大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 並列処理工学講座 萩原研究室 [English]
ホーム -> 研究内容 -> 並列プログラムの性能解析に関する研究 -> 発表論文
構成員 研究内容 発表論文 研究生活 所在地 ローカル

学術論文

  1. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``スケール不変な格子を生成する適応格子細分化法アプリケーションのための計算量予測手法''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J90-D, No. 10, pp. 2691--2703, (2007-10).

  2. Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``Trace Reduction for Performance Improvement Assessment of Message Passing Parallel Programs''. Systems and Computers in Japan, Vol. 37, No. 5, pp. 1--13, (2006-05).
    [DOI]

  3. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムにおける性能解析のための大規模な実行履歴の作成''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 47, No. SIG 7(ACS 14), pp. 1--11, (2006-05).

  4. 伊野文彦, 神戸友樹, 置田真生, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムの性能改善可能性を評価するための実行履歴の削減''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J88-D-I, No. 4, pp. 780--790, (2005-04).

  5. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Fast Performance Prediction of Master-Slave Programs by Partial Task Execution''. WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol. 2, No. 2, pp. 202--208, (2005-02).

  6. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Evaluation of Performance Prediction Method for Master/Slave Parallel Programs''. IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E87-D, No. 4, pp. 967--975, (2004-04).

  7. 神戸友樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測ツール''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 44, No. SIG 11(ACS 3), pp. 101--110, (2003-08).

  8. 置田真生, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール''. 情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 43, No. SIG 6(HPS 5), pp. 88--98, (2002-09). 電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞.

  9. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``LogGPS:メッセージ通信プロトコルの切り替えを考慮した高水準通信ライブラリ向けの並列計算モデル''. 情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム, Vol. 42, No. SIG 9(HPS 3), pp. 145--157, (2001-08).

  10. 伊野文彦, 杉野陽一, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列プログラムの性能改善支援機能を持つ性能解析システム:Gordini''. 情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 5, pp. 1577--1586, (2000-05).

国際会議録

  1. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Fast Performance Prediction of Master-Slave Programs by Partial Task Execution''. In Proceedings of the 4th WSEAS International Conference on Software Engineering, Parallel and Distributed Systems (SEPADS 2005), Salzburg, Austria, (2005-02). 7 pages (CD-ROM).

  2. Fumihiko Ino and Kenichi Hagihara. ``A Performance Analysis Tool for Performance Debugging of Message Passing Parallel Programs''. In Proceedings of the 33rd International Conference on Parallel Processing Workshops (ICPP Workshops 2004), pp. 546--554, Montreal, Quebec, Canada, (2004-08).
    [DOI]

  3. Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``PerWiz: A What-If Prediction Tool for Tuning Message Passing Programs''. In Proceedings of the 6th International Conference on High Performance Computing for Computational Science (VECPAR 2004), Lecture Notes in Computer Science 3402, Springer-Verlag, pp. 396--409, Valencia, Spain, (2004-06).
    [DOI]

  4. Masao Okita, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``Debugging Tool for Localizing Faulty Processes in Message Passing Programs''. In Proceedings of the 5th International Workshop on Automated and Algorithmic Debugging (AADEBUG 2003), pp. 127--142, Ghent, Belgium, (2003-09).
    [DOI]

  5. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, Yuki Kanbe, Masao Okita, and Kenichi Hagihara. ``Developing Performance Prediction Tools for Cluster Computing: Research Activities at Hokuriku IT Open Laboratory''. In Proceedings of the 1st International Symposium on Towards Peta-Bit Ultra-Networks (PBit 2003), pp. 169--175, Ishikawa, Japan, (2003-09).

  6. Yasuharu Mizutani, Fumihiko Ino, and Kenichi Hagihara. ``An Emulation System for Predicting Master/Slave Program Performance''. In Proceedings of the 9th European Conference on Parallel Computing (Euro-Par 2003), Lecture Notes in Computer Science 2790, Springer-Verlag, pp. 135--140, Klagenfurt, Austria, (2003-08).
    [DOI]

  7. Fumihiko Ino, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``LogGPS: A Parallel Computational Model for Synchronization Analysis''. In Proceedings of the 8th ACM SIGPLAN Symposium on Principles and Practice of Parallel Programming (PPoPP 2001), pp. 133--142, Snowbird, UT, USA, (2001-06).
    [DOI]

国内会議録(査読付)

  1. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムにおける性能解析のための大規模な実行履歴の作成''. 第6回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2006), pp. 129--136, (2006-01).

  2. 神戸友樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測ツール''. 第1回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2003), pp. 357--364, (2003-05).

  3. 置田真生, 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール''. 第14回並列処理シンポジウム論文集(JSPP 2002), pp. 225--232, (2002-05).

  4. 伊野文彦, 藤本典幸, 萩原兼一. ``LogGPS:同期コストを解析するための並列計算モデル''. 第13回並列処理シンポジウム論文集(JSPP 2001), pp. 47--54, (2001-06).

口頭発表

  1. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``適合格子細分化法を用いる画像処理のための実行時間予測手法''. 電子情報通信学会技術研究報告, MI2006-145, pp. 235--238, (2007-01).

  2. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``適合格子細分化法のアプリケーションのためのフラクタルに基づく計算量予測手法''. 第6回ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集(HPCS 2006), p. 43, (2006-01).

  3. 川崎康博, 伊野文彦, 萩原兼一. ``フラクタル解析による適合格子細分化法の計算量予測''. 電子情報通信学会技術研究報告, COMP2005-20, pp. 9--15, (2005-06).

  4. 置田真生, 神戸友樹, 伊野文彦, 水谷泰治, 萩原兼一. ``PCクラスタにおける大規模並列プログラムおよびその開発支援に関する研究''. 北陸IT研究開発センター平成16年度研究成果発表会, (2004-10).

  5. 水谷泰治, 伊野文彦, 萩原兼一. ``部分的なタスク実行によるマスタスレーブ型並列プログラムの高速な性能予測''. 情報処理学会研究報告, 2004-HPC-98, pp. 13--18, (2004-04).

  6. 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MPIプログラムにおける大規模な実行履歴生成の検討''. 情報処理学会研究報告, 2004-HPC-98, pp. 19--24, (2004-04).

  7. 神戸友樹, 置田真生, 伊野文彦, 萩原兼一. ``MPIプログラムの改善可能性を評価するための効率的な実行履歴の生成''. 情報処理学会研究報告, 2004-EVA-8, pp. 1--6, (2004-03).

  8. 伊野文彦, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``性能ボトルネックを検索できる性能解析システムGordiniについて''. 第17回超並列計算研究会, (2000-01).

  9. 伊野文彦, 杉野陽一, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``性能ボトルネックを検索できる性能解析システムの開発''. 第10回NEC・HPC研究会 -論文/発表資料集-, pp. 23--29, (1999-12).

  10. 杉野陽一, 伊野文彦, 山崎良太, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列プログラムの改善支援機能を持つ性能解析システムの開発''. 情報処理学会研究報告, 99-AL-66, pp. 81--88, (1999-01).

学位論文

  1. 置田真生. ``大規模なメッセージ通信並列プログラムに対する実行履歴の生成およびデバッグ支援''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2006-01).

  2. 水谷泰治. ``マスタ・ワーカ型並列プログラムを高速に実行するためのコンパイラ支援に関する研究''. 大阪大学大学院情報科学研究科博士論文, (2005-01).

  3. 神戸友樹. ``メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2004-02).

  4. Fumihiko Ino. ``Analyzing the Behavior of Message Passing Parallel Programs for Performance Improvement''. Ph.D thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, (2004-01).

  5. Masao Okita. ``Design and Implementation of Faulty Process Localization Method for Debugging Message Passing Programs''. Master's thesis, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, (2003-02).

  6. 神戸友樹. ``MPI並列プログラムにおける同期待ちの要因解析ツール''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  7. 山崎良太. ``通信と計算のオーバラップ手法に着目したMPIプログラムの自動コード変換''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  8. 置田真生. ``実行時の通信異常検出機能を持つ並列プログラムデバッグ支援ツールの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  9. 伊野文彦. ``MPI並列プログラムを対象とした性能改善支援システムの開発と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  10. 多田貴志. ``PCクラスタの稼働率を向上させるジョブ制御機構とウェブブラウザを用いた利用環境の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  11. 杉野陽一. ``並列プログラム用性能解析システムにおける性能改善支援機能の開発''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1999-02).

  12. 山崎良太. ``並列プログラムの性能改善支援機能を持つ性能解析システムにおける視覚化部の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1999-02).

  13. 伊野文彦. ``性能ボトルネック検索機能を持つ並列プログラム性能解析システムにおけるインターフェース部の作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

受賞

  1. 伊野文彦. 大阪大学大学院情報科学研究科 第2回嵩賞, (2008-11).

  2. 置田真生. 電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞, (2003-03).