32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Yuji Misaki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Cache-aware, In-place Rotation Method for Texture-based Volume Rendering''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E100-D, No. 3, pp. 452--461, (2017-03).
    [DOI]
  2. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Cache-Aware GPU Optimization for Out-of-Core Cone Beam CT Reconstruction of High-Resolution Volumes''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 12, pp. 3060--3071, (2016-12).
    [DOI]
  3. Takuya Ikuzawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Reducing Memory Usage by the Lifting-based Discrete Wavelet Transform with a Unified Buffer on a GPU''. Journal of Parallel and Distributed Computing, Vol. 93/94, pp. 44--55, (2016-07).
    [DOI]

国際会議録

  1. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC Directives for Out-of-Core Stencil Computation with Temporal Blocking''. In Proceedings of the 3rd Workshop on Accelerator Programming Using Directives (WACCPD 2016), pp. 36--45, Salt Lake City, UT, USA, (2016-11).
    [DOI]
  2. Ryotaro Sakai, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Towards Automating Multi-dimensional Data Decomposition for Executing a Single-GPU Code on a Multi-GPU System''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Networking and Computing (CANDAR 2016), pp. 408--414, Hiroshima, Japan, (2016-11). Presented at the 4th International Workshop on Computer Systems and Architectures (CSA 2016).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

口頭発表

  1. 玉田晃寛, 伊野文彦, 萩原兼一. ``セルフレジのための複数始点画像からの深層学習による商品識別''. 電子情報通信学会2017総合大会講演論文集, D-12-28, p. xx, (2017-03).
  2. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アウトオブコア・ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのためのアクセラレータ向けディレクティブPACC''. In Poster in the 6th GPU Technology Conference (GTC Japan 2016), (2016-10).
  3. 角田優貴, 置田真生, 萩原兼一. ``数式の依存グラフを仕様とするOpenMPプログラムのメモリ参照効率向上''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 9 pages.
  4. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アウトオブコア・ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのためのアクセラレータ向けディレクティブ''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 7 pages.
  5. 酒井亮太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``単一GPUコードをマルチGPU環境で実行するための多次元データ分割手法の検討''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 7 pages.
  6. 米尾謙史, 置田真生, 萩原兼一. ``並列分散処理基盤 Apache Spark における系譜つき中間データに対する効果的なメモリ内キャッシュ指示の検討''. 第16回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2016), p. 55, (2016-06).
  7. 安井一貴, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上の16ビット整数表現によるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化の検討''. 第16回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2016), p. 58, (2016-06).

学位論文

  1. 岡田惇平. ``分枝限定型アルゴリズムPrefixSpanの二段階並列処理におけるフェーズ遷移条件の改善''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2017-02).
  2. 石田祐二郎. ``並列プログラム生成系Flintにおけるベクトル型計算機SX-ACE向け高性能コードの生成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).
  3. 西川直樹. ``依存グラフ分割に基づく並列化におけるより細かい分割を利用した負荷分散の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).
  4. 御前雄嗣. ``適応的なデータ並べ替えによるボリュームレンダリングの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2017-02).
  5. Yuechao Lu. ``Cache-Aware GPU Optimization for Out-of-Core Cone Beam Reconstruction of High-Resolution CT Volume''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2017-02).
  6. Nobuhiro Miki. ``A Directive-based Programming Framework for Out-of-Core Stencil Computation on Accelerators''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2017-02).
  7. 塚田敬司. ``GPUシステムにおいてサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).
  8. 玉田晃寛. ``商品識別のための複数視点画像を用いる深層学習の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

受賞

  1. 三谷康晃. 電子情報通信学会コンピュータシステム研究会 2015年度研究会優秀若手講演賞, (2016-08).

招待講演

  1. 伊野文彦. ``並列計算の現状と産業応用について''. 産業・社会向けソリューションを支えるIoTと機械学習シンポジウム, (2017-02).

著書・解説