32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``LogGPS:メッセージ通信プロトコルの切り替えを考慮した高水準通信ライブラリ向けの並列計算モデル''. 情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 42, No. SIG 9(HPS 3), pp. 145--157, (2001-08).

国際会議録

  1. Fumihiko Ino, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``LogGPS: A Parallel Computational Model for Synchronization Analysis''. In Proceedings of the 8th ACM SIGPLAN Symposium on Principles and Practice of Parallel Programming (PPoPP 2001), pp. 133--142, Snowbird, UT, USA, (2001-06).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``LogGPS:同期コストを解析するための並列計算モデル''. 第13回並列処理シンポジウム論文集(JSPP 2001), pp. 47--54, (2001-06).

口頭発表

  1. 佐々木智充, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機による高解像度ボリュームレンダリング''. 映像情報メディア学会技術報告, VIS2002-81, pp. 7--12, (2002-03). 映像情報メディア学会 第5回研究奨励賞.

学位論文

  1. 佐々木智充. ``高解像度ボリュームレンダリングを高速化するための分散メモリ環境向けの並列化手法''. 大阪大学基礎工学部修士論文, (2002-02).
  2. 神戸友樹. ``MPI並列プログラムにおける同期待ちの要因解析ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

受賞

招待講演

著書・解説