32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Fast Performance Prediction of Master-Slave Programs by Partial Task Execution''. WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol. 2, No. 2, pp. 202--208, (2005-02).
  2. Fumihiko Ino, Kanrou Ooyama, and Kenichi Hagihara. ``A Data Distributed Parallel Algorithm for Nonrigid Image Registration''. Parallel Computing, Vol. 31, No. 1, pp. 19--43, (2005-01).
    [DOI]
  3. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模データセットを可視化するための効率のよい並列ボリュームレンダリング''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 45, No. SIG 11(ACS 7), pp. 346--355, (2004-10). 電気通信普及財団 第20回テレコムシステム技術学生賞.
  4. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Evaluation of Performance Prediction Method for Master/Slave Parallel Programs''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E87-D, No. 4, pp. 967--975, (2004-04).

国際会議録

  1. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Fast Performance Prediction of Master-Slave Programs by Partial Task Execution''. In Proceedings of the 4th WSEAS International Conference on Software Engineering, Parallel and Distributed Systems (SEPADS 2005), Salzburg, Austria, (2005-02). 7 pages (CD-ROM).
  2. Manabu Matsui, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Parallel Volume Rendering with Early Ray Termination for Visualizing Large-Scale Datasets''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA 2004), Lecture Notes in Computer Science 3358, Springer-Verlag, pp. 245--256, Hong Kong, China, (2004-12).
    [DOI]
  3. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Sugano, Hideki Yoshikawa, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Estimation of Hip Range of Motion for Total Hip Replacement Surgery''. In Proceedings of the 7th International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention (MICCAI 2004), Part II, Lecture Notes in Computer Science 3217, Springer-Verlag, pp. 629--636, Saint-Malo, France, (2004-09).
    [DOI]
  4. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``A Performance Analysis Tool for Performance Debugging of Message Passing Parallel Programs''. In Proceedings of the 33rd International Conference on Parallel Processing Workshops (ICPP Workshops 2004), pp. 546--554, Montreal, Quebec, Canada, (2004-08).
    [DOI]
  5. Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``PerWiz: A What-If Prediction Tool for Tuning Message Passing Programs''. In Proceedings of the 6th International Conference on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR 2004), Lecture Notes in Computer Science 3402, Springer-Verlag, pp. 396--409, Valencia, Spain, (2004-06).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模データセットを可視化するための効率のよい並列ボリュームレンダリング''. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2004), pp. 93--101, (2004-05). 最優秀論文賞, 最優秀若手研究賞.

口頭発表

  1. 村木健介, 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``短時間処理向け資源管理を実現するためのGlobus Toolkitの性能評価''. 情報処理学会研究報告, 2005-HPC-101, pp. 79--84, (2005-03).
  2. 萩原兼一, 伊野文彦. ``高性能計算による医用画像処理の高速化''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第2回シンポジウム論文集, pp. II119--II124, (2005-03).
  3. 田中裕也, 伊野文彦, 北岡裕子, 萩原兼一. ``PCクラスタを用いた並列非剛体位置合わせ手法の性能評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2004-54, pp. 19--24, (2005-01).
  4. 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの予備評価''. 第5回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウムポスター論文集(HPCS 2005), p. 20, (2005-01).
  5. 萩原兼一, 伊野文彦. ``GPU装備のPCクラスタによる医用画像の高性能計算に関する研究''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成16年度研究成果報告書A01新しいソフトウェアの実現, pp. 146--151, (2005-01).
  6. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUへの汎用処理実装に対する内部プロセッサ間命令移動による性能向上手法''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成16年度第2回A01研究会, (2004-11).
  7. 置田真生, 神戸友樹, 伊野文彦, 水谷泰治, 萩原兼一. ``PCクラスタにおける大規模並列プログラムおよびその開発支援に関する研究''. 北陸IT研究開発センター平成16年度研究成果発表会, (2004-10).
  8. 伊野文彦, 土屋博之, 萩原兼一. ``実時間グリッド計算のための資源割当システムの設計''. 第3回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT 2004), pp. 115--116, (2004-09).
  9. 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``部分的なタスク実行によるマスタスレーブ型並列プログラムの高速な性能予測''. 情報処理学会研究報告, 2004-HPC-98, pp. 13--18, (2004-04).
  10. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MPIプログラムにおける大規模な実行履歴生成の検討''. 情報処理学会研究報告, 2004-HPC-98, pp. 19--24, (2004-04).

学位論文

  1. 永安大輔. ``GPUを用いた時系列ボリュームレンダリングにおける2段階圧縮による転送時間削減''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).
  2. 松井学. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の実現''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2005-02).
  3. 合田圭吾. ``GPUによる高速な2次元/3次元剛体位置合わせのための設計と予備評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).
  4. 小谷裕基. ``グリッドにおけるGPUの遊休状態を監視するためのシステムの設計''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).
  5. 水谷泰治. ``マスタ・ワーカ型並列プログラムを高速に実行するためのコンパイラ支援に関する研究''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2005-01).

受賞

  1. 松井学. 電気通信普及財団 第20回テレコムシステム技術学生賞, (2005-03).
  2. 松井学. 大阪大学情報科学研究科賞, (2005-03).
  3. Yasuhiro Kawasaki, Fumihiko Ino, Yasuharu Mizutani, Noriyuki Fujimoto, Toshihiko Sasama, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Sugano, Shinichi Tamura, and Kenichi Hagihara. 10 Papers Selection, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2003-2004, (2004-11).
  4. 松井学. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2004)最優秀若手研究賞, (2004-05).
  5. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2004)最優秀論文賞, (2004-05).

招待講演

  1. 伊野文彦. ``ハイパフォーマンスコンピューティングによる医用画像処理の高速化''. 第4回神戸バイオテクノロジー研究・人材育成センターセミナー, (2004-12).

著書・解説

  1. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``High-Performance Computing Service Over the Internet for Intraoperative Image Processing''. Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2003-2004, Vol. 5, pp. 18--21, (2004-12).