大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻
並列処理工学講座 旧萩原研究室 [English]
ホーム -> 研究内容

研究内容

当研究室では,GPU・クラスタ・グリッドコンピューティングや医用画像処理 などのハイパフォーマンスコンピューティング技術の基礎理論から応用ソフト ウェアまでの幅広い研究を推進しています.独自の研究に加え,企業や大学と の共同研究や委託研究を通して,ソフトウェア開発の第一線で活躍できる優秀 な人材を育てようとしています.

是非,パンフレット発表論文研究設備をご覧ください.

推進中の研究テーマ

GPUによる汎用計算に関する研究

グリッドやクラウドによる大規模計算に関する研究

ディスプレイ画面を描画するための部品GPUを用いて,計算量の多い科学技術計算の高速化を目指しています. グラフィクス処理の枠を超えて, GPUの新しい応用ソフトウェアを開拓する点に面白さがあります.
詳細をみる
発表論文
ソースコード
多数の計算機を一つの仮想的なスーパーコンピュータとして統合し, 計算量の多い医用画像処理やデータマイニングの高速化を目指しています. 膨大な数の計算機を駆使するアルゴリズムやソフトウェア技術の開発に醍醐味があります.
詳細をみる
発表論文

大規模4次元データの可視化に関する研究

汎用生体シミュレータの高速化に関する研究

X線CTスキャナなどの時系列3次元データを直感的に理解するための可視化を目指しています. 数十GBを超える大規模データに対し,秒間10フレーム以上の実時間処理を達成する点にやりがいがあります.
詳細をみる
発表論文
生体に関する生理・病理を全てin silico(計算機上)でシミュレーションする並列ソフトウェア Flint を開発しています. 主に自動並列化に関する技術の研究に貢献しています.
詳細をみる
発表論文

過去に取り組んだ研究テーマ

並列プログラムの性能解析に関する研究

コンピュータを用いた学習支援に関する研究

分散メモリ型並列計算機上で並列プログラムの性能を引き出すための支援につ いて研究しています.開発支援ツールや性能予測手法などを実際の開発現場に 適用する過程に醍醐味があります.
詳細をみる
発表論文
近年増加している動画ファイルを用いた学習を取り上げ,受講者が互いに協力 し合って学習効率を上げるためのシステム開発を目指しています.学習者のニー ズを模索しながら,アイデアを形にしていく点がこの研究の醍醐味です.
詳細をみる
発表論文

グリッドのタスクスケジューリングに関する研究

ウェブ情報検索システムに関する研究

全体の計算をいくつかに分割し,それらを,いつ,どのプロセッサで実行する かを決めるタスクスケジューリングの問題に取り組んでいます.グリッドやク ラスタのための効率のよいスケジューリングが求められています.
詳細をみる(pdf)
発表論文
Googleに代表されるような,ウェブサイトに対する全文検索や画像検索システ ムにおける検索時間の短縮や検索精度の向上を目指しています.膨大な量のマ ルチメディアデータの中から必要な情報を見つけ出す技術は不可欠です.
詳細をみる
発表論文

並列化コンパイラに関する研究

分散メモリ型並列計算機上で並列再帰を効率よく実行する手法について研究し ました.負荷分散機能を持つ並列再帰の実行方式と,そのコンパイラを開発し ました.
発表論文

画像圧縮技術に関する研究

JPEG画像圧縮技術における画質の改良について研究しました.高品質な圧縮に 対し,より圧縮率の高い圧縮手法を開発しました.
発表論文

研究設備

こちらをご覧ください.