32;331;0c 発表論文 | 大阪大学 大学院情報科学研究科 並列処理工学講座

MENU

発表論文

年度ごと

ALL - 2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016
2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006
2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

種別ごと

学術論文 | 国際会議録 | 国内会議録(査読付) | 口頭発表 | 学位論文 | 受賞 | 招待講演 | 著書・解説

学術論文

  1. Yusuke Okitsu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``High-Performance Cone Beam Reconstruction Using CUDA Compatible GPUs''. Parallel Computing, Vol. 36, No. 2/3, pp. 129--141, (2010-02).
    [DOI]
  2. Fumihiko Ino, Yuki Kotani, Yuma Munekawa, and Kenichi Hagihara. ``Harnessing the Power of Idle GPUs for Acceleration of Biological Sequence Alignment''. Parallel Processing Letters, Vol. 19, No. 4, pp. 513--533, (2009-12).
    [DOI]
  3. Eric Heien, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``Optimization Techniques for Parallel Biophysical Simulations Generated by insilicoIDE''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 2, No. 2, pp. 131--143, (2009-07).

国際会議録

  1. Eric Heien, Masao Okita, Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, and Kenichi Hagihara. ``insilicoSim: an Extendable Engine for Parallel Heterogeneous Biophysical Simulations''. In Proceedings of the 3rd International Conference on Simulation Tools and Techniques (SIMUTools 2010), Malaga, Spain, (2010-03).
  2. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. In Poster in the 22nd International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC 2009), Portland, OR, USA, (2009-11).
  3. Toshihiro Matsuda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Total Variation Minimization Using the GPU''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 23rd International Congress and Exhibition (CARS 2009), Springer-Verlag, p. S35, Berlin, Germany, (2009-06).
  4. Fumihiko Ino, Yuki Kotani, and Kenichi Hagihara. ``Harnessing the Power of Idle GPUs for Acceleration of Biological Sequence Alignment''. In Proceedings of the 23rd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2009), Rome, Italy, (2009-05). 8 pages (CD-ROM), Presented at the 2nd Workshop on Large-Scale Parallel Processing (LSPP 2009).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上での高速なブロック化フロイド・ワーシャル法''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), pp. 9--16, (2010-01).
  2. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによる高速な全変動最小化''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), pp. 1--8, (2010-01).

口頭発表

  1. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた逐次近似法によるコーンビーム再構成の高速化''. 電子情報通信学会2010総合大会講演論文集, D-16-7, p. 226, (2010-03).
  2. 老田健太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``文書作成および科学計算を両立するGPU向け協調マルチタスキングの検討''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), p. 63, (2010-01).
  3. 片山大河, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるOSEM再構成の高速化および精度評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2009-118, pp. 229--234, (2010-01).
  4. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAカーネルを時系列解析するための実行ログ生成ツールの検討''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), p. 62, (2010-01).
  5. 高田祐輔, Eric Heien, 置田真生, 萩原兼一. ``複数の並列計算環境に対応したMapReduceのPythonによる実装''. 情報処理学会研究報告, 2009-ARC-185, (2009-10). 7 pages.
  6. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUクラスタによる高速なアミノ酸配列データベース検索''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.
  7. 興津佑輔, 伊野文彦, 岸武人, 大西修平, 萩原兼一. ``GPUを用いたアウトオブコアなコーンビーム再構成の高速化''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.
  8. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェア''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.
  9. 本窪田昌也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによるパラメータ・スイープアプリケーションの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-120, (2009-06). 6 pages.
  10. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェアの検討''. 第7回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2009), p. 144, (2009-05).

学位論文

  1. 秋山茂樹. ``構文の規則性を利用したパックラット構文解析の並列化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).
  2. 宗川裕馬. ``タンパク質の相同性検索のために遊休GPUサイクルを活用する並列計算システム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).
  3. 片山大河. ``GPU向けメモリアクセスパターンを持つ高速なPET再構成''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).
  4. 奥山倫弘. ``GPU向けの自動性能チューニング技術を用いた全点対最短経路長計算の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).
  5. 興津佑輔. ``複数GPUによる大規模ボリューム向けコーンビーム再構成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).
  6. 神田裕士. ``CUDAプログラムの性能を解析するための実行履歴生成ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).
  7. 岡田啓佑. ``大規模な金融データのためのモンテカルロ・シミュレータのGPU実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).
  8. 老田健太郎. ``事務および科学アプリケーションを同時実行するためのGPU向け協調マルチタスキング''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).
  9. Eric Martin Heien. ``Techniques for Parallel Simulation of Large Scale Heterogeneous Biophysical Systems''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2010-01).

受賞

  1. 奥山倫弘. 大阪大学情報科学研究科賞, (2010-03).
  2. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. Best Papers of the 6th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2008), (2009-12).
  3. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. 24 Graphics Selection, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2008-2009, (2009-11).

招待講演

  1. 萩原兼一. ``GPUによる医用画像処理の高速化について''. 応用物理学会情報フォトニクス研究グループ第2回GPUフォトニクス研究会, (2010-03).
  2. 萩原兼一. ``GPUコンピューティングにおける高速化 -医用画像処理を例として-''. 精密工学会画像応用技術専門委員会研究会報告, Vol. 24, No. 4, pp. 1--10, (2009-11).

著書・解説

  1. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``A Decompression Pipeline for Accelerating Out-of-Core Volume Rendering of Time-Varying Data''. Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2008-2009, Vol. 10, p. 49, (2009-12).