007-08).

  45. Eric Martin Heien, Tomoyuki Hiroyasu, and Noriyuki Fujimoto. ``Investigation of Mutation Operators for the Bayesian Optimization Algorithm''. In Proceedings of the 2007 Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2007), p. 625, London, UK, (2007-07).
    [DOI]

  46. Hisaya Mine, Noriyuki Fujimoto, Ryuichi Higashi, Masahiro Susukita, and Kenichi Hagihara. ``Priority Control to Avoid Job Overtaking in Multiple Job Scheduling for a Desktop Grid''. In Proceedings of the 2007 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2007), Vol. II, pp. 808--813, Las Vegas, NV, USA, (2007-06).

  47. Yoshiyuki Matsumura, Noriyuki Fujimoto, Xin Yao, Yoshikazu Murayama, and Kenichi Hagihara. ``Evolution Strategies on Desktop Grid Environment using Scheduling Algorithm RR for Same Length Tasks''. In Proceedings of the 2005 International Symposium on Frontiers of Computational Science (FCS 2005), Springer-Verlag, pp. 333--337, Nagoya, Japan, (2007-05).
    [DOI]

  48. Takashi Noda, Hisaya Mine, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Computing Framework for Nonexperts of Computers: Easy Installation, Programming and Execution of Master-Worker Applications using Spare Computing Power of PCs''. In Proceedings of the 2005 International Symposium on Frontiers of Computational Science (FCS 2005), Springer-Verlag, pp. 305--308, Nagoya, Japan, (2007-05).
    [DOI]

  49. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Rendering of Time-Varying Volume Data Using a Single COTS PC''. In Proceedings of the 2nd International Conference on Computer Graphics Theory and Applications (GRAPP 2007), pp. 220--227, Barcelona, Spain, (2007-03).

  50. Yasushi Hirano, Daisuke Deguchi, Tomokazu Takahashi, Takayuki Kitasaka, Fumihiko Ino, Kensaku Mori, Kenichi Hagihara, and Yasuhito Suenaga. ``Three-Dimensional Parallel Image Processing Library''. In Proceedings of the 10th International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT 2007), pp. 929--933, Bangkok, Thailand, (2007-01).

  51. Fumihiko Ino, Katsunori Matsuo, Yasuharu Mizutani, and Kenichi Hagihara. ``Minimizing Data Size for Efficient Data Reuse in Grid-Enabled Medical Applications''. In Proceedings of the 7th International Symposium on Biological and Medical Data Analysis (ISBMDA 2006), Lecture Notes in Bioinformatics 4345, Springer-Verlag, pp. 195--206, Thessaloniki, Greece, (2006-12).
    [DOI]

  52. Fumihiko Ino, Jun Gomita, Yasuhiro Kawasaki, and Kenichi Hagihara. ``A GPGPU Approach for Accelerating 2-D/3-D Rigid Registration of Medical Images''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA 2006), Lecture Notes in Computer Science 4330, Springer-Verlag, pp. 939--950, Sorrento, Italy, (2006-12).
    [DOI]

  53. Yuki Kotani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Resource Selection Method for Cycle Stealing in the GPU Grid''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications Workshops (ISPA Workshops 2006), Lecture Notes in Computer Science 4331, Springer-Verlag, pp. 769--780, Sorrento, Italy, (2006-12).
    [DOI]

  54. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Two-Stage Compression for Fast Volume Rendering of Time-Varying Scalar Data''. In Proceedings of the 4th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques in Australasia and Southeast Asia (GRAPHITE 2006), pp. 275--284, Kuala Lumpur, Malaysia, (2006-11).
    [DOI]

  55. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``A 2-Approximation Algorithm for Scheduling Independent Tasks onto a Uniform Parallel Machine and its Extension to a Computational Grid''. In Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Cluster Computing (CLUSTER 2006), Barcelona, Spain, (2006-09). 7 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  56. Fumihiko Ino, Jun Gomita, Yasuhiro Kawasaki, and Kenichi Hagihara. ``Fast 2-D/3-D Registration Using a Laptop PC with Commodity Graphics Hardware''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 20th International Congress and Exhibition (CARS 2006), Springer-Verlag, pp. 53--54, Osaka, Japan, (2006-06).

  57. Hiroshi Takeno, Makoto Muto, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Developing a Web Crawler for Massive Mobile Search Services''. In Proceedings of the 7th International Conference on Mobile Data Management (MDM 2006), Nara, Japan, (2006-05). 8 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  58. Takatoshi Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Code Motion Technique for Accelerating General-Purpose Computation on the GPU''. In Proceedings of the 20th IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS 2006), Rhodes Island, Greece, (2006-04). 10 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  59. Hiroshi Idehara, Noriyuki Fujimoto, Hiroshi Takeno, and Kenichi Hagihara. ``A System for Web Retrieval of Images and the Corresponding Annotations''. In Proceedings of the 4th ACS/IEEE International Conference on Computer Systems and Applications (AICCSA 2006), pp. 842--850, Dubai, UAE, (2006-03).
    [DOI]

  60. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``An Application Framework for a Web Application with Focused Crawling''. In Proceedings of the 2nd IADIS International Conference on e-Commerce (e-Commerce 2005), pp. 325--328, Porto, Portugal, (2005-12).

  61. Fumihiko Ino, Yuya Tanaka, Hiroko Kitaoka, and Kenichi Hagihara. ``Performance Study of Nonrigid Registration Algorithm for Investigating Lung Disease on Clusters''. In Proceedings of the 6th International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT 2005), pp. 820--825, Dalian, China, (2005-12).
    [DOI]

  62. Fumihiko Ino, Manabu Matsui, Keigo Goda, and Kenichi Hagihara. ``Performance Study of LU Decomposition on the Programmable GPU''. In Proceedings of the 12th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2005), Lecture Notes in Computer Science 3769, Springer-Verlag, pp. 83--94, Goa, India, (2005-12).
    [DOI]

  63. Kensuke Muraki, Yasuhiro Kawasaki, Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Grid Resource Monitoring and Selection for Rapid Turnarround Applications''. In Proceedings of the 17th IASTED International Conference on Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2005), pp. 13--18, Phoenix, AZ, USA, (2005-11).
    [DOI]

  64. Fumihiko Ino, Yasuhiro Kawasaki, Takahito Tashiro, Yoshikazu Nakajima, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Implementation of 2-D/3-D Image Registration for Computer-Assisted Surgery''. In Proceedings of the 11th International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2005), Volume II Workshops, pp. 316--320, Fukuoka, Japan, (2005-07).
    [DOI]

  65. Noriyuki Fujimoto, Kuniaki Tanaka, and Kenichi Hagihara. ``Prediction-Aware Experimental Evaluation of Dynamic Task Scheduling Algorithms for Parametric Study on a Desktop Grid''. In Proceedings of the 2005 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2005), pp. 475--480, Las Vegas, NV, USA, (2005-06).

  66. Fumihiko Ino, Yuya Tanaka, Hiroko Kitaoka, and Kenichi Hagihara. ``Performance Evaluation of Nonrigid Registration Algorithm on Three Off-the-Shelf Supercomputers''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 19th International Congress and Exhibition (CARS 2005), International Congress Series 1281, Elsevier Science, p. 1276, Berlin, Germany, (2005-06).
    [DOI]

  67. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Fast Performance Prediction of Master-Slave Programs by Partial Task Execution''. In Proceedings of the 4th WSEAS International Conference on Software Engineering, Parallel and Distributed Systems (SEPADS 2005), Salzburg, Austria, (2005-02). 7 pages (CD-ROM).

  68. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``A Personal System for Web Image Retrieval''. In Proceedings of the 4th Winter International Symposium on Information and Communication Technologies (WISICT 2005), pp. 209--216, Cape Town, South Africa, (2005-01).

  69. Manabu Matsui, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Parallel Volume Rendering with Early Ray Termination for Visualizing Large-Scale Datasets''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA 2004), Lecture Notes in Computer Science 3358, Springer-Verlag, pp. 245--256, Hong Kong, China, (2004-12).
    [DOI]

  70. Yoshiyuki Matsumura, Noriyuki Fujimoto, Xin Yao, Jeremy Wyatt, and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Dynamic Grid Task Scheduling of Evolution Strategies''. In Proceedings of the 4th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM 2004), pp. 175--180, Asahikawa, Japan, (2004-10).

  71. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Sugano, Hideki Yoshikawa, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Estimation of Hip Range of Motion for Total Hip Replacement Surgery''. In Proceedings of the 7th International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention (MICCAI 2004), Part II, Lecture Notes in Computer Science 3217, Springer-Verlag, pp. 629--636, Saint-Malo, France, (2004-09).
    [DOI]

  72. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``A Performance Analysis Tool for Performance Debugging of Message Passing Parallel Programs''. In Proceedings of the 33rd International Conference on Parallel Processing Workshops (ICPP Workshops 2004), pp. 546--554, Montreal, Quebec, Canada, (2004-08).
    [DOI]

  73. Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``PerWiz: A What-If Prediction Tool for Tuning Message Passing Programs''. In Proceedings of the 6th International Conference on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR 2004), Lecture Notes in Computer Science 3402, Springer-Verlag, pp. 396--409, Valencia, Spain, (2004-06).
    [DOI]

  74. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``A Comparison among Grid Scheduling Algorithms for Independent Coarse-Grained Tasks''. In Proceedings of SAINT 2004 Workshop on High Performance Grid Computing and Networking, pp. 674--680, Tokyo, Japan, (2004-01).
    [DOI]

  75. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yasuharu Mizutani, Noriyuki Fujimoto, Toshihiko Sasama, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``A High Performance Computing System for Medical Imaging in the Remote Operating Room''. In Proceedings of the 10th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2003), Lecture Notes in Computer Science 2913, Springer-Verlag, pp. 162--173, Hyderabad, India, (2003-12). Best Paper Award.
    [DOI]

  76. Fumihiko Ino, Kanrou Ooyama, Akira Takeuchi, and Kenichi Hagihara. ``Design and Implementation of Parallel Nonrigid Image Registration Using Off-the-Shelf Supercomputers''. In Proceedings of the 6th International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention (MICCAI 2003), Part I, Lecture Notes in Computer Science 2878, Springer-Verlag, pp. 327--334, Montreal, Quebec, Canada, (2003-11).
    [DOI]

  77. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Dynamic Task Scheduling of Independent Coarse-Grained Tasks onto a Computational Grid''. In Proceedings of the 32nd International Conference on Parallel Processing (ICPP 2003), pp. 391--398, Kaohsiung, Taiwan, ROC, (2003-10).
    [DOI]

  78. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Dynamic Task Scheduling of Precedence Constrained Coarse-Grained Tasks onto a Computational Grid''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Parallel and Distributed Computing (ISPDC 2003), pp. 80--87, Ljubljana, Slovenia, (2003-10).
    [DOI]

  79. Masao Okita, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Debugging Tool for Localizing Faulty Processes in Message Passing Programs''. In Proceedings of the 5th International Workshop on Automated and Algorithmic Debugging (AADEBUG 2003), pp. 127--142, Ghent, Belgium, (2003-09).
    [DOI]

  80. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``Developing Performance Prediction Tools for Cluster Computing: Research Activities at Hokuriku IT Open Laboratory''. In Proceedings of the 1st International Symposium on Towards Peta-Bit Ultra-Networks (PBit 2003), pp. 169--175, Ishikawa, Japan, (2003-09).

  81. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Emulation System for Predicting Master/Slave Program Performance''. In Proceedings of the 9th European Conference on Parallel Computing (Euro-Par 2003), Lecture Notes in Computer Science 2790, Springer-Verlag, pp. 135--140, Klagenfurt, Austria, (2003-08).
    [DOI]

  82. Fumihiko Ino, Kanrou Ooyama, Yasuhiro Kawasaki, Akira Takeuchi, Yasuharu Mizutani, Jun Masumoto, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Sugano, Takashi Nishii, Hidenobu Miki, Hideki Yoshikawa, Kazuo Yonenobu, Shinichi Tamura, Takahiro Ochi, and Kenichi Hagihara. ``A High Performance Computing Service over the Internet for Nonrigid Image Registration''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery 17th International Congress and Exhibition (CARS 2003), International Congress Series 1256, Elsevier Science, pp. 193--199, London, UK, (2003-06).
    [DOI]

  83. Fumihiko Ino, Tomomitsu Sasaki, Akira Takeuchi, and Kenichi Hagihara. ``A Divided-Screenwise Hierarchical Compositing for Sort-Last Parallel Volume Rendering''. In Proceedings of the 17th International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS 2003), Nice, France, (2003-04). 10 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  84. Akira Takeuchi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Improvement on Binary-Swap Compositing for Sort-Last Parallel Rendering''. In Proceedings of the 18th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2003), pp. 996--1002, Melbourne, FL, USA, (2003-03).
    [DOI]

  85. Itaru Kuramoto, Jun Noda, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``ReSPoM: a Meeting Support System for Retrieval Records of a Meeting with Relationships among Record Elements''. In Proceedings of the 6th International Conference on Knowledge-Based Internationalligent Information & Engineering Systems (KES 2002), pp. 817--821, Crema, Italy, (2002-09).

  86. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Non-Approximability of the Bulk Synchronous Task Scheduling Problem''. In Proceedings of the 8th European Conference on Parallel Computing (Euro-Par 2002), Lecture Notes in Computer Science 2400, Springer-Verlag, pp. 225--233, Paderborn, Germany, (2002-08).
    [DOI]

  87. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Task Scheduling of a Complete K-ary Tree with Communication Delays''. In Proceedings of the 6th WSEAS International Conference on COMPUTERS (CSCC 2002), pp. 7491--7496, Crete, Greece, (2002-07).

  88. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Complete K-ary Tree with Communication Delays''. In Proceedings of the 4th International Conference on Parallel Processing and Applied Mathematics (PPAM 2001), Lecture Notes in Computer Science 2328, Springer-Verlag, pp. 71--78, Naleczow, Poland, (2001-09).
    [DOI]

  89. Fumihiko Ino, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``LogGPS: A Parallel Computational Model for Synchronization Analysis''. In Proceedings of the 8th ACM SIGPLAN Symposium on Principles and Practice of Parallel Programming (PPoPP 2001), pp. 133--142, Snowbird, UT, USA, (2001-06).
    [DOI]

  90. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Synchronous Task Scheduling Problem and Its Approximation Algorithm''. In Proceedings of the 5th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms, and Networks (ISPAN 2000), pp. 127--132, Dallas, TX, USA, (2000-12).
    [DOI]

  91. Noriyuki Fujimoto, Takashi Hashimoto, Masahiro Mori, and Kenichi Hagihara. ``On the Performance Gap between a Task Schedule and Its Corresponding Parallel Program''. In Proceedings of the 1999 International Workshop on Parallel and Distributed Computing for Symbolic and Irregular Applications (PDSIA 1999), pp. 271--287, Sendai, Japan, (1999-07).

  92. Noriyuki Fujimoto, Tomoki Baba, Takashi Hashimoto, and Kenichi Hagihara. ``A Task Scheduling Algorithm to Package Messages on Distributed Memory Parallel Machines''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Networks (ISPAN 1999), pp. 236--241, Fremantle, Australia, (1999-06).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 黒松信行, 置田真生, 萩原兼一. ``MapReduce を用いたグラフアプリケーションにおける重複メッセージの排除による高速化''. 第11回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2013), (2013-05). 8 pages, 優秀若手研究賞.

  2. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上での高速なブロック化フロイド・ワーシャル法''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), pp. 9--16, (2010-01).

  3. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによる高速な全変動最小化''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), pp. 1--8, (2010-01).

  4. Eric Heien, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE''. 第9回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2009), pp. 1--8, (2009-01).

  5. 大久保宏樹, 藤本典幸, 萩原兼一. ``GPU向け汎用計算環境CUDAを用いたk-means法の高速化''. 第6回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2008), pp. 97--104, (2008-05).

  6. 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPGPUアプリケーションの開発を支援するための性能モデル''. 第5回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2007), pp. 27--34, (2007-05).

  7. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``モルフォロジー演算の高速化のためのGPU実装の比較''. 第10回Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム予稿集, pp. 239--244, (2006-06).

  8. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU内命令移動のための性能指標の実験的評価''. 第4回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2006), pp. 51--58, (2006-05).

  9. 長屋務, 森本泰貴, 藤本典幸, 出原博, 萩原兼一. ``Google Maps APIを応用したロボット型施設検索システムの試作''. 第17回データ工学ワークショップ(DEWS 2006), (2006-03). 優秀プレゼンテーション賞.

  10. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムにおける性能解析のための大規模な実行履歴の作成''. 第6回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2006), pp. 129--136, (2006-01).

  11. 永安大輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた時系列ボリュームレンダリングの2段階圧縮による高速化''. 3次元画像コンファレンス講演論文集(3DIC 2005), pp. 21--24, (2005-07).

  12. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUアプリケーションを高速化するための命令割当方式''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 7--16, (2005-05).

  13. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の設計と実装''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 359--367, (2005-05).

  14. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模データセットを可視化するための効率のよい並列ボリュームレンダリング''. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2004), pp. 93--101, (2004-05). 最優秀論文賞, 最優秀若手研究賞.

  15. 辻裕樹, 藤本典幸, 萩原兼一. ``検索質問に含まれる単語と適合文書内の単語の距離に注目した適合フィードバックの改善''. 第15回データ工学ワークショップ(DEWS 2004), (2004-03). 8 pages.

  16. 神戸友樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測ツール''. 第1回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2003), pp. 357--364, (2003-05).

  17. 置田真生, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール''. 第14回並列処理シンポジウム論文集(JSPP 2002), pp. 225--232, (2002-05).

  18. 杉尾敏康, 竹野浩, 藤本典幸, 萩原兼一. ``WWWに対するマルチメディアデータ検索エンジンのHTML構文を活かしたスコア付け手法の提案''. 第13回データ工学ワークショップ(DEWS 2002), (2002-03). 9 pages.

  19. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``LogGPS:同期コストを解析するための並列計算モデル''. 第13回並列処理シンポジウム論文集(JSPP 2001), pp. 47--54, (2001-06).

口頭発表

  1. 西川直樹, 置田真生, 萩原兼一. ``グラフ分割ライブラリMETISとリストスケジューリングを応用した負荷分散の改善''. 情報処理学会研究報告, 2017-HPC-161, (2017-09). x pages.

  2. 浅井崚, 置田真生, 萩原兼一. ``Apache SparkのGPU利用における冗長なデータ転送の回避''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2017-33, pp. 185--190, (2017-07).

  3. 塚田敬司, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法''. 情報処理学会研究報告, 2017-HPC-160, (2017-07). 7 pages.

  4. 伊藤眞人, 伊野文彦, 萩原兼一. ``深層学習を用いた画像位置合わせのための教師データの自動生成手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2017-28, pp. 11--16, (2017-07).

  5. 浅井崚, 置田真生, 萩原兼一. ``Apache SparkのGPU利用における効率的なデータ転送の検討''. In The 1st Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2017), (2017-04).

  6. 塚田敬司, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法の検討''. In The 1st Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2017), (2017-04).

  7. 玉田晃寛, 伊野文彦, 萩原兼一. ``セルフレジのための複数始点画像からの深層学習による商品識別''. 電子情報通信学会2010総合大会講演論文集, D-12-28, p. xx, (2017-03).

  8. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アウトオブコア・ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのためのアクセラレータ向けディレクティブPACC''. In Poster in the 6th GPU Technology Conference (GTC Japan 2016), (2016-10).

  9. 角田優貴, 置田真生, 萩原兼一. ``数式の依存グラフを仕様とするOpenMPプログラムのメモリ参照効率向上''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 9 pages.

  10. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アウトオブコア・ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのためのアクセラレータ向けディレクティブ''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 7 pages.

  11. 酒井亮太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``単一GPUコードをマルチGPU環境で実行するための多次元データ分割手法の検討''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 7 pages.

  12. 米尾謙史, 置田真生, 萩原兼一. ``並列分散処理基盤 Apache Spark における系譜つき中間データに対する効果的なメモリ内キャッシュ指示の検討''. 第16回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2016), p. 55, (2016-06).

  13. 安井一貴, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上の16ビット整数表現によるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化の検討''. 第16回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2016), p. 58, (2016-06).

  14. Ryotaro Sakai, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Preliminary Estimation on Automating Multi-dimensional Data Decomposition for Multi-GPU Systems''. In Poster in the 2nd Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI 2016), (2016-01).

  15. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenACCを用いたアウトオブコア・ステンシル計算に対するテンポラルブロッキングの適用''. In Poster in the 5th GPU Technology Conference (GTC Japan 2015), (2015-09).

  16. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``文字列探索アルゴリズムShift-Or法の結合性を利用した高速化''. In Poster in the 5th GPU Technology Conference (GTC Japan 2015), (2015-09).

  17. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenACCを用いたアウトオブコア・ステンシル計算に対するテンポラルブロッキングの適用''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-150, (2015-08). 8 pages.

  18. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``接頭部和計算に基づく近似文字列探索の並列化''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2015-39, pp. 229--234, (2015-08).

  19. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ヒストグラム生成を高速化するためのOpenACCオプティマイザの検討''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-150, (2015-08). 9 pages.

  20. 永井美穂, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 北野宏明, 萩原兼一. ``生体シミュレーションサービスFlint K3における高性能計算に向けて''. 情報処理学会第77回全国大会, (2015-03). 2 pages.

  21. 御前雄嗣, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングを高速化するためのin-place回転によるキャッシュヒット率の向上''. 情報処理学会第77回全国大会, 1J-07, (2015-03). 2 pages.

  22. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``離散ウェーブレット変換のGPU実装における入力の上書きによるメモリ使用量削減''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-148, (2015-03). 8 pages.

  23. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``単一アクセラレータ上の大規模ステンシル計算におけるテンポラルブロッキングの検討''. In Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI 2015), (2015-01). 2 pages.

  24. 岡田大輝, 伊野文彦, 萩原兼一. ``遺伝子配列の全対比較のための枝刈りによるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2014-BIO-40, (2014-12). 6 pages.

  25. Fumihiko Ino, Akihito Nakano, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC for Pipelined Execution of Large Datasets''. In JST/CREST International Symposium on Post Petascale System Software (ISP2S2 2014), (2014-12).

  26. 中村亜希, 吉川禎, 置田真生, 萩原兼一. ``大規模生体モデルを対象とする Flint シミュレーションコードの並列生成''. 平成26年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, D-05, (2014-09). 7 pages.

  27. Fumihiko Ino, Akihito Nakano, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC for Pipelined Processing of Large Data on a GPU''. In Special Session on Legacy HPC Application Migration (LHAM 2014), (2014-09).

  28. 伊野文彦, 中野瑛仁, 萩原兼一. ``大規模データをパイプライン処理するためのディレクティブとそのトランスレータ''. In Poster in the 4th GPU Technology Conference (GTC Japan 2014), (2014-07).

  29. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けの反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 情報処理学会研究報告, 2014-HPC-145, (2014-07). 7 pages.

  30. 吉川禎, 中村亜紀, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 北野宏明, 野村泰伸, 萩原兼一. ``汎用生体モデルの高速な並列シミュレーションのための階層的依存グラフの自動分割''. 情報処理学会研究報告, 2014-HPC-143, (2014-03). 7 pages.

  31. 楠堂航, 伊野文彦, 萩原兼一. ``部分一致を含む文字列に対する探索のAVXによる高スループット化''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-143, (2014-03). 7 pages, 情報処理学会 2014年度コンピュータサイエンス領域奨励賞.

  32. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUにおいて動的グラフを高速処理するためのフレームワークの検討''. 第14回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2014), p. 34, (2014-01).

  33. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アクセラレータのメモリ容量を超えるデータをパイプライン処理するためのディレクティブ''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-142, (2013-12). 8 pages.

  34. 南翔太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUサイクル共有システムのための遊休時間予測手法の比較''. 第12回情報科学技術フォーラム講演集(FIT 2013), 第1分冊, pp. 243--246, (2013-09).

  35. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAにおける離散ウェーブレット変換のIn-place処理のためのデータ並べ替え手法''. 平成25年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, D-01, (2013-09). 4 pages.

  36. 重岡謙太朗, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた分枝限定法におけるメモリ参照効率を高めるための配列パッキング手法''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-141, (2013-09). 7 pages.

  37. 大越雄一, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 北野宏明, 萩原兼一. ``GPU クラスタを用いた大規模生体シミュレーションにおける CPU・GPU 間データ転送の効率化''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-140, (2013-08). 7 pages.

  38. Masao Okita, Tomohiro Okuyama, Takeshi Asai, Yoshiyuki Asai, Hiroaki Kitano, and Hagihara Kenichi. ``Towards massively parallel general biophysical simulation on the K computer''. In Poster in the 2nd HD Physiology International Symposium 2013, Tokyo, Japan, (2013-06).

  39. 寺田悠, 置田真生, 萩原兼一. ``MapReduceによるツイート要望・対応策マッチング''. 情報処理学会第75回全国大会, (2013-03). 2 pages.

  40. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Acceleration Method for GPU-Based Volume Rendering by Localizing Texture Memory Reference''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-138, (2013-02). 7 pages.

  41. 岡陽介, 伊野文彦, 萩原兼一. ``協調マルチタスキングを用いて短い遊休時間を活用するGPUグリッドシステムの提案''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-138, (2013-02). 6 pages.

  42. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``医用画像位置合わせを対象にした結合ヒストグラム生成のGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-138, (2013-02). 6 pages.

  43. 安藤翔平, 伊野文彦, 藤原融, 萩原兼一. ``GPUによる高速な結合重み分布生成の検討''. 第13回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2013), p. 80, (2013-01).

  44. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``In-place処理に基づく離散ウェーブレット変換のCUDAによる高速化の検討''. 第13回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2013), p. 69, (2013-01).

  45. 重岡謙太朗, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUにおいてパラメータスイープを高速化するための並列方式''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-136, (2012-10). 8 pages.

  46. 浅井義之, 安部武志, 岡秀樹, 置田真生, 萩原兼一, 松岡由希子, Samik Ghosh, 倉智嘉久, 北野宏明. ``A platform for multilevel modeling of physiological systems: Template and instance framework for large scale models''. 生体医工学シンポジウム2012, 1-3-03, (2012-09).

  47. 古谷達朗, 置田真生, 萩原兼一. ``Hadoopの性能ボトルネックを特定するための実行トレース可視化ツール''. 平成24年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, D-02, (2012-09). 8 pages.

  48. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``マルチGPU環境におけるストリーム処理を高速化するタスクスケジューラ''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-135, (2012-08). 7 pages.

  49. 吉川禎, 奥山倫弘, 置田真生, 浅井義之, 安部武志, 野村泰伸, 八木哲也, 萩原兼一. ``生体モデルにおける数式の類似性に着目したOpenMPによる並列シミュレーションの検討''. 第10回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2012), (2012-05). 2 pages.

  50. 福井伸弥, 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``並列生体シミュレータ insilicoSim におけるエージェント割り当て手法''. 2012年電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-6-6, (2012-03). 2 pages.

  51. 岡田啓佑, 伊野文彦, 萩原兼一. ``遺伝子配列に対するペアワイズアライメントのGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2012-BIO-28, (2012-03). 2 pages.

  52. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-133, (2012-03). 8 pages.

  53. 坪内佑樹, 置田真生, 伊野文彦, 山川聡, 柏木岳彦, 萩原兼一. ``重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-133, (2012-03). 7 pages.

  54. 置田真生, 奥山倫弘, 福井伸弥, 松井龍, 安部武志, Eric Heien, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``異種混合生体シミュレータinsilicoSimの自動並列化''. 第24回バイオエンジニアリング講演会論文集, (2012-01). 2 pages.

  55. 津崎圭亮, 鳥野翔太, 岡本達秀, 置田真生, 萩原兼一, 野村泰伸, 林田祐樹, 八木哲也. ``In sillico 1次視覚野神経回路''. 第24回バイオエンジニアリング講演会論文集, (2012-01). 2 pages.

  56. 重岡謙太朗, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたパラメタスイープアプリケーションの並列化手法の評価''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 74, (2012-01).

  57. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDA互換GPUにおける高速なストリーム処理のためのタスクスケジューリングアルゴリズムの検討''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 70, (2012-01).

  58. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``正規化相互情報量に基づく非剛体位置合わせのCUDAによる高速化''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2011-98, pp. 115--120, (2012-01).

  59. 坪内佑樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大量データに対するSHA-1計算のSSEによるスループット向上の検討''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 77, (2012-01).

  60. Tomohiro Okuyama, Masao Okita, Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating General and Heterogeneous Biophysical Simulation Using the GPU Interpreter for Solving ODEs''. In Proceedings of the 4th Global COE International Symposium on Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine, (2011-11). 1 pages.

  61. 松井龍, 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``汎用生体シミュレータinsilicoSimにおける生体モデル内の依存関係に着目したスケジューリング''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-04, (2011-09). 7 pages.

  62. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおけるオーバヘッドの小さいタイムスタンプ記録手法の検討''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-06, (2011-09). 3 pages.

  63. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた高速な非剛体位置合わせの検討''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-05, (2011-09). 2 pages.

  64. 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``インタプリタ型汎用生体シミュレータinsilicoSimのGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-130, (2011-07). 8 pages.

  65. 杉本祐樹, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングにおける効率的なテクスチャ参照''. 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-130, (2011-07). 6 pages.

  66. 井上佑希, 置田真生, 萩原兼一. ``系列パターン抽出のMapReduce実装におけるタスク分割方式の検討''. 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-130, (2011-07). 7 pages.

  67. 杉本祐樹, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングにおける効率的なテクスチャ参照の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 231--232, (2011-05).

  68. 黒松信行, 置田真生, 萩原兼一. ``Hadoopにおけるジョブトラッカの耐故障機能の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 235--236, (2011-05).

  69. 岡陽介, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けマルチタスキングにおけるオーバヘッド削減の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 219--220, (2011-05).

  70. 山田真義, 伊野文彦, 萩原兼一. ``時系列ボリュームレンダリングの描画速度を調節するための非可逆圧縮手法''. 情報処理学会研究報告, 2010-CG-142, (2011-02). 6 pages.

  71. 山中翔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる高速なBurrows-Wheeler変換の検討''. 第11回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2011), p. 77, (2011-01).

  72. 岡田啓佑, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上でストリーム処理を高速化するための性能モデルの検討''. 平成22年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, I-03, (2010-09). 2 pages.

  73. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``複数のCUDA互換GPUによるストリーム処理のためのミドルウェア''. 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-126, (2010-08). 8 pages.

  74. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAカーネルの性能を解析するための実行履歴生成ツール''. 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-126, (2010-08). 7 pages.

  75. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた逐次近似法によるコーンビーム再構成の高速化''. 電子情報通信学会2010総合大会講演論文集, D-16-7, p. 226, (2010-03).

  76. 老田健太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``文書作成および科学計算を両立するGPU向け協調マルチタスキングの検討''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), p. 63, (2010-01).

  77. 片山大河, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるOSEM再構成の高速化および精度評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2009-118, pp. 229--234, (2010-01).

  78. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAカーネルを時系列解析するための実行ログ生成ツールの検討''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), p. 62, (2010-01).

  79. 高田祐輔, Eric Heien, 置田真生, 萩原兼一. ``複数の並列計算環境に対応したMapReduceのPythonによる実装''. 情報処理学会研究報告, 2009-ARC-185, (2009-10). 7 pages.

  80. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUクラスタによる高速なアミノ酸配列データベース検索''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.

  81. 興津佑輔, 伊野文彦, 岸武人, 大西修平, 萩原兼一. ``GPUを用いたアウトオブコアなコーンビーム再構成の高速化''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.

  82. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェア''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.

  83. 本窪田昌也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによるパラメータ・スイープアプリケーションの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-120, (2009-06). 6 pages.

  84. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェアの検討''. 第7回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2009), p. 144, (2009-05).

  85. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるTotal Variation Minimization法の高速化''. 電子情報通信学会2009総合大会講演論文集, D-11-80, p. 80, (2009-03).

  86. 荻田章博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUグリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための制御手法''. 情報処理学会研究報告, 2009-OS-110, pp. 107--112, (2009-01).

  87. 本窪田昌也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによるパラメータスイープアプリケーションの高速化の検討''. 第9回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2009), p. 41, (2009-01).

  88. 岩根良輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``協調フィルタリングを用いて個人の嗜好を反映するレシピ検索手法の提案''. 情報処理学会研究報告, 2008-MPS-72, pp. 163--166, (2008-12).

  89. 森本泰貴, 藤本典幸, 萩原兼一. ``ベイジアンネットワークモデルを用いた衣服コーディネイト推薦システムの開発''. 情報処理学会研究報告, 2008-MPS-72, pp. 177--180, (2008-12).

  90. 荻田章博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上の複数アプリケーション実行時におけるフレームレートを維持する手法の検討''. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pp. 41--42, (2008-10).

  91. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたフロイド‐ワーシャル法の高速化''. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pp. 35--38, (2008-10). 情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会学生奨励賞.

  92. 鈴木康之, 浅井義之, Eric Heien, 中西正夫, 浦井誉仁, 岡秀樹, 萩原兼一, 倉智嘉久, 野村泰伸. ``生体機能モデリング統合開発環境insilico IDEの開発''. 生体医工学シンポジウム2008講演予稿集, pp. 378--381, (2008-09).

  93. 浅井義之, 鈴木康之, 木戸善之, 岡秀樹, Eric Heien, 中西正夫, 萩原兼一, 倉智嘉久, 野村泰伸. ``生体生理機能の多階層的モデル記述言語insilicoML 1.0の開発''. 生体医工学シンポジウム2008講演予稿集, pp. 383--384, (2008-09).

  94. 浅井義之, 河津俊宏, 中西正夫, 鈴木康之, Eric Heien, 萩原兼一, 倉智嘉久, 野村泰伸. ``多階層性オブジェクト指向アーキテクチャを実装した生体機能モデリングプラットフォーム --- in silico IDE ---''. 第47回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集, p. 652, (2008-05).

  95. 中西正夫, 浅井義之, Eric Heien, 萩原兼一, 野村泰伸. ``生体機能モデリング統合プラットフォーム(in silico IDE)を用いた脊髄神経回路網動態の大規模シミュレーション''. 第47回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集, p. 506, (2008-05).

  96. 東竜一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``GPUの汎用計算環境CUDAによる主記憶上の大規模なテキストに対する高速な全文検索の検討''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 139--144, (2008-03).

  97. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``統合開発環境CUDAを用いたGPUでの配列アライメントの高速化手法''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 13--18, (2008-03).

  98. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いた高速なモルフォロジー演算''. 情報処理学会研究報告, 2008-EVA-24, pp. 43--48, (2008-03).

  99. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる高速なコーンビーム再構成の実装と性能評価''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 115--120, (2008-03).

  100. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる全点対最短経路問題の高速化''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 145--150, (2008-03).

  101. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenGLとの比較による配列アライメントのCUDA実装の検証''. 第8回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2008), p. 51, (2008-01).

  102. 吉田征司, 伊野文彦, 西野和義, 萩原兼一. ``GPUを用いたコーンビーム再構成の性能評価と精度検証''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2007-104, pp. 219--226, (2008-01).

  103. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる高速な逆投影処理の検討''. 第8回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2008), p. 59, (2008-01).

  104. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたGPUによる全点対最短経路問題の実装比較''. 第8回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2008), p. 58, (2008-01).

  105. 伊野文彦, 小谷裕基, 萩原兼一. ``GPUグリッドによる高速な塩基配列アライメント''. 情報処理学会研究報告, 2007-HPC-111, pp. 73--78, (2007-08). 情報処理学会 平成20年度山下記念研究賞.

  106. 森本泰貴, 藤本典幸, 萩原兼一. ``ウェブを対象としたロボット型検索による指定地理座標周辺の住所関連情報検索手法の提案''. 電子情報通信学会技術研究報告, DE2007-44, pp. 133--138, (2007-07).

  107. 薄田昌広, 朝野郁郎, 藤本典幸, 萩原兼一. ``企業内イントラグリッドにおけるジョブ管理機構の提案および検証''. 第5回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2007), pp. 192--193, (2007-05).

  108. 吉田征司, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いてコーンビームCTのボリューム再構成を高速化する手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2007-20, pp. 109--114, (2007-05).

  109. 辻顯, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模なマルチスケールボリュームレンダリングのための先読み手法の検討''. 電子情報通信学会2007総合大会講演論文集, D-11-90, p. 90, (2007-03).

  110. 松尾勝則, 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``グリッドアプリケーションの実行時間を短縮するための計算結果再利用機構の評価''. 情報処理学会研究報告, 2007-EVA-20, pp. 17--24, (2007-03).

  111. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いたモルフォロジー演算のベクトル化''. 情報処理学会研究報告, 2007-CG-126, pp. 73--78, (2007-02).

  112. 濱地優希, 倉本到, 萩原兼一. ``協調学習支援システムにおけるユーザの操作履歴に基づく学習習熟度判別手法の提案''. 情報処理学会研究報告, 2007-CE-88, pp. 163--168, (2007-02).

  113. 平野靖, 高橋友和, 出口大輔, 北坂孝幸, 伊野文彦, 森健策, 萩原兼一, 末永康仁. ``並列型画像処理ライブラリの高効率化''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2006-87, pp. 17--20, (2007-01).

  114. 萩原兼一, 伊野文彦. ``高精細な4次元医用画像の高速計算''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第4回シンポジウム論文集, pp. 107--112, (2007-01).

  115. 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPGPUアプリケーションを開発するための性能モデルの検討''. 第7回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2007), p. 67, (2007-01).

  116. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``最新のGPU(Graphics Processing Unit)を用いた汎用処理の高速化技術''. IT連携フォーラムOACIS 第31回技術座談会, (2007-01).

  117. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``適合格子細分化法を用いる画像処理のための実行時間予測手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2006-145, pp. 235--238, (2007-01).

  118. 合田圭吾, 井本舞, 藤本典幸, 馬場健一, 村田正幸. ``λコンピューティング環境におけるOpenMPライブラリの設計と実装''. 電子情報通信学会技術研究報告, PN2006-40, pp. 5--8, (2006-12).

  119. 平野靖, 出口大輔, 高橋友和, 北坂孝幸, 伊野文彦, 森健策, 萩原兼一, 末永康仁. ``3次元並列型画像処理ライブラリの構築とその性能評価''. 第15回日本コンピュータ外科学会大会/第16回コンピュータ支援画像診断学会大会 合同論文集, pp. 313--314, (2006-10).

  120. 伊野文彦, 萩原兼一. ``ノートPCによる実時間2次元/3次元位置合わせ''. 第16回コンピュータ支援画像診断学会大会, (2006-10).

  121. 小谷裕基, 伊野文彦, 萩原兼一. ``グリッド環境において遊休GPUを活用するための資源選択手法''. 情報処理学会研究報告, 2006-HPC-108, pp. 37--42, (2006-10).

  122. 薄田昌広, 峰久也, 藤本典幸, 萩原兼一. ``企業内イントラグリッドでのジョブ割当てアルゴリズムの比較評価''. 第5回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT 2006), pp. 3--4, (2006-09).

  123. 峰久也, 藤本典幸, 東竜一, 薄田昌広, 萩原兼一. ``余剰計算力を用いるグリッドのジョブスケジューリングにおける優先度制御の一手法''. 情報処理学会研究報告, 2006-MPS-61, pp. 29--32, (2006-09).

  124. 松尾勝則, 田中裕也, 川崎康博, 伊野文彦, 水谷泰治, 萩原兼一. ``グリッド環境において計算結果を効率よく再利用するための通信量削減''. 情報処理学会研究報告, 2006-HPC-107, pp. 19--24, (2006-08).

  125. 藤本典幸, 森本泰貴, 長屋務, 萩原兼一. ``ウェブ検索APIとトピック主導型クローリングに基づくロボット型住所関連情報検索システム''. 電子情報通信学会技術研究報告, WI2-2006-66, pp. 125--130, (2006-07).

  126. 薄田昌広, 朝野郁郎, 藤本典幸, 萩原兼一. ``企業内イントラグリッドでのグリッドアプリケーション実用評価''. 第4回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2006), pp. 227--228, (2006-05).

  127. 小谷裕基, 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを装備する計算機を計算資源とするグリッドにおける資源選択手法の検討''. 情報処理学会研究報告, 2006-EVA-16, pp. 19--24, (2006-03).

  128. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いたモルフォロジー演算の高速化手法''. 電子情報通信学会2006総合大会講演論文集, D-16-8, p. 288, (2006-03).

  129. 平野靖, 高橋友和, 北坂孝幸, 伊野文彦, 森健策, 萩原兼一, 末永康仁. ``3次元並列型画像処理ライブラリ開発における基礎的検討''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2005-116, pp. 33--36, (2006-01).

  130. 田中裕也, 川崎康博, 伊野文彦, 水谷泰治, 萩原兼一. ``グリッド環境における計算結果再利用の検討''. 第6回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2006), p. 47, (2006-01).

  131. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``適応格子細分化による関節可動域シミュレーションの実時間処理''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第3回シンポジウム論文集, pp. 181--182, (2006-01).

  132. 萩原兼一, 伊野文彦. ``高精細な4次元医用画像の高速計算''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第3回シンポジウム論文集, pp. 83--88, (2006-01).

  133. 五味田遵, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2方向投影による2次元/3次元剛体位置合わせ''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2005-115, pp. 29--32, (2006-01).

  134. 伊野文彦, 五味田遵, 川崎康博, 萩原兼一. ``グラフィクスハードウェアによる2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第3回シンポジウム論文集, pp. 179--180, (2006-01).

  135. 萩原兼一, 伊野文彦. ``GPU装備のPCクラスタによる医用画像の高性能計算に関する研究''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成13年度~17年度研究成果報告書A01新しいソフトウェアの実現, pp. 168--175, (2006-01).

  136. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``適合格子細分化法のアプリケーションのためのフラクタルに基づく計算量予測手法''. 第6回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2006), p. 43, (2006-01).

  137. 永安大輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``時系列ボリュームを高速レンダリングするための2段階データ圧縮方法の性能および画質評価''. 情報処理学会研究報告, 2005-CG-121, pp. 115--120, (2005-11). 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 2005年度優秀研究発表賞.

  138. 村山佳和, 松村嘉之, 藤本典幸, 野田貴司, 峰久也, 萩原兼一. ``タスクスケジューリングRRを用いたグローバルなデスクトップグリッド環境における進化戦略に関する考察''. 第48回自動制御連合講演会, G2-44, (2005-11). 2 pages (CD-ROM).

  139. 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成17年度第2回A01研究会, (2005-11).

  140. 衿木高広, 濱地優希, 倉本到, 萩原兼一. ``協調学習における相互参照可能な電子ノートの更新を動的に反映する手法''. 情報処理学会研究報告, 2005-HI-116, pp. 105--111, (2005-11).

  141. 出原博, 藤本典幸, 竹野浩, 萩原兼一. ``WWW画像検索における画像周辺のHTML構文構造を考慮した画像説明文の抽出手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, DE2005-136, pp. 19--24, (2005-10).

  142. 松村嘉之, 藤本典幸, 村山佳和, 野田貴司, 峰久也, 萩原兼一. ``グリッドタスクスケジューリングアルゴリズムRRを実装したデスクトップグリッド環境による進化型計算''. 第12回MPSシンポジウム, pp. 263--270, (2005-10).

  143. 五味田遵, 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2005-HPC-104, pp. 25--30, (2005-10).

  144. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU内部におけるプロセッサ間の命令移動による高速化ツール''. 情報処理学会第55回プログラミング研究会, (2005-08).

  145. 藤本典幸, 萩原兼一. ``ウェブマルチメディア検索のためのパーソナルシステム''. 電子情報通信学会技術研究報告, DE2005-117, pp. 61--66, (2005-07).

  146. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``フラクタル解析による適合格子細分化法の計算量予測''. 電子情報通信学会技術研究報告, COMP2005-20, pp. 9--15, (2005-06).

  147. 薄田昌広, 野田貴司, 藤本典幸, 萩原兼一. ``プログラム構造を考慮したグリッドシミュレータの設計と評価''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 237--238, (2005-05).

  148. 村木健介, 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``グリッドにおいて短時間処理を実現するための資源選択手法''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 253--254, (2005-05).

  149. 小谷裕基, 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``グリッドにおけるGPUの遊休状態を監視するためのシステムの提案''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 205--206, (2005-05).

  150. 村木健介, 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``短時間処理向け資源管理を実現するためのGlobus Toolkitの性能評価''. 情報処理学会研究報告, 2005-HPC-101, pp. 79--84, (2005-03).

  151. 萩原兼一, 伊野文彦. ``高性能計算による医用画像処理の高速化''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第2回シンポジウム論文集, pp. II119--II124, (2005-03).

  152. 三谷幸久, 倉本到, 萩原兼一. ``復習時における学習者の個人的要求に適した電子ノート推薦手法の提案''. 情報処理学会第67回全国大会講演論文集(4), pp. 93--94, (2005-03).

  153. 田中裕也, 伊野文彦, 北岡裕子, 萩原兼一. ``PCクラスタを用いた並列非剛体位置合わせ手法の性能評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2004-54, pp. 19--24, (2005-01).

  154. 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの予備評価''. 第5回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウムポスター論文集(HPCS 2005), p. 20, (2005-01).

  155. 萩原兼一, 伊野文彦. ``GPU装備のPCクラスタによる医用画像の高性能計算に関する研究''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成16年度研究成果報告書A01新しいソフトウェアの実現, pp. 146--151, (2005-01).

  156. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUへの汎用処理実装に対する内部プロセッサ間命令移動による性能向上手法''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成16年度第2回A01研究会, (2004-11).

  157. 置田真生, 神戸友樹, 伊野文彦, 水谷泰治, 萩原兼一. ``PCクラスタにおける大規模並列プログラムおよびその開発支援に関する研究''. 北陸IT研究開発センター平成16年度研究成果発表会, (2004-10).

  158. 田中邦明, 藤本典幸, 萩原兼一. ``グリッド環境における独立粗粒度タスク集合の動的スケジューリングアルゴリズムの性能評価''. 情報処理学会研究報告, 2004-MPS-51, pp. 29--32, (2004-09).

  159. 伊野文彦, 土屋博之, 萩原兼一. ``実時間グリッド計算のための資源割当システムの設計''. 第3回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT 2004), pp. 115--116, (2004-09).

  160. 松村嘉之, 藤本典幸, Yao Xin, 萩原兼一. ``進化戦略のためのグリッド計算に関する一考察''. ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2P2-L1-26, (2004-06). 4 pages (CD-ROM).

  161. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Performance Guaranteed Dynamic Task Scheduling of a Parameter-Sweep Application onto a Computational Grid''. 電子情報通信学会研究報告, COMP2004-1, pp. 1--8, (2004-04).

  162. 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``部分的なタスク実行によるマスタスレーブ型並列プログラムの高速な性能予測''. 情報処理学会研究報告, 2004-HPC-98, pp. 13--18, (2004-04).

  163. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MPIプログラムにおける大規模な実行履歴生成の検討''. 情報処理学会研究報告, 2004-HPC-98, pp. 19--24, (2004-04).

  164. 神戸友樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MPIプログラムの改善可能性を評価するための効率的な実行履歴の生成''. 情報処理学会研究報告, 2004-EVA-8, pp. 1--6, (2004-03).

  165. 川崎康博, 伊野文彦, 田代孝仁, 中島義和, 佐藤嘉伸, 菅野伸彦, 米延策雄, 田村進一, 萩原兼一. ``PCクラスタを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速処理''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2003-84, pp. 53--58, (2004-01).

  166. 東浦俊文, 三谷幸久, 倉本到, 萩原兼一. ``ビデオ学習支援システムにおいて参照性を向上する電子ノートの継承管理法''. 情報処理学会研究報告, 2003-CE-72, pp. 49--54, (2003-12).

  167. 池田孝利, 大西史泰, 伊野文彦, 萩原兼一. ``デスクトップ・ボリュームレンダリングのための解像度制御によるビデオメモリ使用量削減''. 情報処理学会研究報告, 2003-CG-113, pp. 39--44, (2003-11).

  168. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``An Approximation Algorithm for Dynamic Task Scheduling of Independent Coarse-Grained Tasks onto a Computational Grid''. 第10回MPSシンポジウム, pp. 82--89, (2003-10).

  169. 松井学, 竹内彰, 伊野文彦, 萩原兼一. ``累積不透明度の伝搬による並列ボリュームレンダリングの計算量削減''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2003-21, pp. 13--18, (2003-08).

  170. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``PCクラスタを用いた医用画像の並列処理について''. IT連携フォーラムOACIS 第8回技術座談会, (2003-07).

  171. 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 藤本典幸, 笹間俊彦, 佐藤嘉伸, 田村進一, 萩原兼一. ``術中支援のための可動域計算の並列化''. 第1回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2003), pp. 179--180, (2003-05).

  172. 譚林, 藤本典幸, 萩原兼一. ``グリッド環境における計算ノードの故障を考慮した独立タスクのスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会研究報告, 2003-MPS-43, pp. 55--58, (2003-03).

  173. 河村一史, 辻裕樹, 藤本典幸, 萩原兼一. ``最小値関数により適合度を算出するNRA検索アルゴリズムの改善''. 情報処理学会研究報告, 2003-DBS-129, pp. 25--32, (2003-01).

  174. 大山寛郎, 竹内彰, 伊野文彦, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機を用いた非剛体レジストレーションの並列化''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2002-113, pp. 5--10, (2003-01).

  175. 平野秀明, 東浦俊文, 川崎裕也, 倉本到, 萩原兼一. ``共有した電子ノートにおけるビデオシーンの注目度を利用する学習支援システム''. 情報処理学会研究報告, 2002-CE-67, pp. 41--48, (2002-12).

  176. 川崎康博, 大山寛郎, 水谷泰治, 竹内彰, 藤本典幸, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MI-Cluster:術中医用画像処理を実現するPCクラスタシステム''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2002-72, pp. 17--22, (2002-11).

  177. 川崎康博, 大山寛郎, 水谷泰治, 竹内彰, 藤本典幸, 伊野文彦, 笹間俊彦, 佐藤嘉伸, 菅野伸彦, 米延策雄, 田村進一, 越智隆弘, 萩原兼一. ``術中における対話的な医用画像処理のための遠隔並列計算環境の構築 --- 手術支援Gridの実現に向けて ---''. 第12回コンピュータ支援画像診断学会大会/第11回日本コンピュータ外科学会大会 合同論文集, pp. 7--8, (2002-11).

  178. 佐々木智充, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機による高解像度ボリュームレンダリング''. 映像情報メディア学会技術報告, VIS2002-81, pp. 7--12, (2002-03). 映像情報メディア学会 第5回研究奨励賞.

  179. 山本裕己, 譚林, 藤本典幸, 萩原兼一. ``一対一プロセッサ間通信の一括化を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会研究報告, 2002-MPS-38, pp. 21--24, (2002-03).

  180. 藤本寛史, 倉本到, 藤本典幸, 萩原兼一. ``ビデオアーカイブを利用した学習を支援するシステムの提案''. 情報処理学会研究報告, 2002-HI-97, pp. 1--6, (2002-02).

  181. 水谷泰治, 藤本典幸, 萩原兼一. ``スケーラビリティを考慮した並列再帰の実行方式の提案''. 情報処理学会研究報告, 2001-AL-77, pp. 49--56, (2001-03).

  182. 西村晃一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``タスクグラフ分割を用いた並列処理によるスケジューリングアルゴリズムBCSHの大規模細粒度グラフへの適用''. 電子情報通信学会研究報告, COMP2000-78, pp. 41--48, (2001-03).

  183. 速水賢史, 竹野浩, 永瀬智哉, 藤本典幸, 萩原兼一. ``スケーラビリティのあるWWW並列全文検索システム構築法の提案と評価''. 情報処理学会研究報告, 2001-DBS-123, pp. 45--52, (2001-01).

  184. 杉尾敏康, 藤本寛史, 藤本典幸, 萩原兼一. ``JPEGアルゴリズムにおけるブロックの類似性を活かした画像圧縮法の改善と評価''. 電子情報通信学会研究報告, CS2000-112, pp. 25--30, (2000-12).

  185. 野田潤, 倉本到, 藤本典幸, 萩原兼一. ``検索可能な樹状ヒストリ機能を備えたホワイトボードシステム''S.W.ボード''の提案と実装''. 電気情報通信学会技術研究報告, MVE2000-74, pp. 56--60, (2000-10).

  186. 澤田雅人, 竹野浩, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列型全文検索システム構築のための手法の提案とその評価''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 1--8, (2000-01).

  187. 中島大輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分割統治法アルゴリズムの効率的な並列化手法とそのコンパイラの実装''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 25--32, (2000-01).

  188. 森雅博, 橋本貴至, 西村晃一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``タスク複製とプロセッサアイドル率に着目したBSPスケジュール生成手法の提案''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 41--48, (2000-01).

  189. 橋本貴至, 森雅博, 西村晃一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``タスクスケジューリングを用いた並列プログラム生成におけるタスク粒度の調整とその評価''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 9--16, (2000-01).

  190. 伊野文彦, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``性能ボトルネックを検索できる性能解析システムGordiniについて''. 第17回超並列計算研究会, (2000-01).

  191. 伊野文彦, 杉野陽一, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``性能ボトルネックを検索できる性能解析システムの開発''. 第10回NEC・HPC研究会 -論文/発表資料集-, pp. 23--29, (1999-12).

  192. 倉本到, 野田潤, 藤本典幸, 萩原兼一. ``会合記録の関連性に着目した会合記録検索支援システムの実装''. 情報処理学会研究報告, 99-GW-33, pp. 75--80, (1999-10).

  193. 倉本到, 野田潤, 藤本典幸, 萩原兼一. ``会合記録の関連性に着目した会合記録作成支援システムの提案''. 日本ソフトウェア科学会第16回大会, pp. 397--400, (1999-09).

  194. 野田潤, 倉本到, 藤本典幸, 萩原兼一. ``会合における情報の関連性を記録するためのインタフェースの検討と評価''. 情報処理学会研究報告, 99-HI-84, pp. 37--42, (1999-08).

  195. 小河原徹, 中島大輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分割統治法プログラムを並列実行するコンパイル手法の提案と評価''. 情報処理学会研究報告, 99-AL-66, pp. 73--80, (1999-01).

  196. 馬場大樹, 橋本貴至, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機の通信特性を考慮したスケジューリングアルゴリズムの開発とその評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, COMP98-72, pp. 1--8, (1999-01).

  197. 杉野陽一, 伊野文彦, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列プログラムの改善支援機能を持つ性能解析システムの開発''. 情報処理学会研究報告, 99-AL-66, pp. 81--88, (1999-01).

  198. 藤本典幸, 日隈康, 橋本貴至, 馬場大樹, 萩原兼一. ``分散メモリ型マシンの通信特性を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズムのコンパイラへの応用について''. In The 9th Parallel Computing Workshop (PCW'98 Japan), P-A, pp. 1--8, (1998-11).

  199. 岸部祥典, 小河原徹, 藤本典幸, 萩原兼一. ``SPMDプログラムを生成するWork-Time C処理系の実現''. 情報処理学会研究報告, 98-AL-60, pp. 57--64, (1998-01).

  200. 日隈康, 橋本貴至, 藤本典幸, 萩原兼一. ``通信の一括化に適したタスクスケジューリングアルゴリズム''. 電子情報通信学会技術研究報告, COMP97-78, pp. 1--8, (1998-01).

  201. 乾和弘, 藤本典幸, 塩見淳子, 柘植宗俊, 萩原兼一. ``アニメーションを用いた並列アルゴリズム学習支援環境の構築''. 電気情報通信学会技術研究報告, ET96-133, pp. 151--158, (1997-03).

  202. 喜多淳一郎, 日隈康, 柘植宗俊, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列言語Work-Time CプログラムのためのEWS用デバッグ支援環境''. 日本ソフトウェア科学会第13回大会論文集, pp. 305--308, (1996-09).

  203. 藤本典幸, 乾和弘, 前田昌也, 柘植宗俊, 萩原兼一. ``ワーク・タイムモデルに基づく並列プログラミング言語Work-Time Cの提案とEWS用コンパイラの実装''. 日本ソフトウェア科学会第13回大会論文集, pp. 205--208, (1996-09).

学位論文

  1. 石田祐二郎. ``並列プログラム生成系Flintにおけるベクトル型計算機SX-ACE向け高性能コードの生成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

  2. 西川直樹. ``依存グラフ分割に基づく並列化におけるより細かい分割を利用した負荷分散の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

  3. 御前雄嗣. ``適応的なデータ並べ替えによるボリュームレンダリングの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2017-02).

  4. 岡田惇平. ``分枝限定型アルゴリズムPrefixSpanの二段階並列処理におけるフェーズ遷移条件の改善''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2017-02).

  5. Yuechao Lu. ``Cache-Aware GPU Optimization for Out-of-Core Cone Beam Reconstruction of High-Resolution CT Volume''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2017-02).

  6. Nobuhiro Miki. ``A Directive-based Programming Framework for Out-of-Core Stencil Computation on Accelerators''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2017-02).

  7. 塚田敬司. ``GPUシステムにおいてサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

  8. 玉田晃寛. ``商品識別のための複数視点画像を用いる深層学習の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

  9. 中村亜希. ``生体機能シミュレータFlintにおける並列シミュレーションコード生成の高速化およびコードレベルでの初期値設定機能の実装''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).

  10. 角田優貴. ``数式の依存グラフを仕様とする並列プログラム生成系における生成プログラムのメモリ参照効率の向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  11. 高木研太朗. ``MapReduceにおける中間データの経過に基づくパーティション割り当ての実行時最適化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).

  12. 米尾謙史. ``並列分散処理基盤Apache Sparkにおける系譜つき中間データに対する効果的なメモリ内キャッシュ指示の分析''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  13. 金津穂. ``軽量仮想化プロセスのバースト起動における総初期化時間の最小化のための起動間隔時間の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  14. 加藤知愛. ``アクセラレータ向けコードチューニング規則の合成を可能とするトランスレータ''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).

  15. Yasuaki Mitani. ``Parallelizing Approximate String Matching by Prefix Summing on a GPU''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2016-02).

  16. 酒井亮太郎. ``GPU上の大規模な多次元データのためのデータ分割自動化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  17. 安井一貴. ``GPU上の半精度表現によるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  18. 池田圭. ``大規模なメッセージ通信並列プログラムに対する実行履歴の生成およびデバッグ支援''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2016-01).

  19. 大越雄一. ``大規模生体モデルの分割変換および統合による単一GPU向けシミュレーションコード生成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  20. 永井美穂. ``クラウド型生体シミュレーションサービスFlint K3のためのジョブ並列化の実装および並列度の推薦''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

  21. 御前雄嗣. ``GPUを用いたボリュームレンダリングを高速化するためのin-place回転によるキャッシュヒット率の向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

  22. Yu Terada. ``Accelerating Application in MapReduce by Transparently Unifying Redundant Intermediate Data''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2015-02).

  23. 岡田惇平. ``インメモリ指向の分散データ処理基盤Apache Sparkを用いた反復型アルゴリズムPrefixSpanの実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

  24. 安藤翔平. ``2元線形符号の効率的な結合重み分布計算およびその並列化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  25. 生澤拓也. ``GPU上で離散ウェーブレット変換を高速化するためのメモリ使用量の削減''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  26. 岡田大輝. ``塩基配列の全対比較のための枝刈りによるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  27. 南翔太. ``GPU上でマルチタスク実行を自動化するためのプログラム変換手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  28. 三木脩弘. ``GPU上の大規模ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのディレクティブによる実現の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

  29. 吉川禎. ``汎用生体並列シミュレーションのための冗長計算を考慮した階層的依存グラフの分割''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  30. 中村亜希. ``大規模生体機能記述から抽出した階層的依存グラフに基づく並列シミュレーションコードの生成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2014-02).

  31. 古谷達朗. ``処理時間に対する線形近似に基づくHadoopプログラムを高速化するための設定パラメータの予測モデル''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  32. 高木研太朗. ``MapReduceにおける中間データの統計的予測に基づくパーティション動的割り当て''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2014-02).

  33. 楠堂航. ``部分一致を含む文字列に対する探索のベクトル命令を用いた高スループット化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  34. 重岡謙太朗. ``GPU上で分枝限定法を用いて大規模問題を解くためのバッファ管理手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  35. 中野瑛仁. ``アクセラレータのメモリ容量を超えるデータをパイプライン処理するためのディレクティブとそのトランスレータ''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  36. 中村健児. ``マルチコアCPU上でウェーブレット行列を高速に構築するための並列化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2014-02).

  37. 三谷康晃. ``GPU上の反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2014-02).

  38. 大越雄一. ``汎用生体シミュレータFlitにおける遅延微分方程式ソルバのGPUへの実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  39. Yuki Sugimoto. ``A Cache-Aware Method for GPU-Based Volume Rendering''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2013-02).

  40. 黒松信行. ``MapReduceにおけるvalueの重複に着目したノード間通信の削減によるグラフアプリケーションの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2013-02).

  41. 井上佑希. ``MapReduceを用いた木射影アルゴリズムのための動的粒度変更による高速化手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2013-02).

  42. 寺田悠. ``MapReduceを用いたTwitter上の要望と解決策のマッチングシステム''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  43. 岡陽介. ``協調マルチタスキングを用いて短い遊休時間を活用するGPUグリッドシステム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2013-02).

  44. 安藤翔平. ``GPUによる結合重み分布生成の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  45. 生澤拓也. ``CUDAにおける離散ウェーブレットのin-place変換''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  46. 南翔太. ``サイクル共有システムにおける短い遊休時間のN階マルコフ過程に基づく予測''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  47. Tomohiro Okuyama. ``Accelerating GPU Programs by Reducing Irregular Control Flow and Memory Access''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2013-01).

  48. 松井龍. ``生体機能記述言語ISMLのモデル構造に着目した時間発展型並列シミュレータの自動チューニング''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).

  49. 福井伸弥. ``動的エージェントモデルを対象とした並列生体シミュレータinsilicoSimの開発''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).

  50. 吉川禎. ``汎用生体モデルにおける数式の類似性に着目したシミュレーションコードの生成と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  51. 古谷達朗. ``MapReduceフレームワークの詳細な実行記録を取得するためのイベントベースプロファイラ''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  52. Muhammad Ismail Faruqi. ``Acceleration of Variance of Color Differences-Based Demosaicing Using CUDA''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2012-02).

  53. 神田裕士. ``CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).

  54. 岡田啓佑. ``遺伝子配列に対するペアワイズアライメントのGPUにおける高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).

  55. Kei Ikeda. ``Accelerating Mutual Information Computation for Nonrigid Registration using CUDA''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2012-02).

  56. 中野瑛仁. ``CUDA互換GPUにおける高速なストリーム処理のためのタスクスケジューラ''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  57. 坪内佑樹. ``重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  58. 重岡謙太朗. ``パラメータスイープを高速化するためのCUDAによる並列化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  59. 池田孝利. ``畳み込み演算を応用したアプリケーションのGPUによる高速化に関する研究''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2011-08).

  60. 山田真義. ``時系列ボリュームの描画速度を調節するための非可逆圧縮手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  61. 杉本祐樹. ``ボリュームレンダリングにおけるテクスチャキャッシュヒット率の向上手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  62. 高田祐輔. ``小規模環境におけるユーザビリティの高いMapReduceフレームワークの実装''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  63. 黒松信行. ``Hadoopにおけるジョブトラッカのチェックポインティングによる耐故障性の向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  64. 井上佑希. ``MapReduceを用いた頻出系列パターン抽出アルゴリズムPrefixSpanの実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  65. 本窪田昌也. ``GPUによる光学シミュレーションのスループット向上''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  66. 松田俊広. ``GPUにおいてステンシル計算を高速化する自動チューニング手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  67. Shinta Nakagawa. ``A Middleware for Stream Processing on Multi-GPU Environments''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2011-02).

  68. 近藤浩史. ``GPUを用いた電波天文観測のための実時間広帯域信号解析システム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  69. 山中翔. ``GPUを用いた高速なブロックソート''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  70. 岡陽介. ``GPU上で高負荷な描画および科学計算を並行実行するための協調マルチタスキング''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  71. 秋山茂樹. ``構文の規則性を利用したパックラット構文解析の並列化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  72. 宗川裕馬. ``タンパク質の相同性検索のために遊休GPUサイクルを活用する並列計算システム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  73. 片山大河. ``GPU向けメモリアクセスパターンを持つ高速なPET再構成''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  74. 奥山倫弘. ``GPU向けの自動性能チューニング技術を用いた全点対最短経路長計算の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  75. 興津佑輔. ``複数GPUによる大規模ボリューム向けコーンビーム再構成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  76. 神田裕士. ``CUDAプログラムの性能を解析するための実行履歴生成ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  77. 岡田啓佑. ``大規模な金融データのためのモンテカルロ・シミュレータのGPU実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  78. 老田健太郎. ``事務および科学アプリケーションを同時実行するためのGPU向け協調マルチタスキング''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  79. Eric Martin Heien. ``Techniques for Parallel Simulation of Large Scale Heterogeneous Biophysical Systems''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2010-01).

  80. 岩根良輔. ``ユーザの嗜好を反映したレシピ推薦システムの提案と評価''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2009-02).

  81. 大久保宏樹. ``CUDAを用いたk-means法の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2009-02).

  82. 高田祐輔. ``複数並列計算環境で実行可能なMapReduceのPythonを用いた実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  83. 荻田章博. ``GPUグリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための協調的マルチタスク手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2009-02).

  84. 本窪田昌也. ``CUDAによるパラメータ・スイープアプリケーションの高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  85. 松田俊広. ``GPUを用いた全変動の最小化による画像ノイズの実時間除去''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  86. 中川進太. ``CUDAプログラムの実行をデータ転送とオーバラップさせるためのミドルウェア''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  87. 森本泰貴. ``ウェブを対象としたロボット型検索による指定座標周辺地理情報の自動収集と自動分類を行うシステムの提案と評価''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  88. 東竜一. ``CUDAによる大規模なテキストに対する高速な全文検索の実装''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  89. 峰久也. ``デスクトップ・グリッド・コンピューティングにおける優先度制御を用いたジョブスケジューリングの一手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  90. 吉田征司. ``OpenGLを用いたGPUによるコーンビーム再構成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  91. 前野滝授. ``CUDA環境およびOpenGL環境によるGPUでのモルフォロジー演算''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  92. 宗川裕馬. ``CUDAを用いたGPUでの配列アライメントの高速化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2008-02).

  93. 奥山倫弘. ``統合開発環境CUDAによる全点対最短経路問題の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2008-02).

  94. 興津佑輔. ``コーンビーム再構成を高速化するためのCUDA実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2008-02).

  95. Le Dinh Xuan. ``既存ウェブ検索エンジンを用いた指定住所周辺情報検索サービス実現のための基盤ライブラリの開発''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2007-02).

  96. Daisuke Nagayasu. ``Pipelined Data Decompression for Fast Out-of-Core Rendering of Time-Varying Scalar Volume''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2007-02).

  97. 辻顯. ``マルチスケールボリュームデータの高速なアウトオブコアレンダリングのための先読みの検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2007-02).

  98. 松尾勝則. ``グリッド計算を効率化するためのデータ再利用機構の設計と評価''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2007-02).

  99. 浦下瞬. ``非剛体位置合わせの遠隔実行のためのグリッドポータルの試作''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2007-02).

  100. 伊藤信悟. ``GPGPUアプリケーションのための性能予測モデル''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2007-02).

  101. 小谷裕基. ``グリッド環境において遊休GPUを活用するための資源選択手法の開発と配列アライメントへの応用''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2007-02).

  102. 濱地優希. ``ビデオ学習支援システムViNoSyLにおけるユーザの操作履歴に基づく理解度推定手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2007-02).

  103. Yasuhiro Kawasaki. ``Parallel Medical Image Processing Algorithms and Their Execution Framework for Intraoperative Surgical Assistance''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2007-01).

  104. 大西史泰. ``大規模多人数参加型ゲームにおけるノードの階層化によるデータ分散方式''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2006-05).

  105. 出原博. ``Webページ中のHTML構文解析による画像と画像説明文を対応付けるための文章抽出手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2006-02).

  106. 長屋務. ``WWWロボットを用いてキーワードに適合する住所とその関連情報を収集し地図上に提示する検索システムの開発''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2006-02).

  107. 森本泰貴. ``Google Maps APIを応用したロボット型住所情報検索システムにおけるインターフェース部の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  108. 野田貴司. ``計算機の余剰計算能力を利用するマスタワーカ並列プログラムを容易に開発するためのフレームワークの実装''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2006-02).

  109. 永瀬智哉. ``格子基底縮小アルゴリズムLLLの並列性能のPCクラスタ上での評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2006-02).

  110. 峰久也. ``分散処理プラットフォームBOINCに対するスケジューリングアルゴリズムRRの実装によるグリッド余剰計算力の消費量の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  111. Kensuke Muraki. ``Proposal and Evaluation of Grid Resource Monitoring and Selection for Rapid Turnaround Applications''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2006-02).

  112. 田中裕也. ``グリッド環境において過去の計算結果を実行時に再利用するための機構の検討''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2006-02).

  113. 五味田遵. ``GPUを用いる高速な2次元/3次元剛体位置合わせ手法の実装と性能評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  114. 前野滝授. ``グラフィクスハードウェアを用いたモルフォロジー演算の高速化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  115. 衿木高広. ``協調学習における相互参照可能な電子ノートの更新を動的に通知する手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2006-02).

  116. 置田真生. ``大規模なメッセージ通信並列プログラムに対する実行履歴の生成およびデバッグ支援''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2006-01).

  117. 永安大輔. ``GPUを用いた時系列ボリュームレンダリングにおける2段階圧縮による転送時間削減''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).

  118. 田中邦明. ``デスクトップグリッド環境におけるプロセッサ速度の予測情報の誤差を考慮した独立粗粒度タスク集合の動的スケジューリングアルゴリズムの比較''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2005-02).

  119. 松井学. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の実現''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2005-02).

  120. 合田圭吾. ``GPUによる高速な2次元/3次元剛体位置合わせのための設計と予備評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).

  121. 小谷裕基. ``グリッドにおけるGPUの遊休状態を監視するためのシステムの設計''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).

  122. 三谷幸久. ``学習者の復習時における個人的要求に適応した電子ノートの推薦手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2005-02).

  123. 水谷泰治. ``マスタ・ワーカ型並列プログラムを高速に実行するためのコンパイラ支援に関する研究''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2005-01).

  124. 辻裕樹. ``適合文書内に現れる検索キーワード周辺の単語を重視した適合フィードバックの改善''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2004-02).

  125. 木村祐介. ``検索質問の自動翻訳により検索対象を広げたWWW画像検索システムの試作''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2004-02).

  126. 高尾昭則. ``計算グリッド上でのパラメータ・スウィープ計算の動的スケジューリングのための近似アルゴリズム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2004-02).

  127. 塚本淳. ``グリッドスケジューリングのための近似アルゴリズムRRの実験的評価:通信遅延の性能への影響''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2004-02).

  128. Yasuhiro Kawasaki. ``Developing Remote Parallel Processing System for Intraoperative Image Processing''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2004-02).

  129. 土屋博之. ``デスクトップグリッドにおける資源割当のための高速な余剰計算能力評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2004-02).

  130. 神戸友樹. ``メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2004-02).

  131. 東浦俊文. ``共有された電子ノート間の継承関係を用いて検索性を向上するビデオ学習支援システム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2004-02).

  132. Fumihiko Ino. ``Analyzing the Behavior of Message Passing Parallel Programs for Performance Improvement''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2004-01).

  133. 河村一史. ``最小値関数を用いて適合度を算出するNRA検索アルゴリズムの改善''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2003-02).

  134. 奥畑健. ``Google Web APIの利用により内部データベースを用いない画像検索エンジンの試作と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).

  135. Akira Takeuchi. ``Image Compositing Methods for Sort-Last Parallel Rendering: Static Load-balancing and Dynamic Scheduling Approaches''. Master's thesis, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, (2003-02).

  136. 松井学. ``累積不透明度のプロセッサ間共有による並列ボリュームレンダリングの計算量削減''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).

  137. 譚林. ``計算ノードの速度変化と故障があるグリッド環境における粗粒度独立タスク集合のスケジューリング''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2003-02).

  138. 大山寛郎. ``非剛体を対象とした画像位置合わせの並列化およびデータ分散手法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2003-02).

  139. 楠木祐子. ``時系列画像から得られる変位情報を利用した3次元医用画像位置合わせの精度向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).

  140. Masao Okita. ``Design and Implementation of Faulty Process Localization Method for Debugging Message Passing Programs''. Master's thesis, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, (2003-02).

  141. 平野秀明. ``他の学習者が作成したノートを利用して自己学習を補完するビデオ学習支援システム''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2003-02).

  142. 川崎裕也. ``類似利用者情報とビデオスペクトルによるビデオ教材推薦システム''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).

  143. 杉尾敏康. ``WWWに対するマルチメディアデータ検索エンジンのHTML構文を活かしたスコア付け手法の提案と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2002-02).

  144. 佐々木智充. ``高解像度ボリュームレンダリングを高速化するための分散メモリ環境向けの並列化手法''. 大阪大学基礎工学部修士論文, (2002-02).

  145. 川崎康博. ``分散メモリ環境上のマスター・スレーブ型並列分枝限定法のためのタスク粒度調整手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  146. 多田貴志. ``遅延制約を考慮した直並列グラフに対するタスクスケジューリング''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2002-02).

  147. 山本裕己. ``一対一プロセッサ間通信の一括化を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズムの提案と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2002-02).

  148. 高尾昭則. ``通信ライブラリMPIにおける集合通信の通信実行時間予測方法の提案''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  149. 神戸友樹. ``MPI並列プログラムにおける同期待ちの要因解析ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  150. 藤本寛史. ``ビデオアーカイブを利用した学習の支援システム''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2002-02).

  151. 東浦俊文. ``コードレビューにおける注釈の付加履歴を参照できるコード理解支援ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  152. 河村一史. ``単語分割手法を用いたWWW並列全文検索システムにおける質問構造を考慮した検索アルゴリズム''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  153. 速水賢史. ``WWW並列全文検索システムにおけるインデックスの文書分割手法と単語分割手法の評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  154. 大山寛郎. ``分散メモリ型並列計算機において大規模なデータを扱う並列再帰のコンパイル手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  155. 水谷泰治. ``並列再帰におけるプロセッサグループ分割法の提案とWork-Time C言語処理系への実装''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  156. 西村晃一. ``タスクスケジューリングアルゴリズムBCSHを並列処理により大規模細粒度グラフに適用するためのグラフ分割手法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  157. 永渕武. ``ユーザ定義表示機能を持つタスクスケジューリングアルゴリズム開発支援システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  158. 山崎良太. ``通信と計算のオーバラップ手法に着目したMPIプログラムの自動コード変換''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  159. 置田真生. ``実行時の通信異常検出機能を持つ並列プログラムデバッグ支援ツールの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  160. 野田潤. ``履歴木を用いて過去の描画を参照可能な電子ホワイトボードシステム''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  161. 平野秀明. ``会合情報記録検索システムReSPoMにおけるマルチメディア議事録作成部の実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  162. 倉本到. ``計算機ネットワークを用いた発想系会合支援システムに関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2001-01).

  163. 藤本寛史. ``フラクタル画像圧縮におけるブロック数制御による4分木分割法の画質と圧縮率の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-03).

  164. 澤田雅人. ``スケーラビリティを考慮した並列型全文検索システムの構築とその評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  165. 大江計史. ``WorldWideWebにおけるロボット型検索システムの収集ロボットの並列化''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  166. 田中直樹. ``データ並列言語Work-Time C処理系における通信の一括化の実装と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  167. 中島大輔. ``並列再帰の実行方式を指定可能なWork-Time C言語処理系の作成, 修士論文''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  168. 森雅博. ``並列計算モデル BSP に基づくスケジュールの特性量と実行性能の関係''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  169. 中西知嘉子. ``並列処理マシンにおける投機的実行支援に関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2000-02).

  170. 藤本典幸. ``分散メモリ型並列計算機におけるタスクスケジューリングに関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2000-02).

  171. 井上勝行. ``教育的効果の向上を目指したソフトウェア可視化に関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2000-02).

  172. 橋本貴至. ``タスクスケジューリングを用いた並列プログラム生成におけるタスク粒度の調整とコード生成手法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  173. 山本裕己. ``性能保証のあるタスクスケジューリングアルゴリズムPTSの生成解における使用プロセッサ数削減手法の提案''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  174. 杉尾敏康. ``JPEG圧縮アルゴリズムにおけるブロック比較法の改善と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  175. 伊野文彦. ``MPI並列プログラムを対象とした性能改善支援システムの開発と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  176. 多田貴志. ``PCクラスタの稼働率を向上させるジョブ制御機構とウェブブラウザを用いた利用環境の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  177. 中山貴夫. ``WWW情報の全文検索システムにおける情報収集部の並列化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1999-02).

  178. 増山智久. ``通信ライブラリMPIを用いた並列プログラムのサイクリックデータ分散時における通信最適化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1999-02).

  179. 小河原徹. ``Work-Time C処理系における並列再帰の動的負荷分散を用いた実装法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1999-02).

  180. 馬場大樹. ``メッセージ通信型並列プログラムのためのタスクスケジューリングアルゴリズムの開発''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1999-02).

  181. 杉野陽一. ``並列プログラム用性能解析システムにおける性能改善支援機能の開発''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1999-02).

  182. 山崎良太. ``並列プログラムの性能改善支援機能を持つ性能解析システムにおける視覚化部の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1999-02).

  183. 野田潤. ``会合記録作成支援システムにおける発言と自筆メモに着目した記録インターフェイスの開発と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1999-02).

  184. 品田豊明. ``独立プログラム群をCOW上で並列実行する動的負荷分散システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  185. 岸部祥典. ``SPMDプログラムを生成するデータ並列言語Work-Time C処理系の作成と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1998-02).

  186. 日隈康. ``分散メモリ型並列計算機のためのタスクスケジューリングアルゴリズム - 通信の一括化に適したスケジュ-ルの作成''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1998-02).

  187. 荻寛志. ``3次元表示を用いたタスクスケジュール性能解析システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  188. 橋本貴至. ``MPMDプログラム生成系の作成と実行効率の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  189. 伊野文彦. ``性能ボトルネック検索機能を持つ並列プログラム性能解析システムにおけるインターフェース部の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  190. 塩見淳子. ``並列計算機を用いたアルゴリズム評価支援システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

  191. 木南浩司. ``高水準データ並列言語Work-Time Cのコンパイラのためのタスクのプロセッサへの割当を考慮した同期削減ツールの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

  192. 乾和弘. ``アニメーションを用いた統合的なアルゴリズム学習支援環境''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1997-02).

  193. 喜多淳一郎. ``標準メッセージ通信ライブラリMPIを用いた並列プログラミング言語Work-Time Cの実装''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1997-02).

  194. 軍場大輔. ``分散環境下での実行ログを用いた分散処理可視化システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

  195. 馬場大樹. ``通信遅延を考慮したスケジューリングアルゴリズム開発支援システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

受賞

  1. 浅井崚. xSIG 2017 Poster Award, (2017-04).

  2. 三谷康晃. 電子情報通信学会コンピュータシステム研究会 2015年度研究会優秀若手講演賞, (2016-08).

  3. 池田圭. IEEE関西支部 第11回学生研究奨励賞, (2015-02).

  4. 伊野文彦. 大阪大学 第3回総長奨励賞 研究部門, (2014-07).

  5. 萩原兼一. 大阪大学 第3回総長顕彰 教育部門, (2014-07).

  6. 楠堂航. 情報処理学会 2014年度コンピュータサイエンス領域奨励賞, (2014-07).

  7. 伊野文彦. 船井情報科学振興財団 第13回船井学術賞, (2014-04).

  8. 黒松信行. 第11回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2013)優秀若手研究賞, (2013-05).

  9. 伊野文彦, 宗川裕馬, 萩原兼一. 電気通信普及財団 第28回テレコムシステム技術賞, (2013-03).

  10. Fumihiko Ino. IEEE Computer Society Japan Chapter Young Author Award 2012, (2012-12).

  11. 奥山倫弘. IEEE関西支部 第7回学生研究奨励賞, (2011-02).

  12. 奥山倫弘. 大阪大学情報科学研究科賞, (2010-03).

  13. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. Best Papers of the 6th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2008), (2009-12).

  14. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. 24 Graphics Selection, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2008-2009, (2009-11).

  15. 伊野文彦. 情報処理学会 平成20年度山下記念研究賞, (2009-03).

  16. 岩根良輔. ソネットエンタテインメント株式会社「リコメンデーションサービスコンテスト」アイデア賞, (2009-01).

  17. 伊野文彦. 大阪大学大学院情報科学研究科 第2回嵩賞, (2008-11).

  18. 奥山倫弘. 情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会学生奨励賞, (2008-10).

  19. 森本泰貴. 大阪大学情報科学研究科賞, (2008-03).

  20. 森本泰貴. 電気通信普及財団 第23回テレコムシステム技術学生賞, (2008-03).

  21. 永安大輔. 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 2005年度優秀研究発表賞, (2006-07).

  22. 長屋務. 第17回データ工学ワークショップ(DEWS 2006)優秀プレゼンテーション賞, (2006-03).

  23. 松井学. 電気通信普及財団 第20回テレコムシステム技術学生賞, (2005-03).

  24. 松井学. 大阪大学情報科学研究科賞, (2005-03).

  25. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yasuharu Mizutani, Noriyuki Fujimoto, Toshihiko Sasama, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Sugano, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. 10 Papers Selection, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2003-2004, (2004-11).

  26. 松井学. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2004)最優秀若手研究賞, (2004-05).

  27. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2004)最優秀論文賞, (2004-05).

  28. 藤本典幸. 船井情報科学振興財団 第3回船井情報科学奨励賞, (2004-03).

  29. 川崎康博. 大阪大学情報科学研究科賞, (2004-03).

  30. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yasuharu Mizutani, Noriyuki Fujimoto, Toshihiko Sasama, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. Best Paper Award of the 10th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2003), (2003-12).

  31. 置田真生. 電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞, (2003-03).

  32. 佐々木智充. 映像情報メディア学会 第5回研究奨励賞, (2002-11).

招待講演

  1. 伊野文彦. ``並列計算の現状と産業応用について''. 産業・社会向けソリューションを支えるIoTと機械学習シンポジウム, (2017-02).

  2. 伊野文彦. ``アクセラレータシステムの研究動向''. 電子情報通信学会2015年総合大会講演論文集, (2015-03).

  3. Fumihiko Ino. ``The Past, Present, and Future of GPU-Accelerated Grid Computing''. In Proceedings of the 1st International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2013), pp. 17--21, (2013-12).
    [DOI]

  4. 伊野文彦. ``CUDAプログラミング入門''. 第2回ユニットコム×NVIDIA CUDAトレーニング, (2012-09).

  5. 伊野文彦. ``遊休GPUを用いて科学計算を高速化するGPUグリッドについて''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会, (2011-09).

  6. 伊野文彦. ``CUDAによる動的計画法の高速化''. 神戸大学GPUセミナー, (2011-03).

  7. Fumihiko Ino, Toshihiro Matsuda, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Iterative Stencil Computations on the GPU''. In 6th International Workshop on Parallel Matrix Algorithms and Applications, (2010-07).

  8. 萩原兼一. ``GPUによる医用画像処理の高速化について''. 応用物理学会情報フォトニクス研究グループ第2回GPUフォトニクス研究会, (2010-03).

  9. 萩原兼一. ``GPUコンピューティングにおける高速化 -医用画像処理を例として-''. 精密工学会画像応用技術専門委員会研究会報告, Vol. 24, No. 4, pp. 1--10, (2009-11).

  10. 萩原兼一. ``GPGPUによる医用画像処理について''. 第9回並列生物情報処理イニシアティブシンポジウム(IPAB 2008), (2008-10).

  11. 萩原兼一. ``GPUを用いた非描画処理GPGPUのHPCとしての可能性について''. 第46回超並列計算研究会, (2007-10).

  12. Fumihiko Ino, Seiji Yoshida, and Kenichi Hagihara. ``GPU-accelerated volume reconstruction''. In Joint JSPS-SNSF Seminar on Computer Aided Surgery: Present State and Future Technical and Clinical Challenges, (2007-09).

  13. 伊野文彦. ``汎用アクセラレータとしてGPUを駆使する試みGPGPUについて''. サイエンティフィック・システム研究会HPCフォーラム2007, (2007-08).

  14. 伊野文彦. ``最新のGPU(Graphics Processing Unit)を用いた汎用処理の高速化''. 名古屋大学FCSコロキウム, (2007-03).

  15. 萩原兼一. ``医用画像処理の並列処理による高速化について''. 情報処理学会研究報告, 2005-AL-102, p. 33, (2005-09).

  16. 伊野文彦. ``ハイパフォーマンスコンピューティングによる医用画像処理の高速化''. 第4回神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センターセミナー, (2004-12).

  17. 伊野文彦, 大山寛郎, 萩原兼一. ``PCクラスタによる非剛体位置合わせの高速化''. 第22回日本医用画像工学会大会抄録集, (2003-07). 8 pages (CD-ROM).

著書・解説

  1. 置田真生. ``GPU Spectrometer:電波天文学のための実時間広帯域信号解析システム''. 生産と技術, Vol. 63, No. 1, pp. 67--71, (2011-01).

  2. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``A Decompression Pipeline for Accelerating Out-of-Core Volume Rendering of Time-Varying Data''. Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2008-2009, Vol. 10, p. 49, (2009-12).

  3. 伊野文彦. ``家庭用ゲーム機を科学技術計算に駆使する''. 生産と技術, Vol.59, No.4, pp. 35--37, (2007-10).

  4. 萩原兼一. ``GPGPUへの期待''. In R&D News Kansai, No.439, p. 1, (2007-07).

  5. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Toward Performance Guarantee of Dynamic Task Scheduling of a Parameter Sweep Application onto a Computational Grid''. In High-Performance Computing: Paradigm and Infrastructure, pp. 333--348. Wiley-Interscience, (2005-11).

  6. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``High-Performance Computing Service Over the Internet for Intraoperative Image Processing''. Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2003-2004, Vol. 5, pp. 18--21, (2004-12).

  7. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Task Scheduling of a Complete K-ary Tree with Communication Delays''. In Recent Advances in Computers, Computing and Communications, pp. 1--6. WSEAS Press, (2002).

  8. Noriyuki Fujimoto, Takashi Hashimoto, Masahiro Mori, and Kenichi Hagihara. ``On the Performance Gap between a Task Schedule and Its Corresponding Parallel Program''. In Parallel and Distributed Computing for Symbolic and Irregular Applications, pp. 271--287. World Scientific, (2000).