大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 並列処理工学講座 萩原研究室 [English]
ホーム -> 研究内容 -> 大規模4次元データの可視化に関する研究 -> 発表論文
構成員 研究内容 発表論文 研究生活 所在地 ローカル

学術論文

  1. Yuji Misaki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Cache-aware, In-place Rotation Method for Texture-based Volume Rendering''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E100-D, No. 3, pp. 452--461, (2017-03).
    [DOI]

  2. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Improving Cache Locality for GPU-based Volume Rendering''. Parallel Computing, Vol. 40, No. 5/6, pp. 59--69, (2014-05).
    [DOI]

  3. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Decompression Pipeline for Accelerating Out-of-Core Volume Rendering of Time-Varying Data''. Computers and Graphics, Vol. 32, No. 3, pp. 350--362, (2008-06).
    [DOI]

  4. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模データセットを可視化するための効率のよい並列ボリュームレンダリング''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 45, No. SIG 11(ACS 7), pp. 346--355, (2004-10). 電気通信普及財団 第20回テレコムシステム技術学生賞.

  5. Akira Takeuchi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Improved Binary-Swap Compositing for Sort-Last Parallel Rendering on Distributed Memory Multiprocessors''. Parallel Computing, Vol. 29, No. 11/12, pp. 1745--1762, (2003-11).
    [DOI]

  6. 伊野文彦, 佐々木智充, 竹内彰, 萩原兼一. ``投影面分割に基づく階層的な画像合成手法を用いた並列ボリュームレンダリング''. 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. 3, pp. 857--867, (2003-03).

国際会議録

  1. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Improving Cache Locality for Ray Casting with CUDA''. In Proceedings of the 25th International Conference on Architecture of Computing Systems Workshops (ARCS Workshops 2012), Lecture Notes in Informatics P-200, Gesellschaft für Informatik, pp. 339--350, Munich, Germany, (2012-02). Presented at the 3rd Workshop on Parallel Programming and Run-Time Management Techniques for Many-core Architectures (PARMA 2012).

  2. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Rendering of Time-Varying Volume Data Using a Single COTS PC''. In Proceedings of the 2nd International Conference on Computer Graphics Theory and Applications (GRAPP 2007), pp. 220--227, Barcelona, Spain, (2007-03).

  3. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Two-Stage Compression for Fast Volume Rendering of Time-Varying Scalar Data''. In Proceedings of the 4th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques in Australasia and Southeast Asia (GRAPHITE 2006), pp. 275--284, Kuala Lumpur, Malaysia, (2006-11).
    [DOI]

  4. Manabu Matsui, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Parallel Volume Rendering with Early Ray Termination for Visualizing Large-Scale Datasets''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA 2004), Lecture Notes in Computer Science 3358, Springer-Verlag, pp. 245--256, Hong Kong, China, (2004-12).
    [DOI]

  5. Fumihiko Ino, Tomomitsu Sasaki, Akira Takeuchi, and Kenichi Hagihara. ``A Divided-Screenwise Hierarchical Compositing for Sort-Last Parallel Volume Rendering''. In Proceedings of the 17th International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS 2003), Nice, France, (2003-04). 10 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  6. Akira Takeuchi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Improvement on Binary-Swap Compositing for Sort-Last Parallel Rendering''. In Proceedings of the 18th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2003), pp. 996--1002, Melbourne, FL, USA, (2003-03).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 永安大輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた時系列ボリュームレンダリングの2段階圧縮による高速化''. 3次元画像コンファレンス講演論文集(3DIC 2005), pp. 21--24, (2005-07).

  2. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模データセットを可視化するための効率のよい並列ボリュームレンダリング''. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2004), pp. 93--101, (2004-05). 最優秀論文賞, 最優秀若手研究賞.

口頭発表

  1. 御前雄嗣, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングを高速化するためのin-place回転によるキャッシュヒット率の向上''. 情報処理学会第77回全国大会, 1J-07, (2015-03). 2 pages.

  2. Yuki Sugimoto, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Acceleration Method for GPU-Based Volume Rendering by Localizing Texture Memory Reference''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-138, (2013-02). 7 pages.

  3. 杉本祐樹, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングにおける効率的なテクスチャ参照''. 情報処理学会研究報告, 2011-HPC-130, (2011-07). 6 pages.

  4. 杉本祐樹, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ボリュームレンダリングにおける効率的なテクスチャ参照の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 231--232, (2011-05).

  5. 山田真義, 伊野文彦, 萩原兼一. ``時系列ボリュームレンダリングの描画速度を調節するための非可逆圧縮手法''. 情報処理学会研究報告, 2010-CG-142, (2011-02). 6 pages.

  6. 辻顯, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大規模なマルチスケールボリュームレンダリングのための先読み手法の検討''. 電子情報通信学会2007総合大会講演論文集, D-11-90, p. 90, (2007-03).

  7. 永安大輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``時系列ボリュームを高速レンダリングするための2段階データ圧縮方法の性能および画質評価''. 情報処理学会研究報告, 2005-CG-121, pp. 115--120, (2005-11). 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 2005年度優秀研究発表賞.

  8. 池田孝利, 大西史泰, 伊野文彦, 萩原兼一. ``デスクトップ・ボリュームレンダリングのための解像度制御によるビデオメモリ使用量削減''. 情報処理学会研究報告, 2003-CG-113, pp. 39--44, (2003-11).

  9. 松井学, 竹内彰, 伊野文彦, 萩原兼一. ``累積不透明度の伝搬による並列ボリュームレンダリングの計算量削減''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2003-21, pp. 13--18, (2003-08).

  10. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``PCクラスタを用いた医用画像の並列処理について''. IT連携フォーラムOACIS 第8回技術座談会, (2003-07).

  11. 佐々木智充, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機による高解像度ボリュームレンダリング''. 映像情報メディア学会技術報告, VIS2002-81, pp. 7--12, (2002-03). 映像情報メディア学会 第5回研究奨励賞.

学位論文

  1. 御前雄嗣. ``適応的なデータ並べ替えによるボリュームレンダリングの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2017-02).

  2. 御前雄嗣. ``GPUを用いたボリュームレンダリングを高速化するためのin-place回転によるキャッシュヒット率の向上''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

  3. Yuki Sugimoto. ``A Cache-Aware Method for GPU-Based Volume Rendering''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2013-02).

  4. 山田真義. ``時系列ボリュームの描画速度を調節するための非可逆圧縮手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  5. 杉本祐樹. ``ボリュームレンダリングにおけるテクスチャキャッシュヒット率の向上手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  6. Daisuke Nagayasu. ``Pipelined Data Decompression for Fast Out-of-Core Rendering of Time-Varying Scalar Volume''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2007-02).

  7. 辻顯. ``マルチスケールボリュームデータの高速なアウトオブコアレンダリングのための先読みの検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2007-02).

  8. 永安大輔. ``GPUを用いた時系列ボリュームレンダリングにおける2段階圧縮による転送時間削減''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).

  9. Akira Takeuchi. ``Image Compositing Methods for Sort-Last Parallel Rendering: Static Load-balancing and Dynamic Scheduling Approaches''. Master's thesis, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, (2003-02).

  10. 松井学. ``累積不透明度のプロセッサ間共有による並列ボリュームレンダリングの計算量削減''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2003-02).

  11. 佐々木智充. ``高解像度ボリュームレンダリングを高速化するための分散メモリ環境向けの並列化手法''. 大阪大学基礎工学部修士論文, (2002-02).

受賞

  1. Daisuke Nagayasu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. 24 Graphics Selection, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2008-2009, (2009-11).

  2. 永安大輔. 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 2005年度優秀研究発表賞, (2006-07).

  3. 松井学. 電気通信普及財団 第20回テレコムシステム技術学生賞, (2005-03).

  4. 松井学. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2004)最優秀若手研究賞, (2004-05).

  5. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. 第2回先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2004)最優秀論文賞, (2004-05).

  6. 佐々木智充. 映像情報メディア学会 第5回研究奨励賞, (2002-11).

著書・解説

  1. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``A Decompression Pipeline for Accelerating Out-of-Core Volume Rendering of Time-Varying Data''. Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2008-2009, Vol. 10, p. 49, (2009-12).