大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 並列処理工学講座 伊野研究室 [English]
ホーム -> 研究内容 -> GPUによる汎用計算に関する研究 -> 発表論文
構成員 研究内容 発表論文 研究生活 所在地 ローカル

学術論文

  1. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``PACC: A Directive-based Programming Framework for Out-of-Core Stencil Computation on Accelerators''. International Journal of High Performance Computing and Networking, Vol. xx, No. xx, pp. xx--xx, (2017-xx).

  2. Yasuaki Mitani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Parallelizing Exact and Approximate String Matching via Inclusive Scan on a GPU''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 28, No. 7, pp. 1989--2002, (2017-07).
    [DOI]

  3. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Cache-Aware GPU Optimization for Out-of-Core Cone Beam CT Reconstruction of High-Resolution Volumes''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 12, pp. 3060--3071, (2016-12).
    [DOI]

  4. Takuya Ikuzawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Reducing Memory Usage by the Lifting-based Discrete Wavelet Transform with a Unified Buffer on a GPU''. Journal of Parallel and Distributed Computing, Vol. 93/94, pp. 44--55, (2016-07).
    [DOI]

  5. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けの反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J98-D, No. 11, pp. 1365--1373, (2015-11).

  6. Daiki Okada, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating the Smith-Waterman Algorithm with an Interpair Pruning Method for All-Pairs Comparison of Base Sequences''. BMC Bioinformatics, Vol. 16, No. 321, (2015-10). 15 pages.
    [DOI]

  7. Shohei Ando, Fumihiko Ino, Toru Fujiwara, and Kenichi Hagihara. ``Enumerating Joint Weight of a Binary Linear Code Using Parallel Architectures: multi-core CPUs and GPUs''. International Journal of Networking and Computing, Vol. 5, No. 2, pp. 290--303, (2015-07).
    [DOI]

  8. Ko Kusudo, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Bit-Parallel Algorithm for Searching Multiple Patterns with Various Lengths''. Journal of Parallel and Distributed Computing, Vol. 76, pp. 49--57, (2015-02).
    [DOI]

  9. 安藤翔平, 伊野文彦, 藤原融, 萩原兼一. ``結合重み分布を高速に計算するための並列手法''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J97-D, No. 9, pp. 1471--1480, (2014-09).

  10. Fumihiko Ino, Yosuke Oka, and Kenichi Hagihara. ``A Fine Grained Cycle Sharing System with Cooperative Multitasking on GPUs''. International Journal of Networking and Computing, Vol. 4, No. 2, pp. 236--250, (2014-07).
    [DOI]

  11. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Efficient Acceleration of Mutual Information Computation for Nonrigid Registration Using CUDA''. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, Vol. 18, No. 3, pp. 956--968, (2014-05).
    [DOI]

  12. Fumihiko Ino, Kentaro Shigeoka, Tomohiro Okuyama, Masaya Motokubota, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Scheme for Accelerating Parameter Sweep Applications on a GPU''. Concurrency and Computation: Practice and Experience, Vol. 26, No. 2, pp. 516--531, (2014-02).
    [DOI]

  13. Fumihiko Ino, Shinta Nakagawa, and Kenichi Hagihara. ``GPU-Chariot: A Programming Framework for Stream Applications Running on Multi-GPU Systems''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E96-D, No. 12, pp. 2604--2616, (2013-12).
    [DOI]

  14. 坪内佑樹, 伊野文彦, 置田真生, 山川聡, 柏木岳彦, 萩原兼一. ``重複排除ストレージのためのSHA-1計算システムのSSE命令による高スループット化''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J96-D, No. 10, pp. 2101--2109, (2013-10).

  15. 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUアクセラレータとその研究動向''. Medical Imaging Technology, Vol. 31, No. 3, pp. 147--152, (2013-05).
    [DOI]

  16. Fumihiko Ino, Yuma Munekawa, and Kenichi Hagihara. ``Sequence Homology Search Using Fine Grained Cycle Sharing of Idle GPUs''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 23, No. 4, pp. 751--759, (2012-04).
    [DOI]

  17. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Task Parallel Algorithm for Finding All-Pairs Shortest Paths Using the GPU''. International Journal of High Performance Computing and Networking, Vol. 7, No. 2, pp. 87--98, (2012-04).
    [DOI]

  18. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, Kentaro Oita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. Concurrency and Computation: Practice and Experience, Vol. 24, No. 1, pp. 96--107, (2012-01).
    [DOI]

  19. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによる高速な全変動最小化''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J94-D, No. 5, pp. 852--861, (2011-05).

  20. 池田孝利, 宮本弘之, 伊野文彦, 萩原兼一. ``手書き文字認識向けニューラルネットワークモデルのGPUによる高速化''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 4, No. 3, pp. 88--99, (2011-05).

  21. 片山大河, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるOSEM再構成の高速化および精度評価''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J93-D, No. 10, pp. 1958--1968, (2010-10).

  22. Yuma Munekawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Smith-Waterman Algorithm for Biological Database Search on CUDA-Compatible GPUs''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E93-D, No. 6, pp. 1479--1488, (2010-06).
    [DOI]

  23. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上での高速なブロック化フロイド・ワーシャル法''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 3, No. 2, pp. 57--66, (2010-06).

  24. Shinta Nakagawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Middleware for Efficient Stream Processing in CUDA''. Computer Science - Research and Development, Vol. 25, No. 1/2, pp. 41--49, (2010-05).
    [DOI]

  25. Yusuke Okitsu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``High-Performance Cone Beam Reconstruction Using CUDA Compatible GPUs''. Parallel Computing, Vol. 36, No. 2/3, pp. 129--141, (2010-02).
    [DOI]

  26. Fumihiko Ino, Yuki Kotani, Yuma Munekawa, and Kenichi Hagihara. ``Harnessing the Power of Idle GPUs for Acceleration of Biological Sequence Alignment''. Parallel Processing Letters, Vol. 19, No. 4, pp. 513--533, (2009-12).
    [DOI]

  27. Yuki Kotani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Resource Selection System for Cycle Stealing in GPU Grids''. Journal of Grid Computing, Vol. 6, No. 4, pp. 399--416, (2008-12).
    [DOI]

  28. 吉田征司, 伊野文彦, 西野和義, 萩原兼一. ``GPUによる高速なコーンビーム再構成:円軌道装置のためのRGBAデータへの詰め込み''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 1, No. 3, pp. 41--53, (2008-12).

  29. 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPGPUアプリケーションの開発を支援するための性能モデル''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 48, No. SIG 13(ACS 19), pp. 235--246, (2007-08).

  30. 五味田遵, 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 10, pp. 2947--2958, (2006-10).

  31. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUアプリケーションを高速化するための命令割当て方式''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 46, No. SIG 12(ACS 11), pp. 140--149, (2005-08).

  32. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の設計と実装''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 46, No. SIG 12(ACS 11), pp. 129--139, (2005-08).

国際会議録

  1. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, and Yasuyuki Matsushita. (Submitted).

  2. Masato Ito and Fumihiko Ino. ``An Automated Method for Generating Training Sets for Deep Learning Based Image Registration''. In Proceedings of 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC 2018), Volume 2: BIOIMAGING, Funchal, Portugal, (2018-01).

  3. Kazuki Yasui and Fumihiko Ino. ``Accelerating Scoring Computation of Smith-Waterman Algorithm with Mixed Word Length''. In Proceedings of the 11th International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2017), pp. 1916--1921, Kansas City, MO, USA, (2017-11). Presented at the 4th International Workshop on High Performance Computing on Bioinformatics (HPCB 2017).

  4. Jingcheng Shen, Kentaro Shigeoka Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Out-of-Core Branch and Bound for Solving the 0-1 Knapsack Problem on a GPU''. In Proceedings of the 17th International Conference on Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP 2017), Lecture Notes in Computer Science 10393, Springer-Verlag, pp. 254--267, Helsinki, Finland, (2017-08).
    [DOI]

  5. Fumihiko Ino, Yasuaki Mitani, and Kenichi Hagihara. ``cuShiftOr: String Matching with Prefix Summing on a GPU''. In Poster in the 8th GPU Technology Conference (GTC 2017), San Jose, CA, USA, (2017-05).

  6. Yuechao Lu, Fumihiko Ino, Yasuyuki Matsushita, and Kenichi Hagihara. ``RLAGPU: High-performance Out-of-Core Randomized Singular Value Decomposition on GPU''. In Poster in the 8th GPU Technology Conference (GTC 2017), San Jose, CA, USA, (2017-05).

  7. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC Directives for Out-of-Core Stencil Computation with Temporal Blocking''. In Proceedings of the 3rd Workshop on Accelerator Programming Using Directives (WACCPD 2016), pp. 36--45, Salt Lake City, UT, USA, (2016-11).
    [DOI]

  8. Ryotaro Sakai, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Towards Automating Multi-dimensional Data Decomposition for Executing a Single-GPU Code on a Multi-GPU System''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Networking and Computing (CANDAR 2016), pp. 408--414, Hiroshima, Japan, (2016-11). Presented at the 4th International Workshop on Computer Systems and Architectures (CSA 2016).
    [DOI]

  9. Nobuhiro Miki, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Applying Temporal Blocking to Out-of-Core Stencil Computation with OpenACC''. In Proceedings of the Work in Progress Session held in connection with the 24th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2016), Heraklion, Greece, (2016-02). 2 pages.

  10. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An OpenACC Optimizer for Accelerating Histogram Computation on a GPU''. In Proceedings of the 24th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2016), pp. 466--477, Heraklion, Greece, (2016-02).
    [DOI]

  11. Yasuaki Mitani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Towards Realizing Topology Mutation for Iterative Graph Processing on a GPU''. In Poster in the 6th GPU Technology Conference (GTC 2015), San Jose, CA, USA, (2015-03).

  12. Shohei Ando, Fumihiko Ino, Toru Fujiwara, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Algorithm for Enumerating Joint Weight of a Binary Linear Code in Network Coding''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Networking and Computing (CANDAR 2014), pp. 137--143, Shizuoka, Japan, (2014-12).
    [DOI]

  13. Tomochika Kato, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``PACC: An Extension of OpenACC for Pipelined Processing of Large Data on a GPU''. In Poster in the 27th International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC 2014), New Orleans, LA, USA, (2014-11). Best Poster Award Finalist.

  14. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``Fine-Grained Cycle Sharing of Idle GPUs for Homology Search''. In Poster in the 4th GPU Technology Conference (GTC 2013), San Jose, CA, USA, (2013-03).

  15. Muhammad Ismail Faruqi, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Acceleration of Variance of Color Differences-Based Demosaicing Using CUDA''. In Proceedings of the 10th International Conference on High Performance Computing and Simulation (HPCS 2012), pp. 503--510, Madrid, Spain, (2012-07). Nominated for the Outstanding Paper Award.
    [DOI]

  16. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Joint Histogram Computation for Image Registration on the GPU''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 26th International Congress and Exhibition (CARS 2012), Springer-Verlag, pp. S72--S73, Pisa, Italy, (2012-06).

  17. Kei Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Mutual Information Computation for Nonrigid Registration the GPU''. In Poster in the 3rd GPU Technology Conference (GTC 2012), San Jose, CA, USA, (2012-05).

  18. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Auto Tuned Floyd-Warshall Algorithm on the GPU''. In Proceedings of the Work in Progress Session held in connection with the 19th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2011), Ayia Napa, Cyprus, (2011-02). 2 pages.

  19. Masaya Motokubota, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Parameter-Sweep Applications Using CUDA''. In Proceedings of the 19th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Computing (PDP 2011), pp. 111--118, Ayia Napa, Cyprus, (2011-02).
    [DOI]

  20. Hirofumi Kondo, Eric Heien, Masao Okita, Dan Werthimer, and Kenichi Hagihara. ``A Multi-GPU Spectrometer System for Real-time Wide Bandwidth Radio Signal Analysis''. In Proceedings of the 8th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2010), pp. 594--604, Taipei, Taiwan, (2010-09).
    [DOI]

  21. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, Kentaro Oita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. In Proceedings of the 10th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing (CCGrid 2010), pp. 774--779, Melbourne, Australia, (2010-05). Presented at the 1st Frontiers of GPU, Multi and Many-Core System Workshop (FGMMS 2010).
    [DOI]

  22. Fumihiko Ino, Yusuke Okitsu, Taketo Kishi, Syuhei Ohnishi, and Kenichi Hagihara. ``Out-of-Core Cone Beam Reconstruction Using Multiple GPUs''. In Proceedings of the 7th IEEE International Symposium on Biomedical Imaging (ISBI 2010), pp. 792--795, Rotterdam, The Netherlands, (2010-04).
    [DOI]

  23. Fumihiko Ino, Akihiro Ogita, and Kenichi Hagihara. ``Cooperative Multitasking for GPU-Accelerated Grid Systems''. In Poster in the 22nd International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC 2009), Portland, OR, USA, (2009-11).

  24. Toshihiro Matsuda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Real-Time Total Variation Minimization Using the GPU''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 23rd International Congress and Exhibition (CARS 2009), Springer-Verlag, p. S35, Berlin, Germany, (2009-06).

  25. Fumihiko Ino, Yuki Kotani, and Kenichi Hagihara. ``Harnessing the Power of Idle GPUs for Acceleration of Biological Sequence Alignment''. In Proceedings of the 23rd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2009), Rome, Italy, (2009-05). 8 pages (CD-ROM), Presented at the 2nd Workshop on Large-Scale Parallel Processing (LSPP 2009).
    [DOI]

  26. Fumihiko Ino, Seiji Yoshida, and Kenichi Hagihara. ``RGBA Packing for Fast Cone Beam Reconstruction on the GPU''. In Proceedings of the SPIE Medical Imaging (MI 2009), Vol. 7258, Orlando, FL, USA, (2009-02). 8 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  27. Yusuke Okitsu, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Cone Beam Reconstruction Using the CUDA-enabled GPU''. In Proceedings of the 15th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2008), Lecture Notes in Computer Science 5374, Springer-Verlag, pp. 108--119, Bangalore, India, (2008-12).
    [DOI]

  28. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Task Parallel Algorithm for Computing the Costs of All-Pairs Shortest Paths on the CUDA-compatible GPU''. In Proceedings of the 6th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2008), pp. 284--291, Sydney, Australia, (2008-12). Selected as one of the best papers.
    [DOI]

  29. Yuma Munekawa, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Design and Implementation of the Smith-Waterman Algorithm on the CUDA-Compatible GPU''. In Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Bioinformatics and Bioengineering (BIBE 2008), BI-8-1-3, Athens, Greece, (2008-10). 6 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  30. Fumihiko Ino, Jun Gomita, Yasuhiro Kawasaki, and Kenichi Hagihara. ``A GPGPU Approach for Accelerating 2-D/3-D Rigid Registration of Medical Images''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA 2006), Lecture Notes in Computer Science 4330, Springer-Verlag, pp. 939--950, Sorrento, Italy, (2006-12).
    [DOI]

  31. Yuki Kotani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Resource Selection Method for Cycle Stealing in the GPU Grid''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications Workshops (ISPA Workshops 2006), Lecture Notes in Computer Science 4331, Springer-Verlag, pp. 769--780, Sorrento, Italy, (2006-12).
    [DOI]

  32. Fumihiko Ino, Jun Gomita, Yasuhiro Kawasaki, and Kenichi Hagihara. ``Fast 2-D/3-D Registration Using a Laptop PC with Commodity Graphics Hardware''. In Proceedings of Computer Assisted Radiology and Surgery: 20th International Congress and Exhibition (CARS 2006), Springer-Verlag, pp. 53--54, Osaka, Japan, (2006-06).

  33. Takatoshi Ikeda, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``A Code Motion Technique for Accelerating General-Purpose Computation on the GPU''. In Proceedings of the 20th IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium (IPDPS 2006), Rhodes Island, Greece, (2006-04). 10 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  34. Fumihiko Ino, Manabu Matsui, Keigo Goda, and Kenichi Hagihara. ``Performance Study of LU Decomposition on the Programmable GPU''. In Proceedings of the 12th International Conference on High Performance Computing (HiPC 2005), Lecture Notes in Computer Science 3769, Springer-Verlag, pp. 83--94, Goa, India, (2005-12).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上での高速なブロック化フロイド・ワーシャル法''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), pp. 9--16, (2010-01).

  2. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによる高速な全変動最小化''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), pp. 1--8, (2010-01).

  3. 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPGPUアプリケーションの開発を支援するための性能モデル''. 第5回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2007), pp. 27--34, (2007-05).

  4. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``モルフォロジー演算の高速化のためのGPU実装の比較''. 第10回Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム予稿集, pp. 239--244, (2006-06).

  5. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU内命令移動のための性能指標の実験的評価''. 第4回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2006), pp. 51--58, (2006-05).

  6. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUアプリケーションを高速化するための命令割当方式''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 7--16, (2005-05).

  7. 松井学, 伊野文彦, 萩原兼一. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の設計と実装''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 359--367, (2005-05).

口頭発表

  1. 塚田敬司, 伊野文彦. ``GPUサイクル共有システムにおいて深層学習フレームワークCNTKを実行する手法の検討''. In Poster in the 7th GPU Technology Conference (GTC Japan 2017), (2017-12).

  2. 塚田敬司, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法''. 情報処理学会研究報告, 2017-HPC-160, (2017-07). 7 pages.

  3. 伊藤眞人, 伊野文彦, 萩原兼一. ``深層学習を用いた画像位置合わせのための教師データの自動生成手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2017-28, pp. 11--16, (2017-07).

  4. 塚田敬司, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法の検討''. In The 1st Cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2017), (2017-04).

  5. 玉田晃寛, 伊野文彦, 萩原兼一. ``セルフレジのための複数始点画像からの深層学習による商品識別''. 電子情報通信学会2010総合大会講演論文集, D-12-28, p. xx, (2017-03).

  6. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アウトオブコア・ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのためのアクセラレータ向けディレクティブPACC''. In Poster in the 6th GPU Technology Conference (GTC Japan 2016), (2016-10).

  7. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アウトオブコア・ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのためのアクセラレータ向けディレクティブ''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 7 pages.

  8. 酒井亮太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``単一GPUコードをマルチGPU環境で実行するための多次元データ分割手法の検討''. 情報処理学会研究報告, 2016-HPC-155, (2016-08). 7 pages.

  9. 安井一貴, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上の16ビット整数表現によるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化の検討''. 第16回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2016), p. 58, (2016-06).

  10. Ryotaro Sakai, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Preliminary Estimation on Automating Multi-dimensional Data Decomposition for Multi-GPU Systems''. In Poster in the 2nd Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI 2016), (2016-01).

  11. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenACCを用いたアウトオブコア・ステンシル計算に対するテンポラルブロッキングの適用''. In Poster in the 5th GPU Technology Conference (GTC Japan 2015), (2015-09).

  12. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``文字列探索アルゴリズムShift-Or法の結合性を利用した高速化''. In Poster in the 5th GPU Technology Conference (GTC Japan 2015), (2015-09).

  13. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenACCを用いたアウトオブコア・ステンシル計算に対するテンポラルブロッキングの適用''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-150, (2015-08). 8 pages.

  14. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``接頭部和計算に基づく近似文字列探索の並列化''. 電子情報通信学会技術研究報告, CPSY2015-39, pp. 229--234, (2015-08).

  15. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``ヒストグラム生成を高速化するためのOpenACCオプティマイザの検討''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-150, (2015-08). 9 pages.

  16. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``離散ウェーブレット変換のGPU実装における入力の上書きによるメモリ使用量削減''. 情報処理学会研究報告, 2015-HPC-148, (2015-03). 8 pages.

  17. 三木脩弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``単一アクセラレータ上の大規模ステンシル計算におけるテンポラルブロッキングの検討''. In Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI 2015), (2015-01). 2 pages.

  18. 岡田大輝, 伊野文彦, 萩原兼一. ``遺伝子配列の全対比較のための枝刈りによるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2014-BIO-40, (2014-12). 6 pages.

  19. Fumihiko Ino, Akihito Nakano, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC for Pipelined Execution of Large Datasets''. In JST/CREST International Symposium on Post Petascale System Software (ISP2S2 2014), (2014-12).

  20. Fumihiko Ino, Akihito Nakano, and Kenichi Hagihara. ``An Extension of OpenACC for Pipelined Processing of Large Data on a GPU''. In Special Session on Legacy HPC Application Migration (LHAM 2014), (2014-09).

  21. 伊野文彦, 中野瑛仁, 萩原兼一. ``大規模データをパイプライン処理するためのディレクティブとそのトランスレータ''. In Poster in the 4th GPU Technology Conference (GTC Japan 2014), (2014-07).

  22. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けの反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 情報処理学会研究報告, 2014-HPC-145, (2014-07). 7 pages.

  23. 楠堂航, 伊野文彦, 萩原兼一. ``部分一致を含む文字列に対する探索のAVXによる高スループット化''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-143, (2014-03). 7 pages, 情報処理学会 2014年度コンピュータサイエンス領域奨励賞.

  24. 三谷康晃, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUにおいて動的グラフを高速処理するためのフレームワークの検討''. 第14回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2014), p. 34, (2014-01).

  25. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``アクセラレータのメモリ容量を超えるデータをパイプライン処理するためのディレクティブ''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-142, (2013-12). 8 pages.

  26. 南翔太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUサイクル共有システムのための遊休時間予測手法の比較''. 第12回情報科学技術フォーラム講演集(FIT 2013), 第1分冊, pp. 243--246, (2013-09).

  27. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAにおける離散ウェーブレット変換のIn-place処理のためのデータ並べ替え手法''. 平成25年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, D-01, (2013-09). 4 pages.

  28. 重岡謙太朗, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた分枝限定法におけるメモリ参照効率を高めるための配列パッキング手法''. 情報処理学会研究報告, 2013-HPC-141, (2013-09). 7 pages.

  29. 岡陽介, 伊野文彦, 萩原兼一. ``協調マルチタスキングを用いて短い遊休時間を活用するGPUグリッドシステムの提案''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-138, (2013-02). 6 pages.

  30. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``医用画像位置合わせを対象にした結合ヒストグラム生成のGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-138, (2013-02). 6 pages.

  31. 安藤翔平, 伊野文彦, 藤原融, 萩原兼一. ``GPUによる高速な結合重み分布生成の検討''. 第13回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2013), p. 80, (2013-01).

  32. 生澤拓也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``In-place処理に基づく離散ウェーブレット変換のCUDAによる高速化の検討''. 第13回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2013), p. 69, (2013-01).

  33. 重岡謙太朗, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUにおいてパラメータスイープを高速化するための並列方式''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-136, (2012-10). 8 pages.

  34. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``マルチGPU環境におけるストリーム処理を高速化するタスクスケジューラ''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-135, (2012-08). 7 pages.

  35. 岡田啓佑, 伊野文彦, 萩原兼一. ``遺伝子配列に対するペアワイズアライメントのGPUによる高速化''. 情報処理学会研究報告, 2012-BIO-28, (2012-03). 2 pages.

  36. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-133, (2012-03). 8 pages.

  37. 坪内佑樹, 置田真生, 伊野文彦, 山川聡, 柏木岳彦, 萩原兼一. ``重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法''. 情報処理学会研究報告, 2012-HPC-133, (2012-03). 7 pages.

  38. 重岡謙太朗, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたパラメタスイープアプリケーションの並列化手法の評価''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 74, (2012-01).

  39. 中野瑛仁, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDA互換GPUにおける高速なストリーム処理のためのタスクスケジューリングアルゴリズムの検討''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 70, (2012-01).

  40. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``正規化相互情報量に基づく非剛体位置合わせのCUDAによる高速化''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2011-98, pp. 115--120, (2012-01).

  41. 坪内佑樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``大量データに対するSHA-1計算のSSEによるスループット向上の検討''. 第12回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2012), p. 77, (2012-01).

  42. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおけるオーバヘッドの小さいタイムスタンプ記録手法の検討''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-06, (2011-09). 3 pages.

  43. 池田圭, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた高速な非剛体位置合わせの検討''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, E-05, (2011-09). 2 pages.

  44. 岡陽介, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU向けマルチタスキングにおけるオーバヘッド削減の検討''. 第9回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2011), pp. 219--220, (2011-05).

  45. 山中翔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる高速なBurrows-Wheeler変換の検討''. 第11回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2011), p. 77, (2011-01).

  46. 岡田啓佑, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上でストリーム処理を高速化するための性能モデルの検討''. 平成22年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, I-03, (2010-09). 2 pages.

  47. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``複数のCUDA互換GPUによるストリーム処理のためのミドルウェア''. 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-126, (2010-08). 8 pages.

  48. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAカーネルの性能を解析するための実行履歴生成ツール''. 情報処理学会研究報告, 2010-HPC-126, (2010-08). 7 pages.

  49. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた逐次近似法によるコーンビーム再構成の高速化''. 電子情報通信学会2010総合大会講演論文集, D-16-7, p. 226, (2010-03).

  50. 老田健太郎, 伊野文彦, 萩原兼一. ``文書作成および科学計算を両立するGPU向け協調マルチタスキングの検討''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), p. 63, (2010-01).

  51. 片山大河, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるOSEM再構成の高速化および精度評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2009-118, pp. 229--234, (2010-01).

  52. 神田裕士, 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAカーネルを時系列解析するための実行ログ生成ツールの検討''. 第10回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2010), p. 62, (2010-01).

  53. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUクラスタによる高速なアミノ酸配列データベース検索''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.

  54. 興津佑輔, 伊野文彦, 岸武人, 大西修平, 萩原兼一. ``GPUを用いたアウトオブコアなコーンビーム再構成の高速化''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.

  55. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェア''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-121, (2009-08). 6 pages.

  56. 本窪田昌也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによるパラメータ・スイープアプリケーションの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2009-HPC-120, (2009-06). 6 pages.

  57. 中川進太, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェアの検討''. 第7回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2009), p. 144, (2009-05).

  58. 松田俊広, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUによるTotal Variation Minimization法の高速化''. 電子情報通信学会2009総合大会講演論文集, D-11-80, p. 80, (2009-03).

  59. 荻田章博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUグリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための制御手法''. 情報処理学会研究報告, 2009-OS-110, pp. 107--112, (2009-01).

  60. 本窪田昌也, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによるパラメータスイープアプリケーションの高速化の検討''. 第9回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2009), p. 41, (2009-01).

  61. 荻田章博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU上の複数アプリケーション実行時におけるフレームレートを維持する手法の検討''. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pp. 41--42, (2008-10).

  62. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたフロイド‐ワーシャル法の高速化''. 平成20年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, pp. 35--38, (2008-10). 情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会学生奨励賞.

  63. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``統合開発環境CUDAを用いたGPUでの配列アライメントの高速化手法''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 13--18, (2008-03).

  64. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いた高速なモルフォロジー演算''. 情報処理学会研究報告, 2008-EVA-24, pp. 43--48, (2008-03).

  65. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる高速なコーンビーム再構成の実装と性能評価''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 115--120, (2008-03).

  66. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる全点対最短経路問題の高速化''. 情報処理学会研究報告, 2008-HPC-114, pp. 145--150, (2008-03).

  67. 宗川裕馬, 伊野文彦, 萩原兼一. ``OpenGLとの比較による配列アライメントのCUDA実装の検証''. 第8回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2008), p. 51, (2008-01).

  68. 吉田征司, 伊野文彦, 西野和義, 萩原兼一. ``GPUを用いたコーンビーム再構成の性能評価と精度検証''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2007-104, pp. 219--226, (2008-01).

  69. 興津佑輔, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAによる高速な逆投影処理の検討''. 第8回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2008), p. 59, (2008-01).

  70. 奥山倫弘, 伊野文彦, 萩原兼一. ``CUDAを用いたGPUによる全点対最短経路問題の実装比較''. 第8回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2008), p. 58, (2008-01).

  71. 伊野文彦, 小谷裕基, 萩原兼一. ``GPUグリッドによる高速な塩基配列アライメント''. 情報処理学会研究報告, 2007-HPC-111, pp. 73--78, (2007-08). 情報処理学会 平成20年度山下記念研究賞.

  72. 吉田征司, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いてコーンビームCTのボリューム再構成を高速化する手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2007-20, pp. 109--114, (2007-05).

  73. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いたモルフォロジー演算のベクトル化''. 情報処理学会研究報告, 2007-CG-126, pp. 73--78, (2007-02).

  74. 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPGPUアプリケーションを開発するための性能モデルの検討''. 第7回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2007), p. 67, (2007-01).

  75. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``最新のGPU(Graphics Processing Unit)を用いた汎用処理の高速化技術''. IT連携フォーラムOACIS 第31回技術座談会, (2007-01).

  76. 伊野文彦, 萩原兼一. ``ノートPCによる実時間2次元/3次元位置合わせ''. 第16回コンピュータ支援画像診断学会大会, (2006-10).

  77. 小谷裕基, 伊野文彦, 萩原兼一. ``グリッド環境において遊休GPUを活用するための資源選択手法''. 情報処理学会研究報告, 2006-HPC-108, pp. 37--42, (2006-10).

  78. 小谷裕基, 伊藤信悟, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを装備する計算機を計算資源とするグリッドにおける資源選択手法の検討''. 情報処理学会研究報告, 2006-EVA-16, pp. 19--24, (2006-03).

  79. 前野滝授, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いたモルフォロジー演算の高速化手法''. 電子情報通信学会2006総合大会講演論文集, D-16-8, p. 288, (2006-03).

  80. 五味田遵, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2方向投影による2次元/3次元剛体位置合わせ''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2005-115, pp. 29--32, (2006-01).

  81. 伊野文彦, 五味田遵, 川崎康博, 萩原兼一. ``グラフィクスハードウェアによる2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 特定領域「多次元医用画像の知的診断支援」第3回シンポジウム論文集, pp. 179--180, (2006-01).

  82. 萩原兼一, 伊野文彦. ``GPU装備のPCクラスタによる医用画像の高性能計算に関する研究''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成13年度~17年度研究成果報告書A01新しいソフトウェアの実現, pp. 168--175, (2006-01).

  83. 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成17年度第2回A01研究会, (2005-11).

  84. 五味田遵, 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの高速化''. 情報処理学会研究報告, 2005-HPC-104, pp. 25--30, (2005-10).

  85. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPU内部におけるプロセッサ間の命令移動による高速化ツール''. 情報処理学会第55回プログラミング研究会, (2005-08).

  86. 小谷裕基, 川崎康博, 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``グリッドにおけるGPUの遊休状態を監視するためのシステムの提案''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 205--206, (2005-05).

  87. 合田圭吾, 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``汎用グラフィクスハードウェアを用いた2次元/3次元剛体位置合わせの予備評価''. 第5回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウムポスター論文集(HPCS 2005), p. 20, (2005-01).

  88. 萩原兼一, 伊野文彦. ``GPU装備のPCクラスタによる医用画像の高性能計算に関する研究''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成16年度研究成果報告書A01新しいソフトウェアの実現, pp. 146--151, (2005-01).

  89. 池田孝利, 伊野文彦, 萩原兼一. ``GPUへの汎用処理実装に対する内部プロセッサ間命令移動による性能向上手法''. 特定領域「ITの深化の基盤を拓く情報学研究」平成16年度第2回A01研究会, (2004-11).

学位論文

  1. Yuechao Lu. ``Cache-Aware GPU Optimization for Out-of-Core Cone Beam Reconstruction of High-Resolution CT Volume''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2017-02).

  2. Nobuhiro Miki. ``A Directive-based Programming Framework for Out-of-Core Stencil Computation on Accelerators''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2017-02).

  3. 塚田敬司. ``GPUシステムにおいてサイクル共有を自動化するためのタスク粒度推定手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

  4. 玉田晃寛. ``商品識別のための複数視点画像を用いる深層学習の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2017-02).

  5. 加藤知愛. ``アクセラレータ向けコードチューニング規則の合成を可能とするトランスレータ''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2016-02).

  6. Yasuaki Mitani. ``Parallelizing Approximate String Matching by Prefix Summing on a GPU''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2016-02).

  7. 酒井亮太郎. ``GPU上の大規模な多次元データのためのデータ分割自動化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  8. 安井一貴. ``GPU上の半精度表現によるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2016-02).

  9. 池田圭. ``大規模なメッセージ通信並列プログラムに対する実行履歴の生成およびデバッグ支援''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2016-01).

  10. 安藤翔平. ``2元線形符号の効率的な結合重み分布計算およびその並列化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  11. 生澤拓也. ``GPU上で離散ウェーブレット変換を高速化するためのメモリ使用量の削減''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  12. 岡田大輝. ``塩基配列の全対比較のための枝刈りによるSmith-Watermanアルゴリズムの高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  13. 南翔太. ``GPU上でマルチタスク実行を自動化するためのプログラム変換手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2015-02).

  14. 三木脩弘. ``GPU上の大規模ステンシル計算に対する自動テンポラルブロッキングのディレクティブによる実現の検討''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2015-02).

  15. 楠堂航. ``部分一致を含む文字列に対する探索のベクトル命令を用いた高スループット化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  16. 重岡謙太朗. ``GPU上で分枝限定法を用いて大規模問題を解くためのバッファ管理手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  17. 中野瑛仁. ``アクセラレータのメモリ容量を超えるデータをパイプライン処理するためのディレクティブとそのトランスレータ''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2014-02).

  18. 中村健児. ``マルチコアCPU上でウェーブレット行列を高速に構築するための並列化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2014-02).

  19. 三谷康晃. ``GPU上の反復型グラフ処理フレームワークにおけるトポロジ変更の実現''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2014-02).

  20. 岡陽介. ``協調マルチタスキングを用いて短い遊休時間を活用するGPUグリッドシステム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2013-02).

  21. 安藤翔平. ``GPUによる結合重み分布生成の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  22. 生澤拓也. ``CUDAにおける離散ウェーブレットのin-place変換''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  23. 南翔太. ``サイクル共有システムにおける短い遊休時間のN階マルコフ過程に基づく予測''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2013-02).

  24. Tomohiro Okuyama. ``Accelerating GPU Programs by Reducing Irregular Control Flow and Memory Access''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2013-01).

  25. Muhammad Ismail Faruqi. ``Acceleration of Variance of Color Differences-Based Demosaicing Using CUDA''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2012-02).

  26. 神田裕士. ``CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).

  27. 岡田啓佑. ``遺伝子配列に対するペアワイズアライメントのGPUにおける高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2012-02).

  28. Kei Ikeda. ``Accelerating Mutual Information Computation for Nonrigid Registration using CUDA''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2012-02).

  29. 中野瑛仁. ``CUDA互換GPUにおける高速なストリーム処理のためのタスクスケジューラ''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  30. 坪内佑樹. ``重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  31. 重岡謙太朗. ``パラメータスイープを高速化するためのCUDAによる並列化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2012-02).

  32. 池田孝利. ``畳み込み演算を応用したアプリケーションのGPUによる高速化に関する研究''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2011-08).

  33. 本窪田昌也. ``GPUによる光学シミュレーションのスループット向上''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  34. 松田俊広. ``GPUにおいてステンシル計算を高速化する自動チューニング手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  35. Shinta Nakagawa. ``A Middleware for Stream Processing on Multi-GPU Environments''. Master's thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2011-02).

  36. 近藤浩史. ``GPUを用いた電波天文観測のための実時間広帯域信号解析システム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2011-02).

  37. 山中翔. ``GPUを用いた高速なブロックソート''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  38. 岡陽介. ``GPU上で高負荷な描画および科学計算を並行実行するための協調マルチタスキング''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2011-02).

  39. 宗川裕馬. ``タンパク質の相同性検索のために遊休GPUサイクルを活用する並列計算システム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  40. 片山大河. ``GPU向けメモリアクセスパターンを持つ高速なPET再構成''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  41. 奥山倫弘. ``GPU向けの自動性能チューニング技術を用いた全点対最短経路長計算の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  42. 興津佑輔. ``複数GPUによる大規模ボリューム向けコーンビーム再構成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2010-02).

  43. 神田裕士. ``CUDAプログラムの性能を解析するための実行履歴生成ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  44. 岡田啓佑. ``大規模な金融データのためのモンテカルロ・シミュレータのGPU実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  45. 老田健太郎. ``事務および科学アプリケーションを同時実行するためのGPU向け協調マルチタスキング''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2010-02).

  46. 荻田章博. ``GPUグリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための協調的マルチタスク手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2009-02).

  47. 本窪田昌也. ``CUDAによるパラメータ・スイープアプリケーションの高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  48. 松田俊広. ``GPUを用いた全変動の最小化による画像ノイズの実時間除去''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  49. 中川進太. ``CUDAプログラムの実行をデータ転送とオーバラップさせるためのミドルウェア''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2009-02).

  50. 吉田征司. ``OpenGLを用いたGPUによるコーンビーム再構成の高速化''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  51. 前野滝授. ``CUDA環境およびOpenGL環境によるGPUでのモルフォロジー演算''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  52. 宗川裕馬. ``CUDAを用いたGPUでの配列アライメントの高速化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2008-02).

  53. 奥山倫弘. ``統合開発環境CUDAによる全点対最短経路問題の高速化''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2008-02).

  54. 興津佑輔. ``コーンビーム再構成を高速化するためのCUDA実装''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2008-02).

  55. 伊藤信悟. ``GPGPUアプリケーションのための性能予測モデル''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2007-02).

  56. 小谷裕基. ``グリッド環境において遊休GPUを活用するための資源選択手法の開発と配列アライメントへの応用''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2007-02).

  57. 五味田遵. ``GPUを用いる高速な2次元/3次元剛体位置合わせ手法の実装と性能評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  58. 前野滝授. ``グラフィクスハードウェアを用いたモルフォロジー演算の高速化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  59. 松井学. ``プログラマブルGPUにおけるLU分解の実現''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2005-02).

  60. 合田圭吾. ``GPUによる高速な2次元/3次元剛体位置合わせのための設計と予備評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).

  61. 小谷裕基. ``グリッドにおけるGPUの遊休状態を監視するためのシステムの設計''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2005-02).

受賞

  1. 三谷康晃. 電子情報通信学会コンピュータシステム研究会 2015年度研究会優秀若手講演賞, (2016-08).

  2. 池田圭. IEEE関西支部 第11回学生研究奨励賞, (2015-02).

  3. 伊野文彦. 大阪大学 第3回総長奨励賞 研究部門, (2014-07).

  4. 萩原兼一. 大阪大学 第3回総長顕彰 教育部門, (2014-07).

  5. 楠堂航. 情報処理学会 2014年度コンピュータサイエンス領域奨励賞, (2014-07).

  6. 伊野文彦. 船井情報科学振興財団 第13回船井学術賞, (2014-04).

  7. 伊野文彦, 宗川裕馬, 萩原兼一. 電気通信普及財団 第28回テレコムシステム技術賞, (2013-03).

  8. Fumihiko Ino. IEEE Computer Society Japan Chapter Young Author Award 2012, (2012-12).

  9. 奥山倫弘. IEEE関西支部 第7回学生研究奨励賞, (2011-02).

  10. 奥山倫弘. 大阪大学情報科学研究科賞, (2010-03).

  11. Tomohiro Okuyama, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. Best Papers of the 6th International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications (ISPA 2008), (2009-12).

  12. 伊野文彦. 情報処理学会 平成20年度山下記念研究賞, (2009-03).

  13. 奥山倫弘. 情報処理学会関西支部 平成20年度支部大会学生奨励賞, (2008-10).

  14. 松井学. 大阪大学情報科学研究科賞, (2005-03).

招待講演

  1. 伊野文彦. ``並列計算の現状と産業応用について''. 産業・社会向けソリューションを支えるIoTと機械学習シンポジウム, (2017-02).

  2. 伊野文彦. ``アクセラレータシステムの研究動向''. 電子情報通信学会2015年総合大会講演論文集, (2015-03).

  3. Fumihiko Ino. ``The Past, Present, and Future of GPU-Accelerated Grid Computing''. In Proceedings of the 1st International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2013), pp. 17--21, (2013-12).
    [DOI]

  4. 伊野文彦. ``CUDAプログラミング入門''. 第2回ユニットコム×NVIDIA CUDAトレーニング, (2012-09).

  5. 伊野文彦. ``遊休GPUを用いて科学計算を高速化するGPUグリッドについて''. 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会, (2011-09).

  6. 伊野文彦. ``CUDAによる動的計画法の高速化''. 神戸大学GPUセミナー, (2011-03).

  7. Fumihiko Ino, Toshihiro Matsuda, and Kenichi Hagihara. ``Accelerating Iterative Stencil Computations on the GPU''. In 6th International Workshop on Parallel Matrix Algorithms and Applications, (2010-07).

  8. 萩原兼一. ``GPUによる医用画像処理の高速化について''. 応用物理学会情報フォトニクス研究グループ第2回GPUフォトニクス研究会, (2010-03).

  9. 萩原兼一. ``GPUコンピューティングにおける高速化 -医用画像処理を例として-''. 精密工学会画像応用技術専門委員会研究会報告, Vol. 24, No. 4, pp. 1--10, (2009-11).

  10. 萩原兼一. ``GPGPUによる医用画像処理について''. 第9回並列生物情報処理イニシアティブシンポジウム(IPAB 2008), (2008-10).

  11. 萩原兼一. ``GPUを用いた非描画処理GPGPUのHPCとしての可能性について''. 第46回超並列計算研究会, (2007-10).

  12. Fumihiko Ino, Seiji Yoshida, and Kenichi Hagihara. ``GPU-accelerated volume reconstruction''. In Joint JSPS-SNSF Seminar on Computer Aided Surgery: Present State and Future Technical and Clinical Challenges, (2007-09).

  13. 伊野文彦. ``汎用アクセラレータとしてGPUを駆使する試みGPGPUについて''. サイエンティフィック・システム研究会HPCフォーラム2007, (2007-08).

  14. 伊野文彦. ``最新のGPU(Graphics Processing Unit)を用いた汎用処理の高速化''. 名古屋大学FCSコロキウム, (2007-03).

著書・解説

  1. 置田真生. ``GPU Spectrometer:電波天文学のための実時間広帯域信号解析システム''. 生産と技術, Vol. 63, No. 1, pp. 67--71, (2011-01).

  2. 伊野文彦. ``家庭用ゲーム機を科学技術計算に駆使する''. 生産と技術, Vol.59, No.4, pp. 35--37, (2007-10).

  3. 萩原兼一. ``GPGPUへの期待''. In R&D News Kansai, No.439, p. 1, (2007-07).