32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Jingcheng Shen, Kentaro Shigeoka, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``GPU-based Branch-and-Bound Method to Solve Large 0-1 Knapsack Problems with Data-centric Strategies''. Concurrency and Computation: Practice and Experience, Vol. 31, No. 4, (2019-02). e4954.
    [DOI]
  2. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``PACC: A Directive-based Programming Framework for Out-of-Core Stencil Computation on Accelerators''. International Journal of High Performance Computing and Networking, Vol. 13, No. 1, pp. 19--34, (2019-01).
    [DOI]

国際会議録

  1. Keishi Tsukada and Fumihiko Ino. ``A Method for Estimating Task Granularity for Automating GPU Cycle Sharing''. In Proceedings of the 7th International Conference on Network, Communication and Computing (ICNCC 2018), pp. 133--139, Taipei, Taiwan, (2018-12).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

口頭発表

  1. 比嘉慎哉, 置田真生, 萩原兼一, 伊野文彦. ``GPUプログラムにおける静的参照関係を表すハイパーグラフの分割を用いた参照効率のよいデータ配置''. 情報処理学会研究報告, 2019-HPC-168, No.15, (2019-03). 8 pages.
  2. 木村和郎, 比嘉慎哉, 置田真生, 伊野文彦. ``対称巡回セールスマン問題に対するHeld-Karpアルゴリズムの高速化''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2018-84, pp. 31--36, (2018-12).
  3. 石田祐二郎, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``並列プログラム自動生成における間接参照の削減によるベクトル計算機向けメモリ参照効率化''. 第14回情報科学ワークショップ会議録(WTCS 2018), pp. 153--156, (2018-09).
  4. 沈靖程, 重岡謙太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上で大規模ナップザック問題を解くためのアウトオブコア計算手法''. 第14回情報科学ワークショップ会議録(WTCS 2018), pp. 150--152, (2018-09).
  5. 石田祐二郎, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``並列プログラム自動生成におけるベクトル計算機向けメモリ参照効率化のための間接参照の削減''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2018-20, pp. 115--120, (2018-07).
  6. Jingcheng Shen, Kentaro Shigeoka Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Out-of-core CPU-GPU Cooperative B&B Solver for the Large Knapsack Problem''. In The 2nd Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2018), (2018-05).

学位論文

  1. 宮本悠一朗. ``ヒトゲノム表現型解析を高速化するためのビット並列探索とループ交換手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2019-02).
  2. 石田祐二郎. ``ベクトル計算機SX-ACEにおける主記憶アクセスパターンの改善''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2019-02).
  3. 西川直樹. ``依存グラフ解析に基づく並列化における負荷分散を優先したグラフ分割''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2019-02).
  4. 比嘉慎哉. ``GPUプログラムにおける静的参照関係を表すハイパーグラフの分割に基づくキャッシュ効率のよいデータ配置''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2019-02).
  5. Jingcheng Shen. ``An Out-of-Core Branch and Bound Method to Solve Large 0-1 Knapsack Problems on a GPU with Reduced Data Transfer''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2019-02).
  6. 塚田敬司. ``GPUサイクル共有システムにおける分散深層学習の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2019-02).
  7. 木村和郎. ``対称巡回セールスマン問題に対するHeld-Karp アルゴリズムの高速化と計算量解析''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2019-02).
  8. 谷本識心. ``テンポラルブロッキングによるGPU向け大規模ステンシル計算の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2019-02).

受賞

招待講演

  1. Fumihiko Ino. ``PACC: A Directive-based Approach for Accelerating Out-of-Core Stencil Applications on the GPU''. In 3rd International Workshop on GPU Computing and AI (GCA 2018), (2018-11).
  2. 伊野文彦. ``GPUコンピューティング技術に関わる産学共創の紹介''. バイオグリッド研究会2018, (2018-05).

著書・解説