32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. 伊野文彦, 佐々木智充, 竹内彰, 萩原兼一. ``投影面分割に基づく階層的な画像合成手法を用いた並列ボリュームレンダリング''. 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. 3, pp. 857--867, (2003-03).
  2. 置田真生, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール''. 情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 43, No. SIG 6(HPS 5), pp. 88--98, (2002-09). 電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞.

国際会議録

  1. Akira Takeuchi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Improvement on Binary-Swap Compositing for Sort-Last Parallel Rendering''. In Proceedings of the 18th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2003), pp. 996--1002, Melbourne, FL, USA, (2003-03).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 置田真生, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール''. 第14回並列処理シンポジウム論文集(JSPP 2002), pp. 225--232, (2002-05).

口頭発表

  1. 大山寛郎, 竹内彰, 伊野文彦, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機を用いた非剛体レジストレーションの並列化''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2002-113, pp. 5--10, (2003-01).
  2. 川崎康博, 大山寛郎, 水谷泰治, 竹内彰, 藤本典幸, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MI-Cluster:術中医用画像処理を実現するPCクラスタシステム''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2002-72, pp. 17--22, (2002-11).
  3. 川崎康博, 大山寛郎, 水谷泰治, 竹内彰, 藤本典幸, 伊野文彦, 笹間俊彦, 佐藤嘉伸, 菅野伸彦, 米延策雄, 田村進一, 越智隆弘, 萩原兼一. ``術中における対話的な医用画像処理のための遠隔並列計算環境の構築 --- 手術支援Gridの実現に向けて ---''. 第12回コンピュータ支援画像診断学会大会/第11回日本コンピュータ外科学会大会 合同論文集, pp. 7--8, (2002-11).

学位論文

  1. Akira Takeuchi. ``Image Compositing Methods for Sort-Last Parallel Rendering: Static Load-balancing and Dynamic Scheduling Approaches''. Master's thesis, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, (2003-02).
  2. 松井学. ``累積不透明度のプロセッサ間共有による並列ボリュームレンダリングの計算量削減''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).
  3. 大山寛郎. ``非剛体を対象とした画像位置合わせの並列化およびデータ分散手法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2003-02).
  4. 楠木祐子. ``時系列画像から得られる変位情報を利用した3次元医用画像位置合わせの精度向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).
  5. Masao Okita. ``Design and Implementation of Faulty Process Localization Method for Debugging Message Passing Programs''. Master's thesis, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, (2003-02).

受賞

  1. 置田真生. 電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞, (2003-03).
  2. 佐々木智充. 映像情報メディア学会 第5回研究奨励賞, (2002-11).

招待講演

著書・解説