大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 並列処理工学講座 萩原研究室 [English]
ホーム -> 研究内容 -> 並列化コンパイラに関する研究 -> 発表論文
構成員 研究内容 発表論文 研究生活 所在地 ローカル

学術論文

  1. Yasuharu Mizutani, Daisuke Nakajima, Noriyuki Fujimoto, and Kenichi Hagihara. ``Evaluation of a Compiler with User-Selectable Execution Strategies for Parallel Recursion''. Systems and Computers in Japan, Vol. 35, No. 9, pp. 92--103, (2004-09).
    [DOI]

  2. 大山寛郎, 水谷泰治, 藤本典幸, 萩原兼一. ``プロセッサグループの動的分割による並列再帰プログラムの実現手法''. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 43, No. SIG 1(PRO 13), pp. 107--117, (2002-01).

  3. 水谷泰治, 中島大輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列再帰の実行方式をプログラマが選択可能なコンパイラの評価''. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J84-D-I, No. 6, pp. 594--604, (2001-06).

口頭発表

  1. 水谷泰治, 藤本典幸, 萩原兼一. ``スケーラビリティを考慮した並列再帰の実行方式の提案''. 情報処理学会研究報告, 2001-AL-77, pp. 49--56, (2001-03).

  2. 中島大輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分割統治法アルゴリズムの効率的な並列化手法とそのコンパイラの実装''. 情報処理学会研究報告, 2000-AL-71, pp. 25--32, (2000-01).

  3. 小河原徹, 中島大輔, 藤本典幸, 萩原兼一. ``分割統治法プログラムを並列実行するコンパイル手法の提案と評価''. 情報処理学会研究報告, 99-AL-66, pp. 73--80, (1999-01).

  4. 岸部祥典, 小河原徹, 藤本典幸, 萩原兼一. ``SPMDプログラムを生成するWork-Time C処理系の実現''. 情報処理学会研究報告, 98-AL-60, pp. 57--64, (1998-01).

  5. 乾和弘, 藤本典幸, 塩見淳子, 柘植宗俊, 萩原兼一. ``アニメーションを用いた並列アルゴリズム学習支援環境の構築''. 電気情報通信学会技術研究報告, ET96-133, pp. 151--158, (1997-03).

  6. 喜多淳一郎, 日隈康, 柘植宗俊, 藤本典幸, 萩原兼一. ``並列言語Work-Time CプログラムのためのEWS用デバッグ支援環境''. 日本ソフトウェア科学会第13回大会論文集, pp. 305--308, (1996-09).

  7. 藤本典幸, 乾和弘, 前田昌也, 柘植宗俊, 萩原兼一. ``ワーク・タイムモデルに基づく並列プログラミング言語Work-Time Cの提案とEWS用コンパイラの実装''. 日本ソフトウェア科学会第13回大会論文集, pp. 205--208, (1996-09).

学位論文

  1. 川崎康博. ``分散メモリ環境上のマスター・スレーブ型並列分枝限定法のためのタスク粒度調整手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2002-02).

  2. 大山寛郎. ``分散メモリ型並列計算機において大規模なデータを扱う並列再帰のコンパイル手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2001-02).

  3. 水谷泰治. ``並列再帰におけるプロセッサグループ分割法の提案とWork-Time C言語処理系への実装''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2001-02).

  4. 田中直樹. ``データ並列言語Work-Time C処理系における通信の一括化の実装と評価''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (2000-02).

  5. 中島大輔. ``並列再帰の実行方式を指定可能なWork-Time C言語処理系の作成, 修士論文''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (2000-02).

  6. 増山智久. ``通信ライブラリMPIを用いた並列プログラムのサイクリックデータ分散時における通信最適化手法''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1999-02).

  7. 小河原徹. ``Work-Time C処理系における並列再帰の動的負荷分散を用いた実装法''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1999-02).

  8. 品田豊明. ``独立プログラム群をCOW上で並列実行する動的負荷分散システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1998-02).

  9. 岸部祥典. ``SPMDプログラムを生成するデータ並列言語Work-Time C処理系の作成と評価''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1998-02).

  10. 塩見淳子. ``並列計算機を用いたアルゴリズム評価支援システムの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

  11. 木南浩司. ``高水準データ並列言語Work-Time Cのコンパイラのためのタスクのプロセッサへの割当を考慮した同期削減ツールの作成''. 大阪大学基礎工学部卒業論文, (1997-02).

  12. 乾和弘. ``アニメーションを用いた統合的なアルゴリズム学習支援環境''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1997-02).

  13. 喜多淳一郎. ``標準メッセージ通信ライブラリMPIを用いた並列プログラミング言語Work-Time Cの実装''. 大阪大学大学院基礎工学研究科修士論文, (1997-02).