32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けの反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J98-D, No. 11, pp. 1365--1373, (2015-11).
  2. Daiki Okada, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating the Smith-Waterman Algorithm with an Interpair Pruning Method for All-Pairs Comparison of Base Sequences''. BMC Bioinformatics, Vol. 16, No. 321, (2015-10). 15 pages.
    [DOI]
  3. Shohei Ando, Fumihiko Ino, Toru Fujiwara, and Kenichi Hagihara. ``Enumerating Joint Weight of a Binary Linear Code Using Parallel Architectures: multi-core CPUs and GPUs''. International Journal of Networking and Computing, Vol. 5, No. 2, pp. 290--303, (2015-07).
    [DOI]

国際会議録

  1. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Applying Temporal Blocking to Out-of-Core Stencil Computation with OpenACC''. In Proceedings of the Work in Progress Session held in connection with the 24th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2016), Heraklion, Greece, (2016-02). 2 pages.
  2. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An OpenACC Optimizer for Accelerating Histogram Computation on a GPU''. In Proceedings of the 24th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2016), pp. 466--477, Heraklion, Greece, (2016-02).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

口頭発表

  1. Ryotaro Sakai, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Preliminary Estimation on Automating Multi-dimensional Data Decomposition for Multi-GPU Systems''. In Poster in the 2nd Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI 2016), (2016-01).
  2. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenACCを用いたアウトオブコア・ステンシル計算に対するテンポラルブロッキングの適用''. In Poster in the 5th GPU Technology Conference (GTC Japan 2015), (2015-09).
  3. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``文字列探索アルゴリズムShift-Or法の結合性を利用した高速化''. In Poster in the 5th GPU Technology Conference (GTC Japan 2015), (2015-09).
  4. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenACCを用いたアウトオブコア・ステンシル計算に対するテンポラルブロッキングの適用''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-150, (2015-08). 8 pages.
  5. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``接頭部和計算に基づく近似文字列探索の並列化''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2015-39, pp. 229--234, (2015-08).
  6. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ヒストグラム生成を高速化するためのOpenACCオプティマイザの検討''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-150, (2015-08). 9 pages.

学位論文

  1. 高木研太朗. ``MapReduceにおける中間データの経過に基づくパーティション割り当ての実行時最適化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).
  2. 米尾謙史. ``並列分散処理基盤Apache Sparkにおける系譜つき中間データに対する効果的なメモリ内キャッシュ指示の分析''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).
  3. 金津穂. ``軽量仮想化プロセスのバースト起動における総初期化時間の最小化のための起動間隔時間の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).
  4. 中村亜希. ``生体機能シミュレータFlintにおける並列シミュレーションコード生成の高速化およびコードレベルでの初期値設定機能の実装''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).
  5. 角田優貴. ``数式の依存グラフを仕様とする並列プログラム生成系における生成プログラムのメモリ参照効率の向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).
  6. 加藤知愛. ``アクセラレータ向けコードチューニング規則の合成を可能とするトランスレータ''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).
  7. Yasuaki Mitani. ``Parallelizing Approximate String Matching by Prefix Summing on a GPU''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2016-02).
  8. 酒井亮太郎. ``GPU上の大規模な多次元データのためのデータ分割自動化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).
  9. 安井一貴. ``GPU上の半精度表現によるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).
  10. 池田圭. ``大規模なメッセージ通信並列プログラムに対する実行履歴の生成およびデバッグ支援''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2016-01).

受賞

招待講演

著書・解説