32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Yuki Kotani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Resource Selection System for Cycle Stealing in GPU Grids''. Journal of Grid Computing, Vol. 6, No. 4, pp. 399--416, (2008-12).
    [DOI]
  2. 吉田征司, 伊野文彦, 西野和義, 萩原兼一. ``GPUによる高速なコーンビーム再構成:円軌道装置のためのRGBAデータへの詰め込み''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 1, No. 3, pp. 41--53, (2008-12).
  3. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Decompression Pipeline for Accelerating Out-of-Core Volume Rendering of Time-Varying Data''. Computers and Graphics, Vol. 32, No. 3, pp. 350--362, (2008-06).
    [DOI]

国際会議録

  1. Fumihiko Ino, Seiji Yoshida, and Kenichi Hagihara. ``RGBA Packing for Fast Cone Beam Reconstruction on the GPU''. In Proceedings of the SPIE Medical Imaging (MI 2009), Vol. 7258, Orlando, FL, USA, (2009-02). 8 pages (CD-ROM).
    [DOI]
  2. Yusuke Okitsu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Cone Beam Reconstruction Using the CUDA-enabled GPU''. In Proceedings of the 15th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2008), Lecture Notes in Computer Science 5374, Springer-Verlag, pp. 108--119, Bangalore, India, (2008-12).
    [DOI]
  3. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Task Parallel Algorithm for Computing the Costs of All-Pairs Shortest Paths on the CUDA-compatible GPU''. In Proceedings of the 6th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2008), pp. 284--291, Sydney, Australia, (2008-12). Selected as one of the best papers.
    [DOI]
  4. Yuma Munekawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Design and Implementation of the Smith-Waterman Algorithm on the CUDA-Compatible GPU''. In Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Bioinformatics and Bioengineering (BIBE 2008), BI-8-1-3, Athens, Greece, (2008-10). 6 pages (CD-ROM).
    [DOI]
  5. Yasuyuki Suzuki, Yoshiyuki Asai, Toshihiro Kawazu, Masao Nakanishi, Yoshiyuki Taniguchi, Eric Heien, Kenichi Hagihara, Yoshihisa Kurachi, and Taishin Nomura. ``A Platform for in silico Modeling of Physiological Systems II. CellML Compatibility and Other Extended Capabilities''. In Proceedings of the 30th Int'l Conf. the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2008), pp. 573--576, Vancouver, British Columbia, Canada, (2008-08).
    [DOI]
  6. Taishin Nomura, Yoshiyuki Asai, Kenichi Hagihara, and Yoshihisa Kurachi. ``An open platform for physiome and systems biology: insilicoML and IDE as a CellML compatible model sharing environment''. In Proceedings of SIAM Conf. the Life Sciences (LS 2008), p. 16, Montreal, Quebec, Canada, (2008-08).

国内会議録(査読付)

  1. Eric Heien, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE''. 第9回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2009), pp. 1--8, (2009-01).

口頭発表

  1. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるTotal Variation Minimization法の高速化''. 電子情報通信学会2009総合大会講演論文集, D-11-80, p. 80, (2009-03).
  2. 荻田章博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUグリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための制御手法''. 情報処理学会研究報告, 2009-OS-110, pp. 107--112, (2009-01).
  3. 本窪田昌也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによるパラメータスイープアプリケーションの高速化の検討''. 第9回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2009), p. 41, (2009-01).
  4. 荻田章博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上の複数アプリケーション実行時におけるフレームレートを維持する手法の検討''. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pp. 41--42, (2008-10).
  5. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたフロイド‐ワーシャル法の高速化''. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pp. 35--38, (2008-10). 情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会学生奨励賞.
  6. 鈴木康之, 浅井義之, Eric Heien, 中西正夫, 浦井誉仁, 岡秀樹, 萩原兼一, 倉智嘉久, 野村泰伸. ``生体機能モデリング統合開発環境insilico IDEの開発''. 生体医工学シンポジウム2008講演予稿集, pp. 378--381, (2008-09).
  7. 浅井義之, 鈴木康之, 木戸善之, 岡秀樹, Eric Heien, 中西正夫, 萩原兼一, 倉智嘉久, 野村泰伸. ``生体生理機能の多階層的モデル記述言語insilicoML 1.0の開発''. 生体医工学シンポジウム2008講演予稿集, pp. 383--384, (2008-09).
  8. 浅井義之, 河津俊宏, 中西正夫, 鈴木康之, Eric Heien, 萩原兼一, 倉智嘉久, 野村泰伸. ``多階層性オブジェクト指向アーキテクチャを実装した生体機能モデリングプラットフォーム --- in silico IDE ---''. 第47回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集, p. 652, (2008-05).
  9. 中西正夫, 浅井義之, Eric Heien, 萩原兼一, 野村泰伸. ``生体機能モデリング統合プラットフォーム(in silico IDE)を用いた脊髄神経回路網動態の大規模シミュレーション''. 第47回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集, p. 506, (2008-05).

学位論文

  1. 高田祐輔. ``複数並列計算環境で実行可能なMapReduceのPythonを用いた実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).
  2. 荻田章博. ``GPUグリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための協調的マルチタスク手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2009-02).
  3. 本窪田昌也. ``CUDAによるパラメータ・スイープアプリケーションの高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).
  4. 松田俊広. ``GPUを用いた全変動の最小化による画像ノイズの実時間除去''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).
  5. 中川進太. ``CUDAプログラムの実行をデータ転送とオーバラップさせるためのミドルウェア''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

受賞

  1. 伊野文彦. 情報処理学会 平成20年度山下記念研究賞, (2009-03).
  2. 伊野文彦. 大阪大学大学院情報科学研究科 第2回嵩賞, (2008-11).
  3. 奥山倫弘. 情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会学生奨励賞, (2008-10).

招待講演

  1. 萩原兼一. ``GPGPUによる医用画像処理について''. 第9回並列生物情報処理イニシアティブシンポジウム(IPAB 2008), (2008-10).

著書・解説