32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Ko Kusudo, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Bit-Parallel Algorithm for Searching Multiple Patterns with Various Lengths''. Journal of Parallel and Distributed Computing, Vol. 76, pp. 49--57, (2015-02).
    [DOI]
  2. 安藤翔平, 伊野文彦, 藤原融, 萩原兼一. ``結合重み分布を高速に計算するための並列手法''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J97-D, No. 9, pp. 1471--1480, (2014-09).
  3. Tomohiro Okuyama, Masao Okita, Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai, Hiroaki Kitano, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating ODE-based Simulation of General and Heterogeneous Biophysical Models using a GPU''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 25, No. 8, pp. 1966--1975, (2014-08).
    [DOI]
  4. Fumihiko Ino, Yosuke Oka, and Kenichi Hagihara. ``A Fine Grained Cycle Sharing System with Cooperative Multitasking on GPUs''. International Journal of Networking and Computing, Vol. 4, No. 2, pp. 236--250, (2014-07).
    [DOI]
  5. Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Hideki Oka, Masao Okita, Ken ichi Hagihara, Samik Ghosh, Yukiko Matsuoka, Yoshihisa Kurachi, Taishin Nomura, and Hiroaki Kitano. ``A Versatile Platform for Multilevel Modeling of Physiological Systems: SBML-PHML Hybrid Modeling and Simulation''. Advanced Biomedical Engineering, Vol. 3, pp. 50--58, (2014-05).
    [DOI]
  6. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Improving Cache Locality for GPU-based Volume Rendering''. Parallel Computing, Vol. 40, No. 5/6, pp. 59--69, (2014-05).
    [DOI]
  7. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Efficient Acceleration of Mutual Information Computation for Nonrigid Registration Using CUDA''. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, Vol. 18, No. 3, pp. 956--968, (2014-05).
    [DOI]

国際会議録

  1. Yasuaki Mitani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Towards Realizing Topology Mutation for Iterative Graph Processing on a GPU''. In Poster in the 6th GPU Technology Conference (GTC 2015), San Jose, CA, USA, (2015-03).
  2. Shohei Ando, Fumihiko Ino, Toru Fujiwara, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Algorithm for Enumerating Joint Weight of a Binary Linear Code in Network Coding''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Networking and Computing (CANDAR 2014), pp. 137--143, Shizuoka, Japan, (2014-12).
    [DOI]
  3. Tomochika Kato, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``PACC: An Extension of OpenACC for Pipelined Processing of Large Data on a GPU''. In Poster in the 27th International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC 2014), New Orleans, LA, USA, (2014-11). Best Poster Award Finalist.

国内会議録(査読付)

口頭発表

  1. 永井美穂, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 北野宏明, 萩原兼一. ``生体シミュレーションサービスFlint K3における高性能計算に向けて''. 情報処理学会第77回全国大会, (2015-03). 2 pages.
  2. 御前雄嗣, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングを高速化するためのin-place回転によるキャッシュヒット率の向上''. 情報処理学会第77回全国大会, 1J-07, (2015-03). 2 pages.
  3. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``離散ウェーブレット変換のGPU実装における入力の上書きによるメモリ使用量削減''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-148, (2015-03). 8 pages.
  4. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``単一アクセラレータ上の大規模ステンシル計算におけるテンポラルブロッキングの検討''. In Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI 2015), (2015-01). 2 pages.
  5. 岡田大輝, 伊野文彦, 萩原兼一. ``遺伝子配列の全対比較のための枝刈りによるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2014-BIO-40, (2014-12). 6 pages.
  6. Fumihiko Ino, Akihito Nakano, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC for Pipelined Execution of Large Datasets''. In JST/CREST International Symposium on Post Petascale System Software (ISP2S2 2014), (2014-12).
  7. 中村亜希, 吉川禎, 置田真生, 萩原兼一. ``大規模生体モデルを対象とする Flint シミュレーションコードの並列生成''. 平成26年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, D-05, (2014-09). 7 pages.
  8. Fumihiko Ino, Akihito Nakano, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC for Pipelined Processing of Large Data on a GPU''. In Special Session on Legacy HPC Application Migration (LHAM 2014), (2014-09).
  9. 伊野文彦, 中野瑛仁, 萩原兼一. ``大規模データをパイプライン処理するためのディレクティブとそのトランスレータ''. In Poster in the 4th GPU Technology Conference (GTC Japan 2014), (2014-07).
  10. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けの反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 情報処理学会研究報告, 2014-HPC-145, (2014-07). 7 pages.

学位論文

  1. Yu Terada. ``Accelerating Application in MapReduce by Transparently Unifying Redundant Intermediate Data''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2015-02).
  2. 岡田惇平. ``インメモリ指向の分散データ処理基盤Apache Sparkを用いた反復型アルゴリズムPrefixSpanの実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).
  3. 大越雄一. ``大規模生体モデルの分割変換および統合による単一GPU向けシミュレーションコード生成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).
  4. 永井美穂. ``クラウド型生体シミュレーションサービスFlint K3のためのジョブ並列化の実装および並列度の推薦''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).
  5. 御前雄嗣. ``GPUを用いたボリュームレンダリングを高速化するためのin-place回転によるキャッシュヒット率の向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).
  6. 安藤翔平. ``2元線形符号の効率的な結合重み分布計算およびその並列化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).
  7. 生澤拓也. ``GPU上で離散ウェーブレット変換を高速化するためのメモリ使用量の削減''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).
  8. 岡田大輝. ``塩基配列の全対比較のための枝刈りによるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).
  9. 南翔太. ``GPU上でマルチタスク実行を自動化するためのプログラム変換手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).
  10. 三木脩弘. ``GPU上の大規模ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのディレクティブによる実現の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

受賞

  1. 池田圭. IEEE関西支部 第11回学生研究奨励賞, (2015-02).
  2. 伊野文彦. 大阪大学 第3回総長奨励賞 研究部門, (2014-07).
  3. 萩原兼一. 大阪大学 第3回総長顕彰 教育部門, (2014-07).
  4. 楠堂航. 情報処理学会 2014年度コンピュータサイエンス領域奨励賞, (2014-07).
  5. 伊野文彦. 船井情報科学振興財団 第13回船井学術賞, (2014-04).

招待講演

  1. 伊野文彦. ``アクセラレータシステムの研究動向''. 電子情報通信学会2015年総合大会講演論文集, (2015-03).

著書・解説