大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 並列処理工学講座 萩原研究室 [English]
ホーム -> 研究内容 -> タスクスケジューリングに関する研究 -> 発表論文
構成員 研究内容 発表論文 研究生活 所在地 ローカル

学術論文

  1. Eric Martin Heien, David P. Anderson, and Kenichi Hagihara. ``Computing Low Latency Batches with Unreliable Workers in Volunteer Computing Environments''. Journal of Grid Computing, Vol. 7, No. 4, pp. 501--518, (2009-12).
    [DOI]

  2. 松浦芳樹, 大倉和博, 松村嘉之, 藤本典幸, 萩原兼一. ``R3Qによる進化型計算の中粒度Gridスケジューリング''. 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol. 47, No. SIG 12(ACS 15), pp. 240--249, (2006-09).

  3. 藤本典幸, 萩原兼一. ``グリッド上でのパラメータ・スウィープ計算を対象として消費余剰計算力の最小化をねらった動的タスクスケジューリングのための近似アルゴリズム''. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 46, No. SIG 10(TOM 12), pp. 1--9, (2005-06).

  4. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Experimental Evaluation of an Approximation Algorithm for Scheduling Independent Tasks onto a Computational Grid''. WSEAS Transactions on Computers, Vol. 3, No. 2, pp. 335--340, (2004-04).

  5. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``On Approximation of the Bulk Synchronous Task Scheduling Problem''. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, Vol. 14, No. 11, pp. 1191--1199, (2003-11).
    [DOI]

  6. Noriyuki Fujimoto. ``An LP-rounding-based Algorithm for the Shortest Common Superstring Problem''. WSEAS Transactions on Mathematics, Vol. 2, No. 2, pp. 156--161, (2003-04).

  7. 山本裕己, 譚林, 藤本典幸, 萩原兼一. ``一対一プロセッサ間通信の一括化を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 43, No. SIG 7(TOM 6), pp. 29--43, (2002-09).

  8. 藤本典幸, 萩原兼一. ``通信遅延を考慮した完全k分木の近似タスクスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 43, No. SIG 7(TOM 6), pp. 44--51, (2002-09).

  9. Noriyuki Fujimoto, Tomoki Baba, Takashi Hashimoto, and Kenichi Hagihara. ``On Message Packaging in Task Scheduling for Distributed Memory Parallel Machines''. International Journal of Foundations of Computer Science, Vol. 12, No. 3, pp. 285--306, (2001-06).
    [DOI]

  10. 拓植宗俊, 藤本典幸, 萩原兼一. ``平衡2分探索木に対する並列オンライン操作''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J80-D-I, No. 7, pp. 582--590, (1997-07).

  11. 藤本典幸, 拓植宗俊, 萩原兼一, 首藤勝. ``プロセッサ間通信遅延を考慮した完全2分木状タスク依存グラフのスケジューリングアルゴリズム,''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J80-D-I, No. 4, pp. 369--379, (1997-04).

国際会議録

  1. Eric M. Heien, Adam Kornafeld, Yusuke Takata, and Kenichi Hagihara. ``PyMW - a Python Module for Parallel Master Worker Computing''. In Proceedings of the 23rd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2009), Rome, Italy, (2009-05). 7 pages (CD-ROM), Presented at the 3rd Workshop on Desktop Grids and Volunteer Computing Systems (PCGrid 2009).
    [DOI]

  2. Eric M. Heien, Adam Kornafeld, Yusuke Takata, and Kenichi Hagihara. ``PyMW - a Python Module for Parallel Master Worker Computing''. In Proceedings of the 1st International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering (PARENG 2009), Paper 15, Pécs, Hungary, (2009-04).
    [DOI]

  3. Eric Martin Heien, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Computing Low Latency Batches with Unreliable Workers in Volunteer Computing Environments''. In Proceedings of the 22nd IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing (IPDPS 2008), Miami, FL, USA, (2008-04). 8 pages (CD-ROM), Presented at the 2nd Workshop on Desktop Grids and Volunteer Computing Systems (PCGrid 2008).
    [DOI]

  4. Eric Martin Heien, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Static Load Distribution for Communication Intensive Parallel Computing in Multiclusters''. In Proceedings of the 16th Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Processing (PDP 2008), pp. 321--328, Toulouse, France, (2008-02).
    [DOI]

  5. Yoshiyuki Matsumura, Kazuhiro Ohkura, Yoshiki Matsuura, Masashi Oiso, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Grid Task Scheduling Algorithm R3Q for Evolution Strategies''. In Proceedings of the 2007 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2007), pp. 1756--1763, Singapore, Singapore, (2007-09).
    [DOI]

  6. Yoshiyuki Matsumura, Masashi Oiso, Masaki Matsuda, Noriyuki Fujimoto, Kenichi Hagihara, Kazuhiro Ohkura, Jeremy Wyatt, and Xin Yao. ``Application of Grid Task Scheduling Algorithm RR to Medium-Grained Evolution Strategies''. In Proceedings of the 3rd International Conference on Natural Computation (ICNC 2007), Vol. IV, pp. 223--227, Haikou, China, (2007-08).

  7. Eric Martin Heien, Tomoyuki Hiroyasu, and Noriyuki Fujimoto. ``Investigation of Mutation Operators for the Bayesian Optimization Algorithm''. In Proceedings of the 2007 Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2007), p. 625, London, UK, (2007-07).
    [DOI]

  8. Hisaya Mine, Noriyuki Fujimoto, Ryuichi Higashi, Masahiro Susukita, and Kenichi Hagihara. ``Priority Control to Avoid Job Overtaking in Multiple Job Scheduling for a Desktop Grid''. In Proceedings of the 2007 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2007), Vol. II, pp. 808--813, Las Vegas, NV, USA, (2007-06).

  9. Yoshiyuki Matsumura, Noriyuki Fujimoto, Xin Yao, Yoshikazu Murayama, and Kenichi Hagihara. ``Evolution Strategies on Desktop Grid Environment using Scheduling Algorithm RR for Same Length Tasks''. In Proceedings of the 2005 International Symposium on Frontiers of Computational Science (FCS 2005), Springer-Verlag, pp. 333--337, Nagoya, Japan, (2007-05).
    [DOI]

  10. Takashi Noda, Hisaya Mine, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``A Parallel Computing Framework for Nonexperts of Computers: Easy Installation, Programming and Execution of Master-Worker Applications using Spare Computing Power of PCs''. In Proceedings of the 2005 International Symposium on Frontiers of Computational Science (FCS 2005), Springer-Verlag, pp. 305--308, Nagoya, Japan, (2007-05).
    [DOI]

  11. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``A 2-Approximation Algorithm for Scheduling Independent Tasks onto a Uniform Parallel Machine and its Extension to a Computational Grid''. In Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Cluster Computing (CLUSTER 2006), Barcelona, Spain, (2006-09). 7 pages (CD-ROM).
    [DOI]

  12. Noriyuki Fujimoto, Kuniaki Tanaka, and Kenichi Hagihara. ``Prediction-Aware Experimental Evaluation of Dynamic Task Scheduling Algorithms for Parametric Study on a Desktop Grid''. In Proceedings of the 2005 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA 2005), pp. 475--480, Las Vegas, NV, USA, (2005-06).

  13. Yoshiyuki Matsumura, Noriyuki Fujimoto, Xin Yao, Jeremy Wyatt, and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Dynamic Grid Task Scheduling of Evolution Strategies''. In Proceedings of the 4th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM 2004), pp. 175--180, Asahikawa, Japan, (2004-10).

  14. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``A Comparison among Grid Scheduling Algorithms for Independent Coarse-Grained Tasks''. In Proceedings of SAINT 2004 Workshop on High Performance Grid Computing and Networking, pp. 674--680, Tokyo, Japan, (2004-01).
    [DOI]

  15. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Dynamic Task Scheduling of Independent Coarse-Grained Tasks onto a Computational Grid''. In Proceedings of the 32nd International Conference on Parallel Processing (ICPP 2003), pp. 391--398, Kaohsiung, Taiwan, ROC, (2003-10).
    [DOI]

  16. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Dynamic Task Scheduling of Precedence Constrained Coarse-Grained Tasks onto a Computational Grid''. In Proceedings of the 2nd International Symposium on Parallel and Distributed Computing (ISPDC 2003), pp. 80--87, Ljubljana, Slovenia, (2003-10).
    [DOI]

  17. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Non-Approximability of the Bulk Synchronous Task Scheduling Problem''. In Proceedings of the 8th European Conference on Parallel Computing (Euro-Par 2002), Lecture Notes in Computer Science 2400, Springer-Verlag, pp. 225--233, Paderborn, Germany, (2002-08).
    [DOI]

  18. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Task Scheduling of a Complete K-ary Tree with Communication Delays''. In Proceedings of the 6th WSEAS International Conference on COMPUTERS (CSCC 2002), pp. 7491--7496, Crete, Greece, (2002-07).

  19. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Complete K-ary Tree with Communication Delays''. In Proceedings of the 4th International Conference on Parallel Processing and Applied Mathematics (PPAM 2001), Lecture Notes in Computer Science 2328, Springer-Verlag, pp. 71--78, Naleczow, Poland, (2001-09).
    [DOI]

  20. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Synchronous Task Scheduling Problem and Its Approximation Algorithm''. In Proceedings of the 5th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms, and Networks (ISPAN 2000), pp. 127--132, Dallas, TX, USA, (2000-12).
    [DOI]

  21. Noriyuki Fujimoto, Takashi Hashimoto, Masahiro Mori, and Kenichi Hagihara. ``On the Performance Gap between a Task Schedule and Its Corresponding Parallel Program''. In Proceedings of the 1999 International Workshop on Parallel and Distributed Computing for Symbolic and Irregular Applications (PDSIA 1999), pp. 271--287, Sendai, Japan, (1999-07).

  22. Noriyuki Fujimoto, Tomoki Baba, Takashi Hashimoto, and Kenichi Hagihara. ``A Task Scheduling Algorithm to Package Messages on Distributed Memory Parallel Machines''. In Proceedings of the 4th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Networks (ISPAN 1999), pp. 236--241, Fremantle, Australia, (1999-06).
    [DOI]

口頭発表

  1. 薄田昌広, 朝野郁郎, 藤本典幸, 萩原兼一. ``企業内イントラグリッドにおけるジョブ管理機構の提案および検証''. 第5回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2007), pp. 192--193, (2007-05).

  2. 合田圭吾, 井本舞, 藤本典幸, 馬場健一, 村田正幸. ``λコンピューティング環境におけるOpenMPライブラリの設計と実装''. 電子情報通信学会技術研究報告, PN2006-40, pp. 5--8, (2006-12).

  3. 薄田昌広, 峰久也, 藤本典幸, 萩原兼一. ``企業内イントラグリッドでのジョブ割当てアルゴリズムの比較評価''. 第5回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT 2006), pp. 3--4, (2006-09).

  4. 峰久也, 藤本典幸, 東竜一, 薄田昌広, 萩原兼一. ``余剰計算力を用いるグリッドのジョブスケジューリングにおける優先度制御の一手法''. 情報処理学会研究報告, 2006-MPS-61, pp. 29--32, (2006-09).

  5. 薄田昌広, 朝野郁郎, 藤本典幸, 萩原兼一. ``企業内イントラグリッドでのグリッドアプリケーション実用評価''. 第4回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2006), pp. 227--228, (2006-05).

  6. 村山佳和, 松村嘉之, 藤本典幸, 野田貴司, 峰久也, 萩原兼一. ``タスクスケジューリングRRを用いたグローバルなデスクトップグリッド環境における進化戦略に関する考察''. 第48回自動制御連合講演会, G2-44, (2005-11). 2 pages (CD-ROM).

  7. 松村嘉之, 藤本典幸, 村山佳和, 野田貴司, 峰久也, 萩原兼一. ``グリッドタスクスケジューリングアルゴリズムRRを実装したデスクトップグリッド環境による進化型計算''. 第12回MPSシンポジウム, pp. 263--270, (2005-10).

  8. 薄田昌広, 野田貴司, 藤本典幸, 萩原兼一. ``プログラム構造を考慮したグリッドシミュレータの設計と評価''. 第3回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集(SACSIS 2005), pp. 237--238, (2005-05).

  9. 田中邦明, 藤本典幸, 萩原兼一. ``グリッド環境における独立粗粒度タスク集合の動的スケジューリングアルゴリズムの性能評価''. 情報処理学会研究報告, 2004-MPS-51, pp. 29--32, (2004-09).

  10. 松村嘉之, 藤本典幸, Yao Xin, 萩原兼一. ``進化戦略のためのグリッド計算に関する一考察''. ロボティクス・メカトロニクス講演会, 2P2-L1-26, (2004-06). 4 pages (CD-ROM).

  11. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Performance Guaranteed Dynamic Task Scheduling of a Parameter-Sweep Application onto a Computational Grid''. 電子情報通信学会研究報告, COMP2004-1, pp. 1--8, (2004-04).

  12. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``An Approximation Algorithm for Dynamic Task Scheduling of Independent Coarse-Grained Tasks onto a Computational Grid''. 第10回MPSシンポジウム, pp. 82--89, (2003-10).

  13. 譚林, 藤本典幸, 萩原兼一. ``グリッド環境における計算ノードの故障を考慮した独立タスクのスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会研究報告, 2003-MPS-43, pp. 55--58, (2003-03).

  14. 山本裕己, 譚林, 藤本典幸, 萩原兼一. ``一対一プロセッサ間通信の一括化を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズム''. 情報処理学会研究報告, 2002-MPS-38, pp. 21--24, (2002-03).

  15. 西村晃一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``タスクグラフ分割を用いた並列処理によるスケジューリングアルゴリズムBCSHの大規模細粒度グラフへの適用''. 電子情報通信学会研究報告, COMP2000-78, pp. 41--48, (2001-03).

  16. 森雅博, 橋本貴至, 西村晃一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``タスク複製とプロセッサアイドル率に着目したBSPスケジュール生成手法の提案''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 41--48, (2000-01).

  17. 橋本貴至, 森雅博, 西村晃一, 藤本典幸, 萩原兼一. ``タスクスケジューリングを用いた並列プログラム生成におけるタスク粒度の調整とその評価''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 9--16, (2000-01).

  18. 馬場大樹, 橋本貴至, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分散メモリ型並列計算機の通信特性を考慮したスケジューリングアルゴリズムの開発とその評価''. 電子情報通信学会技術研究報告, COMP98-72, pp. 1--8, (1999-01).

  19. 藤本典幸, 日隈康, 橋本貴至, 馬場大樹, 萩原兼一. ``分散メモリ型マシンの通信特性を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズムのコンパイラへの応用について''. In The 9th Parallel Computing Workshop (PCW'98 Japan), P-A, pp. 1--8, (1998-11).

  20. 日隈康, 橋本貴至, 藤本典幸, 萩原兼一. ``通信の一括化に適したタスクスケジューリングアルゴリズム''. 電子情報通信学会技術研究報告, COMP97-78, pp. 1--8, (1998-01).

学位論文

  1. 峰久也. ``デスクトップ・グリッド・コンピューティングにおける優先度制御を用いたジョブスケジューリングの一手法''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2008-02).

  2. 野田貴司. ``計算機の余剰計算能力を利用するマスタワーカ並列プログラムを容易に開発するためのフレームワークの実装''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2006-02).

  3. 永瀬智哉. ``格子基底縮小アルゴリズムLLLの並列性能のPCクラスタ上での評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2006-02).

  4. 峰久也. ``分散処理プラットフォームBOINCに対するスケジューリングアルゴリズムRRの実装によるグリッド余剰計算力の消費量の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2006-02).

  5. 田中邦明. ``デスクトップグリッド環境におけるプロセッサ速度の予測情報の誤差を考慮した独立粗粒度タスク集合の動的スケジューリングアルゴリズムの比較''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2005-02).

  6. 高尾昭則. ``計算グリッド上でのパラメータ・スウィープ計算の動的スケジューリングのための近似アルゴリズム''. 大阪大学大学院情報科学研究科修士論文, (2004-02).

  7. 塚本淳. ``グリッドスケジューリングのための近似アルゴリズムRRの実験的評価:通信遅延の性能への影響''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2004-02).

  8. 譚林. ``計算ノードの速度変化と故障があるグリッド環境における粗粒度独立タスク集合のスケジューリング''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2003-02).

  9. 多田貴志. ``遅延制約を考慮した直並列グラフに対するタスクスケジューリング''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2002-02).

  10. 山本裕己. ``一対一プロセッサ間通信の一括化を考慮したタスクスケジューリングアルゴリズムの提案と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2002-02).

  11. 高尾昭則. ``通信ライブラリMPIにおける集合通信の通信実行時間予測方法の提案''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  12. 西村晃一. ``タスクスケジューリングアルゴリズムBCSHを並列処理により大規模細粒度グラフに適用するためのグラフ分割手法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  13. 永渕武. ``ユーザ定義表示機能を持つタスクスケジューリングアルゴリズム開発支援システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  14. 森雅博. ``並列計算モデル BSP に基づくスケジュールの特性量と実行性能の関係''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  15. 中西知嘉子. ``並列処理マシンにおける投機的実行支援に関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2000-02).

  16. 藤本典幸. ``分散メモリ型並列計算機におけるタスクスケジューリングに関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2000-02).

  17. 井上勝行. ``教育的効果の向上を目指したソフトウェア可視化に関する研究''. 大阪大学大学院基礎工学研究科博士論文, (2000-02).

  18. 橋本貴至. ``タスクスケジューリングを用いた並列プログラム生成におけるタスク粒度の調整とコード生成手法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  19. 山本裕己. ``性能保証のあるタスクスケジューリングアルゴリズムPTSの生成解における使用プロセッサ数削減手法の提案''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  20. 馬場大樹. ``メッセージ通信型並列プログラムのためのタスクスケジューリングアルゴリズムの開発''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1999-02).

  21. 日隈康. ``分散メモリ型並列計算機のためのタスクスケジューリングアルゴリズム - 通信の一括化に適したスケジュ-ルの作成''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1998-02).

  22. 荻寛志. ``3次元表示を用いたタスクスケジュール性能解析システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  23. 橋本貴至. ``MPMDプログラム生成系の作成と実行効率の改善''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  24. 軍場大輔. ``分散環境下での実行ログを用いた分散処理可視化システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

  25. 馬場大樹. ``通信遅延を考慮したスケジューリングアルゴリズム開発支援システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

受賞

  1. 藤本典幸. 船井情報科学振興財団 第3回船井情報科学奨励賞, (2004-03).

著書・解説

  1. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Toward Performance Guarantee of Dynamic Task Scheduling of a Parameter Sweep Application onto a Computational Grid''. In High-Performance Computing: Paradigm and Infrastructure, pp. 333--348. Wiley-Interscience, (2005-11).

  2. Noriyuki Fujimoto and Kenichi Hagihara. ``Near-Optimal Task Scheduling of a Complete K-ary Tree with Communication Delays''. In Recent Advances in Computers, Computing and Communications, pp. 1--6. WSEAS Press, (2002).

  3. Noriyuki Fujimoto, Takashi Hashimoto, Masahiro Mori, and Kenichi Hagihara. ``On the Performance Gap between a Task Schedule and Its Corresponding Parallel Program''. In Parallel and Distributed Computing for Symbolic and Irregular Applications, pp. 271--287. World Scientific, (2000).