32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, Kentaro Oita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. Concurrency and Computation: Practice and Experience, Vol. 24, No. 1, pp. 96--107, (2012-01).
    [DOI]
  2. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによる高速な全変動最小化''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J94-D, No. 5, pp. 852--861, (2011-05).
  3. 池田孝利, 宮本弘之, 伊野文彦, 萩原兼一. ``手書き文字認識向けニューラルネットワークモデルのGPUによる高速化''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 4, No. 3, pp. 88--99, (2011-05).

国際会議録

  1. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Improving Cache Locality for Ray Casting with CUDA''. In Proceedings of the 25th International Conference on Architecture of Computing Systems Workshops (ARCS Workshops 2012), Lecture Notes in Informatics P-200, Gesellschaft für Informatik, pp. 339--350, Munich, Germany, (2012-02). Presented at the 3rd Workshop on Parallel Programming and Run-Time Management Techniques for Many-core Architectures (PARMA 2012).
  2. Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, Hideki Oka, Takeshi Abe, Masao Okita, Ken-Ichi Hagihara, and Hiroaki Kitano. ``An Open Platform toward Large-scale Multilevel Modeling and Simulation of Physiological Systems''. In Proceedings of the 11th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011), pp. 250--255, Munich, Germany, (2011-07). Presented at the 2nd Workshop on High Speed Network and Computing Environments (HSNCE 2011).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

口頭発表

  1. 福井伸弥, 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``並列生体シミュレータ insilicoSim におけるエージェント割り当て手法''. 2012年電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-6-6, (2012-03). 2 pages.
  2. 岡田啓佑, 伊野文彦, 萩原兼一. ``遺伝子配列に対するペアワイズアライメントのGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2012-BIO-28, (2012-03). 2 pages.
  3. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-133, (2012-03). 8 pages.
  4. 坪内佑樹, 置田真生, 伊野文彦, 山川聡, 柏木岳彦, 萩原兼一. ``重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-133, (2012-03). 7 pages.
  5. 置田真生, 奥山倫弘, 福井伸弥, 松井龍, 安部武志, Eric Heien, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``異種混合生体シミュレータinsilicoSimの自動並列化''. 第24回バイオエンジニアリング講演会論文集, (2012-01). 2 pages.
  6. 津崎圭亮, 鳥野翔太, 岡本達秀, 置田真生, 萩原兼一, 野村泰伸, 林田祐樹, 八木哲也. ``In sillico 1次視覚野神経回路''. 第24回バイオエンジニアリング講演会論文集, (2012-01). 2 pages.
  7. 重岡謙太朗, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたパラメタスイープアプリケーションの並列化手法の評価''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 74, (2012-01).
  8. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDA互換GPUにおける高速なストリーム処理のためのタスクスケジューリングアルゴリズムの検討''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 70, (2012-01).
  9. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``正規化相互情報量に基づく非剛体位置合わせのCUDAによる高速化''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2011-98, pp. 115--120, (2012-01).
  10. 坪内佑樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大量データに対するSHA-1計算のSSEによるスループット向上の検討''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 77, (2012-01).
  11. Tomohiro Okuyama, Masao Okita, Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating General and Heterogeneous Biophysical Simulation Using the GPU Interpreter for Solving ODEs''. In Proceedings of the 4th Global COE International Symposium on Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine, (2011-11). 1 pages.
  12. 松井龍, 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``汎用生体シミュレータinsilicoSimにおける生体モデル内の依存関係に着目したスケジューリング''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-04, (2011-09). 7 pages.
  13. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおけるオーバヘッドの小さいタイムスタンプ記録手法の検討''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-06, (2011-09). 3 pages.
  14. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた高速な非剛体位置合わせの検討''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-05, (2011-09). 2 pages.
  15. 井上佑希, 置田真生, 萩原兼一. ``系列パターン抽出のMapReduce実装におけるタスク分割方式の検討''. 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-130, (2011-07). 7 pages.
  16. 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. ``インタプリタ型汎用生体シミュレータinsilicoSimのGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-130, (2011-07). 8 pages.
  17. 杉本祐樹, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングにおける効率的なテクスチャ参照''. 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-130, (2011-07). 6 pages.
  18. 黒松信行, 置田真生, 萩原兼一. ``Hadoopにおけるジョブトラッカの耐故障機能の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 235--236, (2011-05).
  19. 杉本祐樹, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングにおける効率的なテクスチャ参照の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 231--232, (2011-05).
  20. 岡陽介, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けマルチタスキングにおけるオーバヘッド削減の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 219--220, (2011-05).

学位論文

  1. 古谷達朗. ``MapReduceフレームワークの詳細な実行記録を取得するためのイベントベースプロファイラ''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).
  2. 松井龍. ``生体機能記述言語ISMLのモデル構造に着目した時間発展型並列シミュレータの自動チューニング''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).
  3. 福井伸弥. ``動的エージェントモデルを対象とした並列生体シミュレータinsilicoSimの開発''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).
  4. 吉川禎. ``汎用生体モデルにおける数式の類似性に着目したシミュレーションコードの生成と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).
  5. Muhammad Ismail Faruqi. ``Acceleration of Variance of Color Differences-Based Demosaicing Using CUDA''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2012-02).
  6. 神田裕士. ``CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).
  7. 岡田啓佑. ``遺伝子配列に対するペアワイズアライメントのGPUにおける高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).
  8. Kei Ikeda. ``Accelerating Mutual Information Computation for Nonrigid Registration using CUDA''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2012-02).
  9. 中野瑛仁. ``CUDA互換GPUにおける高速なストリーム処理のためのタスクスケジューラ''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).
  10. 坪内佑樹. ``重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).
  11. 重岡謙太朗. ``パラメータスイープを高速化するためのCUDAによる並列化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).
  12. 池田孝利. ``畳み込み演算を応用したアプリケーションのGPUによる高速化に関する研究''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2011-08).

受賞

招待講演

  1. 伊野文彦. ``遊休GPUを用いて科学計算を高速化するGPUグリッドについて''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会, (2011-09).

著書・解説